ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

ドープ"DBL"ボーダー -脳筋に見せかけてテクニカルに見せかけたパワーカード

ビートジョッキー組み終わりましたっ!!!ポフルです。 今度大会でテストしてから記事にしていきたいと思います。

そんなビートジョッキ―のカードの中でも、変わった能力を持つクリーチャーがいますね。

それがこの子。「ドープ"DBL"ボーダー」

4コストでパワー4000のスピードアタッカー。音速ザ・レッドを思い出すスペックですね。 あちらが準バニラであることに対してこちらはメリット効果を2つ持っています。その代わりにコマンドではないため、侵略元や、封印を剥がすことには向いておりません。

……そんな事よりも気になるのはメリット効果の内の1つ。 「このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、そのターン、このクリーチャーのパワーを2倍にする。その後、相手のシールドを1つブレイクしてもよい。」

つまりは、無限掌にパワーが倍になる能力と、シールドをブレイクする能力が付いたもの。 この能力は、スピードアタッカーとはうまく嚙み合っていて、相手が速攻を仕掛けてきた返しのターンにこの子を召喚……のように、不意打ち気味に相手のクリーチャーすべてを殴り返すことが可能となります。 相手のクリーチャーのパワーが高い時は、隣にいるウィニーを殴ってから、高い方に殴りに行く等工夫次第で様々な状況に対応できるカードと言えるでしょう。 相手がこのクリーチャーを警戒して殴ることをやめたならば、それはそれで速攻戦術のテンポをカード消費なしで崩すことに成功したと言える。安心してナグナグ・チュリスで場を崩しにかかるなり、逆に速攻で返すなり。

シールドをブレイクする能力もかなり便利なもの。この能力は任意であり、S・トリガーなどで妨害されることを警戒してブレイクしないという選択も可能である。このクリーチャー含む打点を見て、止めをさすことが出来そうならばついでのように盤面を処理することが可能だったり、S・トリガー満載のデッキだと感じた時は盤面の処理だけに留めたりと、ユーティリティ。

このクリーチャーをさらに活躍させたいならば、火文明得意のアンタップキラーを付与してやりたい。 アンタップキラーを付与するカードの中で、いいカードだと思うのは以下の3種類。

・ガンザン戦車 スパイク7K

・フル・コマンド

・一撃必殺のロックオン

ガンザン戦車は、ドープ"DBL"ボーダーと同じビートジョッキーであるため、一番隊 チュチュリスや、ダチッコ・チュリスなどのサポートを共有できる。 一番隊 チュチュリスが場にいる状態で、ダチッコ→ガンザン戦車→ドープ"DBL"ボーダーと出せば、6コスト。手札は大量に必要だが、非現実的というわけでもない。そもそもドープ"DBL"ボーダーは破壊耐性を持っているため1ターンで無理にそろえる必要もない。ガンザン戦車はビートジョッキーデッキならばフィニッシャーにもなり得る能力も持つため、特に意識していなくともこの2体のコンボは決めやすいだろう。

フル・コマンド。古いカードですが、漫画でQ(クアトロ)が無限掌とのコンボを披露したことが有名だろう。無限掌を内蔵したドープ"DBL"ボーダーとの相性が悪いわけがない。 おまけのように付いているクリーチャーを殴る時限定のアンブロッカブルも強力で、この子にとっては、相手の場に大型ブロッカーがいたとしても邪魔されず、何度もクリーチャーを倒せばむしろその大型ブロッカーですら処理できてしまうという事態にもなり得る。アンタップキラーと限定的なアンブロッカブルの付与を同じ種族全員に与えるので、やはりビートジョッキーで固めているデッキならいい働きをしてくれるだろう。

一撃必殺のロックオンは、火と闇の多色カードであるため、闇を採用しているデッキでしか使えないが、2コストと軽いのが特徴の一つ。また、スレイヤー付与もなかなかいやらしい。ドープ"DBL"ボーダーは破壊されるときに自分の他のクリーチャー1体を身代わりにできるため、自身の破壊を防ぎながら相手クリーチャーを処理することが可能。バトルには負けているので起き上がったりはしませんが。

ドープ"DBL"ボーダーは、速攻デッキでありながら、対応力が高いというビートジョッキーの性質を体現しているといっても過言ではないカードだと言えます。ビートジョッキーを使うならば、うまく扱ってあげたいカードですね。

以上。今回初めてパソコンで記事を作ってみました。ポフルでした。