ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

2017/05/07 大会レポ -ビートジョッキーの挑戦

さて、2017/05/07 大会レポのお時間です。

 

近所のデュエマフェスに参加してきました。

……一度CSみたいな競技性の強い大会にも出てみたいところですねぇ。

 

今回使ったデッキを改めて紹介しましょう。

「ジョーカーズ参上」にて新たに加わった種族「ビートジョッキー」

 

このデッキの詳しい話は、つい先ほど公開しておりますこの記事を参考にお願いします。

 

www.dmasters-pohu.com

 

なんだか大会レポするのも久しぶりですね。

できる限り詳しく書いていきたいですね。

 

 

・1回戦目 モルト「王」 ××‐

 

一回戦負けじゃねえか!!!!

おっといきなり口調が悪くなってしまった。反省。

1戦目ですが、とりあえずフェアリー火の粉祭やマナに置いたカード(何が置かれていたかは忘れましたが)、そして禁断の鼓動の存在から、準赤単系のデッキ(メジャー所ではモルトNEXTあたりがこれに当たりますね)だと予想できました。

一度ドラグナーの召喚を許してしまえば、基本パワーが低いビートジョッキーは一気に不利になってしまう。

……プランB。早期殴り切りにスイッチ。

チュチュリスやドープ"DBL"ボーダーを出して殴り切ることにし、シールドを減らす。

チュー戦車なんかも出して殴り切り準備完了かと思いきや、

メガ・マグマ・ドラゴン 降臨

 

 メガ・マグマ・ドラゴン 火文明 コスト8

メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 パワー8000

 ・このクリーチャーの召喚コストを、バトルゾーンにある相手のクリーチャー1体につき1少なくする。ただしコストは0以下にならない。

・W・ブレイカー

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワー5000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

 

置換効果を使ったドープ"DBL"ボーダーを残して全滅。

しかも、ドープ"DBL"ボーダーでシールドに殴ればマグマに殴られる危険もついてくる。

一度場を整えてから一気に殴りに行きたい……が、すでに手札を消費しているため、上手くならべることが出来ない。

 

その隙を逃すわけもなく、モルト「王」降臨。

ドラグハートを2枚装備し、わけのわからぬうちにワンショット。

 

2回戦目も同じような展開で、ワンショット。

流石は「王」。同じ火文明でも、最下層で燻っているビートジョッキーとは格が違うというものだ。

 

・2回戦 ジャスティスループ ×○○

 

1ターン目に、マナにおいたのが「ドレミ団の光魂Go!」。

明らかに変態デッキ。天門系統かと思っていたら、マナにおかれる「ハイドロ・コミューン」

 

ハイドロ・コミューン 水文明 コスト3

呪文

S・トリガー

種族をひとつ選ぶ。選んだ種族の自分のクリーチャーを好きな数、バトルゾーンから自分の手札に戻す。その後、その数以下の相手のクリーチャーをバトルゾーンから選び、持ち主の手札に戻す。

 

自分のクリーチャーをバウンスするカード。

あ、これループデッキだわ。

プランB。

 

結局おまえプランA遂行する気ねえだろという自分自身へのツッコミを突っぱねつつ

確実にシールドは破られないと踏み、安全にチュー戦車ディーディとラウド"NYZ"ノイジーで速攻しかけつつ手札補充。いやー、4マナパワー6000のW・ブレイカーで、ノーリスクで2枚手札増やせるとか神カード。

 

相手のターンに相手がマナに置いたカードが私大好き「ウェディング・ゲート」。この時点でデッキは確定。ジャスティスループ。

とはいえ、手札の質も味方し、ダチッコとブロックキングが新たにバトルゾーンへ。

トリガーさえ引かなければ勝てるため、残り2枚のシールドをブレイク。

 

そして、祝福という名の悲劇は始まった。

 

 

聖霊左神ジャスティスが2体。

 

 

聖霊左神ジャスティス 無色 コスト7

エンジェル・コマンド/ゴッド・ノヴァ パワー8000

このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚を見る。その中からコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。残りを自分の墓地に置く。

・W・ブレイカー

・左Gリンク

・このクリーチャーがリンクしている間、このクリーチャーはシールドをさらに1枚ブレイクする。

 

 

軽く解説のお時間。知っている方は読み飛ばしてください。

デッキが残り5枚以下で、その中身に龍素知新が埋まっている際に、ウェディングゲートで聖霊左神ジャスティス2体をバトルゾーンに出し、墓地にキーカードがそろっていればループ完成。

1体目のジャスティスで龍素知新を唱えます。

龍素知新は、墓地のコスト7以下の呪文を唱えて、この効果で唱えた呪文をデッキの一番下に戻す能力があります。

この効果により、予め墓地に落としてあった、今唱えている龍素知新とは別の龍素知新を唱えたうえで、墓地のウェディング・ゲートを唱えます。その効果でもう2体のジャスティスを出します。

そして、効果待機していたもう1体のジャスティスの効果で、先ほどデッキに戻した龍素知新を唱えます。

そして、また龍素知新を経由し、ハイドロ・コミューンを唱え、自分フィールドのジャスティスを全て手札に戻します。

 

この時点でまだ、2体のジャスティスが効果解決待ちであるため、内1体の効果で龍素知新を唱えて、龍素知新を経由してウェディング・ゲートを唱えて2体のジャスティスが出てきます。

 

とまあ、こんな感じで、無限にウェディングゲートを唱えるわけですが、このループを解決していくうちに、効果解決待ちのジャスティスがどんどん膨れ上がっていくわけですね。

まあ適当にジャスティスの効果が100くらい溜まったら、エンドカードとなるカードを無限にプレイしていって、ライブラリアウトなりなんなりで勝つというのが、このジャスティスループというわけです。

 

というわけで今回は、ザルバで無限ドローを強制されました。

 

 

ぐおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

って叫びたくなる衝動を抑えつつ、2戦目。ループの怖さは味わったものの、S・トリガーを防ぐ手段などない。単騎連射マグナムがいれば話は別だったのだが、そんなクリーチャーは採用していない(持ってない)ため、勝つためにやることは変わらない。

 

プランB続行。

 

私の決意にデッキが答えてくれたのか、チュチュリス2体とラウド"NYS"ノイジーが初手に。これはもう強引に押し切るしか方法はない。

 

チュチュリスでブレイク→反応なし。

ノイジーでブレイク→サイバー・チューン、エマージェンシータイフーン。

チュチュリス→……。

ウェディング・ゲート

そのトリガー運、私のウェディング・ゲートにも分けてください。

2体のジャスティスを出し、フォース・アゲインも絡めながらどんどんデッキの中身がなくなっていく……。

 

事件発生。残りデッキ7枚の時点で、デッキの中に龍素知新がない事が判明したらしい。

恐らく、ジャスティスの効果で掘り進める途中に、龍素知新で龍素知新をデッキに戻す事を忘れていたのでしょう。

デッキ切れ。勝ち。

 

大会後、思わずこの時の心境をツイート

 

うん。なんか微妙な雰囲気だが3戦目。

 

さて、数々の天門系のような、運の要素がやや強いカウンター気味のデッキを長く使ってる私、

運ではなく、自身のミスによって敗北したその瞬間、試合の流れは自分の元から離れていってしまう。

という持論がある。

 

相手のミスによって勝ちを拾うというのは複雑な気分ではあるものの、ここで引くわけにはいかない。何より流れはこちらに来ている。

 

2ターン目チュチュリス。3ターン目ノイジー。4ターン目ダチッコからのガンザン戦車。

ガンまわりしてますわ。

 

どんどんシールドをブレイクしていくものの、トリガーは全く無し!!

そのまま殴り切ることに成功!!

 

勝利!

 

・3回戦 モルトNEXT ○○‐

 

場に出ている禁断の鼓動。発動されるメンデルス・ゾーン。超次元のドラグハート。

 

うん。デジャビュ。

プランB。

 

しかし、メンデルスゾーンでの2マナブーストに失敗し、そのままブーストカードが引けなかったのか、そのままこちらもチュチュリス→ディーディー→ダチッコ→ガンザン戦車という動きが成立。

そのままトリガーもなく物量で攻めきれた結果に。

そして2戦目も、相手がブーストカードを引く前に、ノイジーによる捨て身の速攻で勝利。

おおう、流れがしっかり来ておる。一回戦で負けたけど。

 

・4回戦 ステロイド(ドラゴンデッキ?) ○○‐

コッコ・ルピアがマナに置かれていて、かつ幻緑の双月。

デッキの内容はいまいちわからないが、とにかくビートダウンだという事は分かったし、コッコ・ルピアが見えていることはいやらしい。

 

やっとこさプランA

序盤のシステムクリーチャーを処理しながら殴っていこう。

ナグナグ・チュリスをだして双月を処理。チュチュリスやDBLボーダーで殴りに行く。

出てきたのはメガ・スピア・ドラゴン。シールドを2枚持っていかれるが、チュチュリスをガンザン戦車に進化してT・ブレイク。そのままDBLボーダーで殴る。革命の鉄拳は発動されたが、ガンザン戦車を身代わりに破壊を免れ勝利。

 

2戦目。

ルピアはやはり処理。こちらはノイジーを出して手札を補充しつつ殴りに行く。双月も出てきてシールドを殴ってきた事を良いことに、場にいたダチッコで相打ちにもっていき、シールドを全て割り切り、攻撃できるチュチュリスを残してゴリンゴリでとどめ……とここで出てくるボルシャック・ドギラゴン。

メガ・スピア・ドラゴンを捲られ、ゴリンゴリは処理されるも、チュチュリスで殴って勝利。

 

戦い終わったのち、ちょっとゾクっとしたことが1つ。

この2戦目、フェアリー・ライフや双月、鉄拳のような、ボルシャック・ドギラゴンにとって邪魔なカードを避けて革命0トリガーの条件を成立させたこと、ノイジーで盾を減らしていたとはいえ、もう一枚0トリガーがあって、メガ・スピア・ドラゴンでもだされていたら、負けていたかもしれないなあと。

 

さあ!なにはともあれ5戦目!参加者的にこれで最後かな!最後勝てれば初の4勝だ!

せっかくだし4勝したいな!

 

店員のお兄さん「あ、相手の子帰っちゃったかな。不戦勝だね。これで終わりかな」

 

5戦目。対戦相手ドロップにより不戦勝。

 

やったね4勝だよ(白目)

 

 

総評ッ!!!!!!!

 

むなしい。

とりあえず、1回戦負けではあるものの、総合戦績を見れば勝ち4負け1とかなり良好。

そのうち2戦は、運も味方していたとはいえ、環境に顔を出しているデッキに勝っている。

ビートジョッキー強いじゃん!!

問題点としては、相手のトリガー対策がない事。

単騎連射マグナムを採用しつつ、ビートジョッキーの強化を待つことにしよう。

 

 

以上!ジャスティスループの絶望感を感じてもらいたくて力入れた。ポフルでした。