ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

赤攻銀 カ・タブラ -デメリットがむしろメリットなこの子

とうとう、メタリカの構築に着手しはじめました。ポフルです。

 

その、メタリカの構築済デッキ「キラのラビリンス」ですが、強いですね!

 

目玉カードである「陰陽の果て 白夜」がもう一声欲しい性能ですが、種族間のシナジーが強い。

小型のクリーチャーを並べるだけで守りも攻めもこなしちゃうこの種族は、一度気に入ったら手放せなくなってしまいそうです。必須カードの「龍装者 バーナイン」が一枚も入っていないことが唯一の不満点でしょうか。

 

 

さて、そんなメタリカの構築済みデッキの中には、なかなかインパクトのあるクリーチャーが入っておりますね。それが今回紹介する「赤攻銀 カ・タブラ」。

 

赤攻銀 カ・タブラ

光文明 メタリカ

コスト1 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーは、タップしてバトルゾーンに出る。

■バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーが2体以下なら、このクリーチャーはアンタップしない。

 

「コスト1でパワー7000のW・ブレイカー」というトンデモクリーチャー……の筈ですが、最近の自然のクリーチャーを見てると「またこういうタイプのクリーチャーか」なんて思っちゃいますね。とはいえオーバースペックであることには間違いないです。当然、「出すときにタップイン」「アンタップするのに条件が設定されている」というデメリットがあります。

 

コスト1で、デメリット持ちとはいえ攻撃可能のクリーチャーという事でまず頭に浮かぶであろうクリーチャーがこれ。「共鳴の精霊龍 サザン・ルネサンス」。私もこの子にはお世話になりました。

 

共鳴の精霊龍 サザン・ルネサンス

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン

コスト7 パワー7000

■ブロッカー

■シンパシー:光のコスト3以下のクリーチャー

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の光のコスト3以下のクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。

■W・ブレイカー

 

カ・タブラが出た当初、「まーたサザン超強化か」なんて一部では言われていたらしいですが、サザンに入れるのであれば、メガ・マグマ・ドラゴンのような低パワーのクリーチャーを焼くカードや、センノーのようなコスト踏み倒しメタを考慮しない場合、「予言者 クルト」とその同型再販(カード名や種族が違うだけで、能力やパワー、コストが同じのカードのこと)である「希望の親衛隊 ラプソディ」の方が優秀。

サザン・ルネサンスに無理なく入る「タイム3 シド」を2ターン目に出せるのは大きい。

 

予言者 クルト

光文明 ライトブリンガー

コスト1 パワー500

 

タイム3 シド

光/水文明 エンジェル・ドラゴン/革命軍/ドレミ団

コスト3 パワー4000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■革命チェンジー光または水のクリーチャー

■相手の呪文を唱えるコストは2多くなる。

 

また、サザン・ルネサンスのエンドカードとして有名な「ダイヤモンド・ソード」との噛み合いも悪いので、サザンに入るかと言われると正直微妙。召喚酔いを無効にしたって、タップされてるクリーチャーは攻撃できない。

 

じゃあこの子何がすごいのかというと、同じくメタリカのクリーチャーの「攻撃を曲げる能力」を持つクリーチャーとの相性が良い。

 

緑知銀 フェイウォン

光文明 メタリカ

コスト3 パワー1500

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを1体タップしてもよい。そうしたら、カードを1枚引く。

■このクリーチャーをアンタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーまたは自分のタップしているクリーチャーに変更してもよい

 

メタリカのクリーチャーは、光文明にしては珍しく、ブロッカー能力を持つクリーチャーは少ないが、このように「自身をアンタップして、攻撃先を変更する」という能力を持っています。当然、シールドへの攻撃もクリーチャーへの攻撃に変更することが可能です。これにより、従来のブロッカー能力では一工夫しないと不可能だった「攻撃しながら守る」という攻防一体の戦術が可能となっているわけです。シールドが多い時に発動する「ラビリンス」とは噛み合ってますね。

 

注目したいのは、攻撃先を「自分のタップしているクリーチャー」にも変更することが可能な点。ここでカ・タブラのタップイン能力が生きてくるわけですね。

特にパワーの高いクリーチャーがあまり出てこない序盤に攻撃を曲げる能力持ちのクリーチャーとカ・タブラのコンボは有効。それこそ上に挙げたサザン・ルネサンスですら相打ちにもっていく事ができる。

 

アンタップする条件も、「自身以外の自分のクリーチャーが3体以上いる事」と、軽め。

序盤は上記コンボで守りの要として、中盤以降も守りの要としての役割を捨てることなく、W・ブレイカーによって相手のシールドを減らし、ラビリンス能力によってさらに相手の動きを狭めていく……と、とにかくいやらしいコンボが可能です。いやらしいですね。ほんとうに。

 

少し特殊なプレイングですが、相手のシールドをブレイクせずに、「星の導き 翔天」をタップしたい場合、カ・タブラを出して、その上に翔天を重ねるというプレイングも可能です。

 

星の導き 翔天

光文明 メタリカ

コスト6 パワー5500

■NEO進化ー自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■このクリーチャーをアンタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、このクリーチャーまたは自分のタップしているクリーチャーに変更してもよい。

■相手のターンのはじめに、このクリーチャーがタップしていたら、光のコスト8以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンにタップして出してもよい。

 

一応。ライバルも存在します。

同じくタップインのデメリットを持つ「ベイB ジャック」

 

ベイB ジャック

自然文明 ミルクボーイ/イニシャルズ

コスト1 パワー6000

■バトルゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーは、自分のターンのはじめにアンタップしない。

■自分がカードを引いた時、自分のマナゾーンにあるカードを3枚タップしてもよい。そうしたら、このクリーチャーをアンタップする。

■バトルゾーンにある自分のクリーチャーを、自分のマナゾーンにあるかのようにタップしてもよい。

 

ジャックは、タップイン効果の他に、自身のクリーチャーをマナとしてタップすることができる能力を持つ。コスト軽減を持つ一番隊の存在や、メタリカが出るたびに1ドローできるバーナインの存在から、大量にクリーチャーを展開することも夢ではない。「5ターン目にして10体のクリーチャーが並んだ上にまだ手札に余力が残ってた」なんて話も現実的な話となる怖さ。

 

差別点としては、カ・タブラ自身が同メタリカであること、そしてなにより光文明である事だろう。

こちらの方が爆発力が少ない分堅実な動きが可能。パワーも1000高いので、どこかでその辺の差別化ができるとなお良い。

火単に採用されることがある「ボルカニック・ランス」に対してはカ・タブラの方が有利だ。より確実な「フレイムランス・トラップ」の場合はどちらも対象にならないが。

 

ボルカニック・ランス

火文明 呪文 コスト2

■S・トリガー

■相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。

■自分のシールドをひとつ選び、墓地に置く。

 

フレイムランス・トラップ

火文明 呪文 コスト6

■S・バックー火(火のカードを自分のシールドゾーンから手札に加える時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、コストを支払わずにこの呪文を唱える)

■相手のパワー5000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

 

堅実さを求めるならカ・タブラ。爆発力ならジャックと言ったところか。

 

とりあえず、この辺も考慮したうえで、メタリカデッキが完成したらまた大会で試運転していきたいなと思ったポフルでした。