ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

NEWヒーローデッキ「ボルツのB・A・D」 -新時代の速攻を新たなステージへ ~その2~

暑い!!!!!!もう夏なのか!!!!!?????

あ、ポフルです。

 

ついに発売されました「ボルツのB・A・D」。気温とはまた別の意味でアツい話ですね。かくいう私も昨日1個だけ購入し、すでに組んであるビートジョッキーをベースに改良している最中です。

 

ところで、このNEWヒーローデッキ。収録されているカードの中で、新規収録となるカードは、以前に記事にしてあったのですが、それまで全く情報がなかった新規カードが2種類収録されていますね。

ビートジョッキーの研究をしている私としては、この2枚の事もしっかり研究すべきでしょう。

というわけで今回は、新規カード2枚「ボール"BOMB"ボマー」と「ジャジー・トランバー」について書いていこうかと思います。

 

以前のビートジョッキー考察については以下よりどうぞ。

 

構築済みデッキの情報解禁前(たぶん)の記事になります。

www.dmasters-pohu.com

 

構築済みデッキ新規カードの考察です。

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

ボール"BOMB"ボマー

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー6000

■バトルゾーンに自分のビートジョッキーが3体以上あれば、このクリーチャーの召喚コストを最大5少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

■W・ブレイカー

 

 

 ビートジョッキ―がフィールドに3体以上ある場合、コストが2になるというなかなかトンデモクリーチャーですね。

この子のおかげで、ビートジョッキーの3ターンキルルートが新たに一つ生まれました。

 

1ターン目、ホップ・チュリスを召喚。

2ターン目、ステップ・チュリスを召喚。ステップとホップで2枚のシールドをブレイク。

3ターン目、ホップ・チュリス、または一番隊チュチュリスを召喚でビートジョッキーが3体になるので、ボール"BOMB"ボマーを召喚。ステップorホップとボマーで計3枚ブレイク。攻撃してないステップorホップでダイレクトアタック。

 

どんなデッキでも3ターンキルを狙う事は、安定性と妨害への対応力の面で難があります。この動きも例外ではないので、「覚えておけばたまに達成できそう」くらいの認識が良いでしょうか。

 

ビートジョッキーを並べる事さえできれば、3ターン目にパワー6000のW・ブレイカーを出すことができますが、スピードアタッカーとW・ブレイカー以上のスペックは持ち合わせていません。そのため、中盤以降は同デッキの"罰怒"ブランド Ltdあたりの方が有用ですね。

3ターンキルを積極的に狙いに行く場合や、序盤にクリーチャーをドンドン並べることができるように組んであげると活躍できるでしょう。

 

 

ジャジー・トランバー

火文明 呪文 コスト3

■S・トリガー

■相手のパワー7000以下のクリーチャーを1体破壊する。

■自分のシールドを1つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

 

 

7000火力と、シールド回収を兼ね揃えた優秀なトリガーですね。シールドを犠牲にする軽量火力呪文としては、ボルカニック・ランスが比較対象として挙げられるでしょうか。

 

ボルカニック・ランス

火文明 呪文 コスト2

■S・トリガー

■相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。

■自分のシールドをひとつ選び、墓地に置く。

 

ボルカニック・ランスと比べた時のジャジー・トランバーの利点は何といっても、犠牲にしたシールドを手札に加えることができる点でしょう。

シールド回収がデメリットとして設定されているため、火力の範囲もボルカニック・ランスと変わらないどころか、1コスト重くなった分もあり、一回り高い7000。

また、S・バックを能動的に発動できるので、「フレイムランス・トラップ」での追加火力や、「デュアルショック・ドラゴン」によって、手打ちでもテンポを崩さずに速攻を仕掛けることが可能です。これはボルカニックランスに無い利点ですね。

 

フレイムランス・トラップ

火文明 呪文 コスト6

■S・バック―火(火のカードを自分のシールドゾーンから手札に加える時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、コストを支払わずにこの呪文を唱える)

■相手のパワー5000以下のクリーチャーを1体破壊する。

 

デュアルショック・ドラゴン

火文明 アーマード・ドラゴン 

コスト6 パワー8000

■S・バック―火

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドをひとつ選び、自分の墓地に置く。

■W・ブレイカー

 

複数ブレイク能力持ちを破壊しないと結局打点が変わらない事もあるので、速攻相手にはあまり効果が無いですが、それでも前述の利点もあり、火の新たな汎用S・トリガー呪文としての活躍が期待できそうです。

 

 

 

まとめ

2枚とも明確な採用理由があるので、なかなか優秀なカードだと言えそうです。

噂では、ビートジョッキーは環境にでてきそうだそうです。この2種類のカードはそんなビートジョッキーデッキでどこまで活躍できるのか、こうご期待ですね。

 

 

以上。1デュエル中にコダマンマの効果を3回発動して負けてことがありますポフルでした。

(ああ、自爆する未来がみえる・・・・・・)