ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

ビートジョッキーデッキ ―構築が落ち着きました。

やったぜ。

あ、ポフルです。

 

デュエル・マスターズ界において、ただいま話題沸騰と言える種族。ビートジョッキー。

このブログでも、何度も記事にしてきましたが、今回「ボルツのB・A・D」新規収録カードも使ったデッキが完成しました。

自分の理解度をあげるためにもここで紹介したいと思います。

 

 

 

 

デッキ内容

デッキ名:3ターンに3匹ネズミ。あとサルグンダン。

 

"罰怒"ブランド Ltd 2枚

ボール"BOMB"ボマー 2枚

ガンザン戦車 スパイク7K 3枚

ブロック・キング 2枚

ボワー汽艦 ゴリンゴリ 3枚

ドープ"DBL"ボーダー 3枚

ラウド"NYZ"ノイジー 2枚

ナグナグ・チュリス 3枚

一番隊 チュチュリス 4枚

ダチッコ・チュリス 4枚

ステップ・チュリス 4枚

ホップ・チュリス 4枚

ボルシャック・ドギラゴン 2枚

ドドンガ轟キャノン 2枚

 

各カード採用理由

私にしては珍しく各カードの採用理由を1種類ずつ説明していきます。

ホップ・チュリスとステップチュリス

前者は、1コストでパワー2000。他のビートジョッキーが攻撃したターンのみ攻撃できるという制限を持ちます。。後者は自分の他のビートジョッキーが1体でもいればスピードアタッカーとなる2コスト1000のクリーチャーですね。

 

この2体で、2ターン目に2枚のシールドを持っていくことができるのはなかなかですね。

序盤に残りのシールドを3枚にしておくことにより、後々ボルシャック・ドギラゴンやガンザン戦車によるTブレイクでゴリ押す準備が整います。ドープ"DBL"ボーダーの存在も無視できなくなるでしょう。

また、ホップは数多くの3ターンキルのお供としても使えるため、なかなか馬鹿にできないクリーチャーですね。

 

ダチッコ・チュリスと一番隊

ダチッコは、2マナで1000のクリーチャーです。その能力は、次に召喚するビートジョッキーのコストを3下げる効果です。

そのまま使っても、1コスト軽減カードとして使えますが、場に出ている一番隊と併用すれば、細かい計算は省略するとして3コスト軽減となる超便利カードとなります。この2枚の併用でビートジョッキー専用のフェアリー・ギフトとなるわけですね。

ガンザン戦車や、ブロック・キング等、通常の速攻デッキでは採用し辛い6コスト以上のクリーチャーを無理なく採用することができるという事です。

仮に中速気味のビートジョッキーを組むとしても、この2種類のコスト軽減は必須カードとなるでしょう。

 

ドープ"DBL"ボーダー

4マナ4000のスピードアタッカーであり、無限掌を内蔵したクリーチャーです。また、バトルに勝った時に、自身のパワーを倍にして、シールドを1枚ブレイクするというおまけもついた強力クリーチャーですね。

 

ホップステップを殴り返してきたクリーチャーに対して、ダチッコチュリスと共に投げることを想定しております。

思考停止してこの子を出しておくだけでも、相手はパワー4000以下のクリーチャーでうかつに殴れなくなるため、実は妨害札としての採用でもあるのです。

フィニッシャー、妨害、序盤の鉄砲玉、様々な役割を持つことができる優れたクリーチャーですね。お金が足りてれば4枚積んでもよかった。

 

ガンザン戦車 スパイク7K

このデッキにおける最高の切り札と言っても良いでしょう。

自分のクリーチャーそれぞれに、アンタップキラーかブレイク数増加を与えることができるNEO進化クリーチャーになります。

一番隊とダチッコの併用で3ターン目に出すことができ、この子をダチッコから進化し、1ターン目にホップを出していれば3ターンキル達成です。

それ以外にも、"DBL"ボーダーにアンタップキラーを付与してフィールドを焼野原にするなど、様々な使い道が考えられます。この子は重いので、自分が使いやすくするためと、後述のブロックキングの採用のために3枚になっております。が、3ターンキルに特化する等の理由があれば、4枚積んでもいいクリーチャーでしょう。

 

ブロック・キング

自身がアンタップしている間、相手のクリーチャーをタップインさせ、自身がタップしているなら、他のクリーチャーのパワーを+7000するクリーチャーです。

どちらの効果も、小回りの利く効果で、前者は制圧及びスピードアタッカー封じ、後者は制圧と殴り返し対策となる効果ですね。

ガンザン戦車と同じく、3ターン目に出すことの出来るクリーチャーで、タップインを強制する能力は強力。速攻~中速のデッキに対して有効に働きます。

どちらの効果も、"DBL"ボーダーと相性が良いですね。それ故に"DBL"ボーダーもう一枚欲しい。

 

ボワー汽艦 ゴリンゴリとラウド"NYZ"ノイジー

前者は、5コスト5000のスピードアタッカーで、攻撃の終わりに自分の手札をすべて捨てて、3枚のドローができます。後者は4マナ6000のW・ブレイカーという破格のスペックのデメリットとして、シールドを2枚回収する能力を持ちます。このデッキの数少ない手札補充能力ですね。

ビートジョッキーには3コストで出た時に手札をすべて捨てて2枚ドローするトツゲキ戦車もいますが、今回は採用を見送りました。具体的に理由を言えと言われても、直感としか言えない言葉に詰まるのですが。

今回採用した二種類は、癖は強いものの相手を強烈に攻めながら手札を補充できるため、状況を見ながらうまく扱ってあげたいですね。

 

ボール"BOMB"ボマー

コストは7ですが、バトルゾーンにビートジョッキーが3枚以上いれば、2コストで召喚できるようになるクリーチャーです。さらにスピードアタッカーでW・ブレイカーと、優位時の盤面をさらに優位に傾けていくすさまじいクリーチャーであると言えるでしょう。

ホップとステップを絡めて3ターンキルを達成する事も可能です。

となれば4枚積みもやぶさかではないのですが、中盤以降に素のスペックが淡泊となるため、ガンザン戦車よりも優先する必要性を感じませんでした。よって2枚の採用。とはいえ、コスト軽減さえうまくいけば、メガ・スピア・ドラゴンをも上回るスペックとなるため、決して弱いカードではありません。念のため。

マスターカードである"罰怒"ブランドが手に入った場合は、この子と入れ替えることも考慮に入れております。

 

"罰怒"ブランド Ltd.

新能力B・A・Dを引っ提げて登場した7マナ7000のスピードアタッカーでW・ブレイカー。

登場時に6000火力を放つ効果により、苦し紛れで出してきたブロッカーをどかしながら強引に殴ることが可能です。また、B・A・Dにより5マナでの召喚も可能。

ダメ押しにはぴったりのクリーチャーです。

 

ナグナグ・チュリス

このデッキが、速攻デッキのはずなのに中速みたいな動きも可能とする最大の理由な気がします。3マナパワー3000で、出た時に相手のクリーチャー1体と強制バトルを行います。

各種一番隊や、一撃奪取などのシステムクリーチャーを1枚で処理することが可能です。

コスト軽減を多用する関係から対策が必要な「制御の翼オリオティス」もこの1枚で対応可能。S・トリガー持ちのクリーチャーであるドリドリ地底車 ドカパンクを優先しなかった理由は、上記のオリオティスに対応できなかったからという理由も少し入ります。

スピードアタッカーではないことから速攻向きの能力では無いものの、相手のペースを崩すカードとしてしっかり活躍しております。

 

ドドンガ轟キャノンとボルシャック・ドギラゴン

前者は、S・トリガーで5コスト以下のカード指定除去。スーパーS・トリガーで相手のコスト7以下をすべて破壊する能力を放ちます。

特にジョーカーズにはよく刺さる効果になります。

ボルシャック・ドギラゴンは、前回も書きましたが、優秀な防御札であり、今回は轟キャノンと自身くらいしか革命0トリガーを妨害しないため、投入しております。

 

 

このデッキの回し方

このデッキは、3ターンキルに特化したデッキではありません。

(もし、3ターンキルに特化したい場合は、ブロックキング2枚とナグナグチュリスを1枚を外し、ガンザン戦車と"BOMB"ボマーを4枚積みにするだけで解決します。)

 

このデッキは、相手によって速攻でケリをつけるか、中速気味に攻めていくのかを選ぶデッキになります。

ナグナグチュリスやブロックキングあたりを使って、場を荒らしながら慎重に殴るのか、ガンザン戦車などで一気にブレイクしていくのか。

相手のデッキタイプをみて判断してください。

 

まとめ

まあ、まだ対人戦は出来てないんですけれどね!!!

次の大会はウェディングゲートで出ると決めているのでだめですが、また次の機会に大会にて実力を試していきたいですね。

 

以上。こうやって速攻特化に踏み切れないのはいいのやら悪いのやら。ポフルでした。