ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

"罰怒"ブランド -ビートジョッキーのマスターカードがマジでB・A・Dな3ターンキル量産機

忙しさではげそうです。ポフルです。

 

コロコロコミック6月号にて、ビートジョッキーの新規カードが紹介されております。

 

 

"罰怒"ブランド 

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターB・A・D(このクリーチャーのコストを2少なくし、さらにこのターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)

■W・ブレイカー

■自分の火のクリーチャー全てに「スピードアタッカー」を与える。

 

このクリーチャーの存在によりまたしても新たな3ターンキルルートが確立されております。

こわいですね。

 新たな3ターンキルルート

3ターンキルルート1

1ターン目、ホップ・チュリス召喚

2ターン目、ステップチュリスを召喚 シールドを2枚(1枚でも良い)ブレイク。

3ターン目、ダチッコチュリスを召喚 マスターB・A・Dと併用し、1コストで"罰怒"ブランド召喚。

      そのままシールドを全てブレイクしつつ、止めまで。

 

3ターンキルルート2

1ターン目、マナチャージのみ

2ターン目、一番隊チュチュリスを召喚

3ターン目、ダチッコまたは一番隊を召喚→"罰怒"ブランドを召喚→"BC"ヒットまたはボール"BOMB"ボマーを召喚で2・2・1・とどめ。   

 

二つ目の3ターンキルルートが特にすさまじです。

 

二つ目の3ターンキルルートの有用性について語る。

従来のビートジョッキーにとって、1ターン目にホップ・チュリスを引けるかどうかで3ターンキルが成立するかどうかが決まっていたのですが、このルートに限っては、後に出てくるBOMBやBCがホップ・チュリスの打点を補ってくれます。

その代わりに、一番体が必要となりますが、そもそも一番隊は、序盤から終盤まで活躍してくれるビートジョッキーの潤滑油です。対してホップ・チュリスは中盤から終盤にかけてはただの小型クリーチャーとなり、進化元としてもダチッコや、それこそ一番隊に任せておけばいいですよね。

 

極端な話、ガンザン戦車の3ターンキルルートを捨てて、"罰怒"ブランドでの3ターンキルルート2に特化する場合、ホップ・チュリスとステップ・チュリスは採用しなくても良いという事にもなります。そうした場合、空いたスペースに様々なカードを入れる余地が出てきますね。

例えば、ドープ"DBL"ボーダーと相性の良い「閃光の守護者 ホーリー」を入れて、カウンター性能を上げる事が可能ですし、火炎流星弾のような速攻を補助するカードを入れても良いでしょう。

とにかく、1コストクリーチャーを4枚入れるという事をせずとも、3ターンキルが狙えるようになったため、今まで以上に小3ターンキルに失敗しても対応できる、小回りの利くビートダウンとなるわけですね。

 

 

3ターンキルにこだわらずともまじでB・A・D

自分の火のクリーチャー全てにスピードアタッカーを与える能力は強力です。

ラウド"NYZ"ノイジーで強引に手札を増やしながらさらにクリーチャーを展開したり、一番隊やダチッコで軽いクリーチャーを横に並べたりしたクリーチャー全てがスピードアタッカーに。きついですね。

もともとクリーチャーの展開い長けた種族ですから、このスピードアタッカー付与効果は序盤から終盤まで活躍できるでしょう。

 

総評

 

3ターンキルデッキは、今までも様々な形が考案されてきましたが、そのどれもが「3ターンキルに失敗すると立て直しが効かない」「1コストクリーチャーが召喚できない」などの問題点を抱えていましたが、ビートジョッキーはその2種類の問題点を軽減してくれているデッキになりそうです。

本当にビートジョッキーは大会で良い結果を残せそうですね。メタリカがんばれ。超がんばれ。

 

以上。はげたらスパーク呪文打つたびにドヤ顔。ポフルでした。