ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

オヴ・シディア -メタリカのマスターカードもやはり強力。

火文明であるビートジョッキーが頑張っている最近のデュエルマスターズ。……光文明、頑張ってください。と応援しているポフルです。

 

さて、"罰怒"ブランドとともに、メタリカのマスターカードである「オヴ・シディア」も登場予定です。

メタリカと言えば最近は「白t緑メタリカ」のような、ベイBジャックによって大量展開するというデッキが主流なようですが、正直、ジャックループなんかが流行っているこの時代、そのうちジャックが殿堂入りしそうなんですよね……。

 

そんな事はさておき、「オヴ・シディア」がどんな効果なのか、考察していきたいと思います。

 

 

 どんな効果?

 

オヴ・シディア

光文明 メタリカ

コスト8 パワー13500

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーと同じ枚数、自分の山札の上からカードを表向きにしてもよい。その中から、コスト6以下のメタリカをすべてタップ状態でバトルゾーンに出し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

■マスター・ラビリンス:このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドまたは自分のクリーチャーの数が相手より多ければ、自分の手札をすべて、裏向きのままそれぞれ新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。

 

()で示した場所は不確定要素ですが、とにかくマスター・ラビリンスは、自分の手札をシールドにする能力ですね。

 

……と思っていたら、今日のアニメでしっかり確定してましたね。全てシールドに置く効果で間違いなさそうです。

 

強いのかどうか

まず前半の出た時に発動する効果ですが、単純に大量展開できる効果であるため、かなり強い効果だと言えますね。大量展開してくるデッキと相性が良く、ジョーカーズやビートジョッキー相手なら優位に立つことができるでしょう。

「そもそも3ターンキルされるぞ悠長な事言ってんじゃねーぞ」なんて声も、そもそもメタリカは光文明であり、妨害札がそれなりに豊富なので、その心配はありませんとしっかり発言できますね。

運の絡む話になりますが、「ノヴァルティ・アメイズ」との相性は抜群で、スーパーシールドトリガーで出てきて相手を無力化しながら自分は大量展開し、そのまま数の暴力で勝ちなんていう展開もあり得る話でしょう。

マスター・ラビリンスも合わせれば、破られたシールドも元通りです。

 

ノヴァルティ・アメイズ

光文明 呪文 コスト7

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時、自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える

■相手のクリーチャーをすべてタップする。

■カードを1枚引く。

S 光のコスト8以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

 

また、タップ状態で出るというのもメタリカにとってはうれしいところですね。

 

オヴ・シディアの効果で出すクリーチャーの中で、相性が良いクリーチャーはやはり「龍装者 バーナイン」「星の導き 翔天」でしょう。

前者は踏み倒しに成功したメタリカの数だけドローでき、後者はオヴ・シディアの効果で出せない8~7コストのクリーチャーを出すことが可能です。

 

龍装者 バーナイン

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト4 パワー2500

■このクリーチャーまたは自分の他のメタリカがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

 

星の導き 翔天

光文明 メタリカ

コスト6 パワー5500

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■このクリーチャーをアンタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、このクリーチャーまたは自分のタップしているクリーチャーに変更してもよい。

■相手のターンのはじめに、このクリーチャーがタップしていたら、光のコスト8以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

 

バーナインは、大量展開と合わせて自身の手札を増やし、マスター・ラビリンスによるシールド追加量を一気に増やすことができます。翔天は、自身の効果でオヴ・シディアを出すことが可能です。現状のメタリカでもこの2体は必須カードのような扱いをしてきましたが、今後もこの2体の重要性は高くなっていくでしょう。

 

問題のマスター・ラビリンス能力ですが、

なんというか癖のある効果ですね!!

 

シールドを追加することにより、相手がシールドトリガーを踏む確率を増やし、相手に攻撃させにくくするなど、見た目以上、かなりの効果が期待できますが、手札何枚あるうちのこれだけみたいな小回りの利くことは出来ず、必ず全てをシールドにする必要がある……かと思います。コロコロの記述を見てもそんな感じでしたし。

つまり、こちらとしても使うカードがなくなってしまうわけですね。

自分の選択肢すら狭めるとは……。

 

とはいえ、前述の「ノヴァルティ・アメイズ」を仕込んで相手の攻める手を止めたり、シールドが少なくなった終盤に、亀のラビリンス能力を発動させたりと、強力なことには変わりないです。

そもそもオヴ・シディアをバトルゾーンに出しており、マスター・ラビリンスを発動できる時点で、相手よりもクリーチャーの数は上回っている筈であり、メタリカには攻撃を曲げる能力を持つクリーチャーも存在するため、相手にとっては、間接的に攻撃に制限がかかったようなものです。

シールドやクリーチャーの存在のせいで、必要な打点の数が相当な量必要になり、打点が揃っていない時点で攻撃すれば、相手に手札を与えてしまう……。

攻撃しなければ亀のスパーク能力。

 

あれ、普通に強くないですか???

 

ビートジョッキーのような、あからさまな強さはありませんが、冷静にしっかりと考えるとかなり強く見えてきますね。

うまく使いこなせば、相手を出口のない迷宮の深淵に誘い込むことができるでしょう。

 

まとめ

 

題名にも書いたとおり、最初はオーバーキルだと書いておりましたが、冷静に考えれば強いですね。

ただ癖があることは間違いないので、プレイヤーのプレイングセンスが求められそうです。

 

以上。光文明頑張ってるじゃん。と思いました。ポフルでした。