ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

デュエルマスターズ15周年なので、デュエルマスターズ第一弾を振り返る。-今でも使えるカード編

さて、本日の連続更新もこれで最後です。ポフルです。

 

今まで第一弾の特徴と、各種族の今昔を語りましたが、最後に今でも使えるカードには何があるのかを見ていきたいと思います。

 

以下の記事の続きとなります。

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

 汎用性が高く、幅広いデッキでの活躍が期待できるカード。

現在でも様々なデッキに採用されているカードを紹介していきましょう。

 

クリスタル・メモリー

水文明 呪文 コスト4

■S・トリガー

■自分の山札を見る。その中からカードを1枚選び自分の手札に加える。その後、デ山札をシャッフルする。

 

どんなカードでもサーチ可能な万能呪文です。コンボデッキのお供として今まで使われてきました。

4コストの水の呪文では、アカデミー・ホウエイルやドンドン吸い込むナウなど、様々なライバルカードが存在するので、自身のデッキに合うカードを探したいですね。

 

デーモン・ハンド

超有名カードであることと、最初の記事で紹介しているため、効果説明は割愛。

デスハンズや冥王の牙、デスゲート等数多くのライバルが存在しますが、6コストで無条件の除去S・トリガー呪文はこれのみ。

やはりデッキによっての使い分け次第となるでしょう。

 

スパイラル・ゲート

水文明 呪文 コスト2

■S・トリガー

■クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。

 

殿堂入り呪文です。

軽量バウンスとしていまだに優秀であり、序盤のテンポ崩しや、サイキック・クリーチャー等の除去、防御札等、様々な場面に対応できる便利カードです。

水を主に使うデッキなら採用候補となるでしょう。

 

青銅の鎧

効果は割愛。

出た時にデッキトップ1枚をマナに置くクリーチャーです。

3コストでクリーチャーを場に残しながら、手札を過剰に減らすことなくマナブーストができます。

フェアリー・ライフや桜風妖精ステップルなど、ライバルも多いので、やはり使い分けでしょう。

コスト5につなげやすいという性質をうまく使えるデッキを探して採用しましょう。

 

ディメンジョン・ゲート

自然文明 呪文 コスト3

■S・トリガー

■自分の山札を見る。その中からクリーチャーを1体選んで相手に見せ、自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

 

クリーチャー専用のサーチカードですね。

クリスタルメモリーとは文明の違いとコストの違いがあるので容易に差別化が可能です。クリーチャーを扱うデッキでの採用が主となるでしょう。

 

一部のデッキで使われる可能性のあるカード。

種族デッキや、コンボデッキなどの、特定のデッキでのみ採用できるカードの紹介です。

 

クリムゾン・ワイバーン

効果は割愛。

「ターボバーレスク」のキーカードです。

ブロッカーを避けて、聖剣炎獣バーレスクでエクストラターンを続けることができるようになるため、相性の良いカードです。

通常のデッキでは「メガ・ブレード・ドラゴン」といった優秀なカードに負けてしまうでしょう。

 

凶戦士ブレイズ・クロー

割愛。

火文明の速攻デッキのお供ですね。

1コストで2ターン目に殴れるクリーチャーというのは今でも種類が少なく、その中でもデッキを選ばずに殴れるクリーチャーはこの子くらいです。

 

ゴースト・タッチ

闇文明 呪文 コスト2

■S・トリガー

■相手の手札を1枚選び、捨てさせる。

 

ハンデス主体のデッキでお呼びがかかりそうです。

同コストにクリーチャー版である「特攻人形ジェニー」が存在しますが、呪文かクリーチャーという違いが存在しますので、環境や自分のデッキ構成をみて選ぶとよいでしょう。

 

アクアガード、蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ

割愛。

どちらも癖のない1コストクリーチャーです。

進化元として優秀なので、種族デッキに採用されることがあります。

 

雷光の使徒ミール

割愛。

イニシエートには3コストでタップさせるクリーチャーがいないので、速攻デッキとなった今でも採用の余地があるクリーチャーですね。

 

ホーリー・スパーク

光文明 呪文 コスト6

■S・トリガー

■バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべてタップする。

 

上位互換が多数存在し、普通のデッキでは採用できなくなりましたが、「革命編」にて「神聖の精霊アルカ・キッド」が登場したため、専用デッキでの活躍が期待できます。

 

各種バニラクリーチャー

バニラビートというデッキタイプが誕生した現在、どんなバニラクリーチャーもバニラを参照するカードを入れているならば採用できる時代となりました。

特に、バニラ軸のリキッド・ピープルにて、5枚目以降の「アクア戦闘員 ゾロル」として活躍できる「アクア・ビークル」は特に活躍できるでしょう。

 

初期のカードでも、活躍できるカードがこれだけあるという事は、それだけ昔から現在まで丁寧にカードをデザインしているという事でしょう。

15周年も続く理由は、こういう点にあるのかもしれませんね。

 

まとめ

一日中、今回の記事を書いていましたが、

第一弾のカードでもまだまだ戦えるカードが残っているというのは素晴らしいですね。

これからも丁寧なカードデザインを続けていってほしいと、これからもデュエマプレイヤーとして居続けたい私はそう思いました。

 

 

以上!15周年おめでとうございます!!!!

ポフルでした!!!!