ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

ウラNICE -コストに対しての効果は決して悪くないカード

私の手相って子どもの頃から特殊だと言われてきたんですよね……。どこかにすごくよく当たる占い師とか……。

 

あ、ポフルです。こんにちは。

 

アニメ「デュエル・マスターズ」にて、新たなジョーカーズの存在が、結構前になりますが発覚しましたね。

その名も「ウラNICE」。

 

まだまだカードの層が薄いジョーカーズで、しかも「バイナラドア」以外の物が軒並み微妙に思えるS・トリガーです。

このカードは、バイナラドアに続く新たなトリガー呪文となり得るのか、さっそく見ていきましょう。

 

 カード効果

ウラNICE

無色 ジョーカーズ 呪文

コスト2

スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にSを与える

■カードを1枚引く。

S:バトルゾーンとマナゾーンにある自分のジョーカーズの合計枚数以下のコストを持つクリーチャーをすべて破壊する。

 

通常時は、1コスト重くなってS・トリガーの付いた「ガード・グリップ」といったスペック。そして、スーパー・S・トリガーによって、少し特殊な全体火力を放つという効果を持っています。

 

強さはどうなのか。

通常時の効果が1ドローのみというのは、やや物足りないスペック……かと思うのですが、エナジーライトが3マナで2ドロー。ホウエイルが4マナで3ドローであることを考えると、あながち馬鹿にできるスペックでもなさそうです。トリガーが付いている分、コストパフォーマンスは良好とも言えそうです。

ただし、自分のカードを増やせるカードではないという事には注意が必要です。

 

カードを1枚ドローするという事は、「キーカードを引くターン数を1ターン早める」という事に繋がります。

今のところジョーカーズは「手札にキーカードを集めてワンショットを狙う」という、コンボデッキ気味の構成がメジャーなタイプですので、このカードの有用性は高いでしょう。ただし、単なるドロースペルとして見た時は、1コスト軽く、デッキを4枚掘り進めることができる「ジョジョジョ・ジョーカーズ」や、条件次第で0コストの3枚ドローである「ゼロの裏技ニヤリー・ゲット」に劣ります。

 

とすれば、ニヤリーゲットとジョジョジョ・ジョーカーズとの差別化ができていればこのカードの採用理由が出てくるのですが、ここで重要になるのがスーパー・S・トリガーの存在でしょう。

 

ドロースペルとしての役割と、妨害札としての役割を同時にこなす事の有用性は、バッシュギヌスにて採用率されることのある「超魔導書グリモア第Ⅰ章」が証明しています。(実は私、こことは別のブログをやっていた時に、「序盤に手札と墓地を整えることができて、かつ防御札が少ないデッキにはまる」みたいなことを、やや自信なさげに書いていたのです。ピッタリ的中して驚きましたね)

 

超魔導書グリモア第Ⅰ章

水文明 呪文 コスト3

■スーパー・S・トリガー

■カードを2枚まで引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。

■S:バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

 

さて、ウラNICEの効果ですが、「マナゾーンとバトルゾーンのジョーカーズの数以下のコストを持つクリーチャーをすべて破壊する」というもの。

ひとまず、最近の「ビートジョッキー」や「ジョーカーズ」は3~5ターンの間に決着を付けに来るという事を想定しておくと、

 

相手の先行3ターン目に、「ウラNICE」が発動した場合、

王道の動きができているなら、マナゾーンにジョーカーズ2枚と、フィールドにヤッタレマン。つまり3コスト以下への火力。

 

先行3ターン目に、3コスト以上のクリーチャーで止めを刺すデッキなんて、「成長ドギバス」くらいしか知りません。ジョーカーズもビートジョッキーもコストの高いクリーチャー1体で先に攻撃し、3コストの以下のクリーチャー複数でとどめというパターンでのみ3ターンキルが達成できるため、ひとまずその場は防げますね。

シールド内に「バイナラドア」があればベストです。

 

それ以降のパターンでも、こちらの火力範囲はどんどん広がっていくため、相手がビッグマナでもない限りは基本的に通用する火力であると言えるでしょう。

そもそもビッグマナ相手なら、フィニッシャーでトリガーを封じてくる事が大多数ですので、逆に気にする必要は無いかと思います。

 

ニヤリーゲットやジョジョジョ・ジョーカーズではデッキを掘るカードがが足りない場合や、墳墓避けを気にする場合、もしくはトリガーが足りないと感じた時に、しっかり候補として上がるカードにはなっているのではないでしょうか。

 

既存のカードとの組み合わせなら、「パーリ騎士」との相性が良いでしょう。

序盤に唱えて墓地に置かれた自身をマナに引っ張ることができ、スーパー・S・トリガー発動時の火力範囲の底上げにつながります。

欠点。

この全体火力ですが、自身も巻き込んでしまうという欠点があります。

場に維持しておきたい「ヤッタレマン」との相性は微妙な所で、ヤッタレマンのコスト軽減による大量展開によって、「ウラNICE」の火力の底上げができますが、その分自分への被害も大きくなります。

中速に対してトリガーし、焼野原になったところで「ジョリー・ザ・ジョニー」のエクストラウィンを狙う……というのが理想の使い方かもしれませんね。

 

まとめ

ジョーカーズは真面目に使っていないのですが、とりあえず「ウラNICE」はなかなか馬鹿にできない能力であるという事は分かりました。

現在のジョーカーズに採用されるのかどうかは、恐らくプレイヤーの好みだったり、その時の環境次第だったりするのかもしれませんね。

 

以上。

実は「ウラNICE」の登場により、ジョーカーズの変態構築が出来上がってしまっています。ポフルでした。