ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

「異端流しオニカマス」の対策について考えよう。

 ミラダンテⅫ大好き、というか革命チェンジ大好きなポフルです。

 

デュエルマスターズ最新パック。「ジョーカーズ参上」が発売されてもう2カ月くらいでしょうか。みなさま元気に異端流しされているでしょうか。

 

「異端流しオニカマス」「洗脳センノー」「デスマッチ・ビートル」といったコスト踏み倒しメタサイクルが収録された事によって、「革命チェンジ」や「侵略」を主体としたデッキが全て消えるのではないかと危惧された時期もありましたが、現環境にて普通に残っているドギラゴン剣系統のデッキや、ミラダンテⅫ系統、レッドゾーン系統。

ドギラゴン剣やレッドゾーンはむしろ「自分がオニカマスを使えばいい」という極論に達したことにより、より強力なデッキタイプを手に入れるまでに至りました。

 

さて、そんなコスト踏み倒しメタのカードですが、この3枚のカードの内、「異端流しオニカマス」の採用率が異常に高いです。その理由については、戦った事のある人ならすぐにわかることなのですけれど。センノーとデスマッチがレアなのに対して、オニカマスはアンコモンという事を考えると、なんというか、異端な感じですよね。そのまま自分を流してしまえばいいのに。

 

さて、今回はそんなオニカマス君の事について、「なぜオニカマスの採用率が一番高いのか」を改めて記述した上で、「オニカマス対策として何をすればいいのか」について考えていきたいと思います。

 

 オニカマスの採用率が高い理由は?

まずは性能を見ていきましょう。

 

異端流しオニカマス

水文明 ムートピア

コスト2 パワー2000

■相手がクリーチャーを選ぶとき、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。

 

さて、赤文字でネタバレしてしまっておりますが、このクリーチャーの持つ通称アンタッチャブル能力が、他の2枚に無い利点ですね。

他の2枚の場合、軽量除去呪文等で突破されてしまうため、不安定な働きしかできなかったことが大きいかと思います。

 

また、ドギラゴン剣の場合は、もともと多色カードを多く使うデッキだったために、文明を追加しても特に気にならなかった点、レッドゾーンの場合は、レッドゾーンデッキの「相手が止めを刺すよりも早くシールドを割る」というコンセプトにぴったりのトリガー「終末の時計ザ・クロック」を採用できるという点が、文明を選ばない「洗脳センノー」よりも「異端流しオニカマス」が優先されたもう一つの理由でしょう。

また、ジョーカーズの切り札「ジョリー・ザ・ジョニー」のエクストラウィン対策にもなることも大きいでしょう。

 

本題 ーアンタッチャブルをどうすり抜けるか。

オニカマスが対処しにくい点は、アンタッチャブル持ちであることです。

このアンタッチャブルをすり抜けないことには対処は不可能と言っていいでしょう。上級者になればなるほどオニカマスで攻撃する事は無いので、殴り返しで対処するという方法は基本的に不可能です。

 

対策としては、

  • 全体除去に巻き込む。
  • 何かしらの方法で攻撃を強制して殴り返す。
  • 味方にアンタップキラーを付与する
  • タップして殴る。

 あたりが挙げられるでしょうか。

 

全体除去に巻き込む

 火の全体火力などがこれに当たるでしょう。

最近のカードでは「ハムカツ団の爆砕Go!」がアツいですね。

また、「テック団の波壊Go!」も一時しのぎとはいえ侮れません。

「希望の親衛隊ファンク」による全体パワー低下もなかなか良いですね。

手札に戻されることは回避できませんが、「族長の長 プチョヘンザ」のファイナル革命でどかすという戦法もありです。

 

幸いなことにオニカマスのパワーは2000と、大抵の全体火力に引っかかるパワーですので、一番現実的な対策方法かもしれませんね。

全体除去になると、コストの高さからどうしてもトリガー頼みになりがちですので、後手にまわることになることが欠点でしょうか。

 

何かしらの方法で攻撃を強制して殴り返す。

「強制突撃」のようなカードを使う事で対処可能です。

ただし、このようなカードは汎用性に欠ける点が問題点として挙げられます。

トリガービートのようなシールドを割られることで動くデッキにとってはいいのですが、そういったデッキはそもそもオニカマスよりも他のデッキを対策した方がいい気がします。

 

味方にアンタップキラーを付与する。

アンタップキラーを付与することはオニカマス以外のシステムクリーチャー対策にもつながるため、なかなか侮れない対策方法でしょう。

当然、アンタップキラーを持っているクリーチャーで殴るという方法もアリです。

 

タップして殴る。

「閃光の守護者ホーリー」がトリガーすれば一枚で解決ですね。重さが気になる人は、多少汎用性の低いカードになりますが「蒼天の守護者 ラ・ウラ・テラ」ですね。

「クイック・スパーク」もその軽さからオススメできます。

 

まとめ

色々と対策方法は思い浮かぶのですが、それらを自分の完成されたデッキに組み込むことができるかどうかが問題点ですね。

自分のデッキと相談して決めていきたいです。

 

以上。実は連続更新で疲れていますポフルでした。ちょこっと休もう。そうしよう。