ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

チャージャー呪文。自分のデッキに合ったチャージャーを探そう。-火・自然文明編

チャージャー呪文。自分のデッキに合ったチャージャーを探そう。-基礎知識と光文明編 - デュエルマスター見習いのデュエルマスターズ研究所

 

チャージャー呪文。自分のデッキに合ったチャージャーを探そう。-水・闇文明編 - デュエルマスター見習いのデュエルマスターズ研究所

 

 

 

上記シリーズの火・自然文明編です。ポフルです。

前回までの記事を見ていない方はぜひどうぞ。

 

火文明は、特に呪文に隔てているわけでもなく、呪文も強力なものはあるもののそこまで多いわけでもないく、自然文明は元々マナブーストが得意なデッキという事もあり、2文明とも少し不安な立ち位置ですが、冷静に見ていきましょう。

 

 

火文明

闇文明ほどではないですが、相手のカードに触ることが得意な文明らしく、除去しながらのマナブーストや、自分のクリーチャを強化しながらマナブーストするカードが多いです。

 

 勝負だ!チャージャー


勝負だ!チャージャー

 火文明 コスト3 呪文

■このターン、バトルゾーンにあるクリーチャー1体は、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。

■チャージャー


 

味方にアンタップキラーを与えるチャージャー呪文です。

空撃ちにならないようにするには1・2ターン目にクリーチャーを召喚しておく必要がありますが、マナブーストしながら序盤のシステムクリーチャーを殴りに行ける事は利点です。さりげなくオニカマス対策としても使えなくはないです。

「ライラ・ラッタ」なら、2ターン目に出てくるオニカマスや「一撃奪取」サイクル、一番隊サイクルなどを一方的に戦闘破壊することも可能です。

この効果でオニカマスを処理した返しの相手ターンで、相手がオニカマスを出し直さなければきれいに超次元呪文につなげることも可能です。

使用するのであれば、仮想敵や自身の戦術を考えて採用しましょう。

 

メテオ・チャージャー


メテオ・チャージャー

火文明 コスト3 呪文

■相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。

■チャージャー


 

ビートダウンにもってこいのチャージャー呪文ですね。

相手のデッキタイプによっては完全に腐りますが、厄介なブロッカーを処理しながらマナブーストし、自分は殴りにも行けるというのは優秀です。

ただし、火/自然の多色カードになると、1コスト軽くて同じ役割が持てるエールライフ(リンク先は、リア友に若干ヒかれたネタ記事です)が存在することは頭に入れておかなくてはなりません。

自然を一切採用しないデッキでのブロッカー対策兼マナブーストとしての採用が主となるでしょう。

 

ネクスト・チャージャー


ネクスト・チャージャー

火文明 コスト3 呪文

■自分の手札をすべて、自分の山札の一番下に置いてもよい。そうした場合、同じ枚数のカードを引く。

■チャージャー


 

手札交換ができるチャージャー呪文です。

デュエルマスターズというカードゲームでは、引き直し(マリガンと呼ばれる)が存在していないため、それを序盤で可能にするこのカードの存在はややありがたいです。

ただし、自分の手札のうち1枚を残して引き直しというような細かい調整は出来ません。自分の手札や場の状況を考えて引き直すかどうか考える必要があります。

また、この効果でデッキにもどしたカードは山札の一番下に行くため、工夫しないとそのデュエル中は使えないカードとなります。

山札からのコスト踏み倒しのためにデッキの中に大型クリーチャー戻す等、発想を変えて使うというのも良いでしょう。

初心者向けのわかりやすいカードに見えて、実は玄人好みのカードですね。

 

ボンバー・チャージャー


ボンバー・チャージャー

火文明 コスト4 呪文

■相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊する。

■チャージャー


 

パワー2000以下のクリーチャーを破壊しながらマナブーストを行う「クリムゾン・チャージャー」の上位互換です。

序盤に出てきたシステムクリーチャーを焼きながらマナブーストできるという点では、勝負だ!チャージャーと同じ役割です。

こちらの利点は、

  • クリーチャーが必要ない点。
  • ブロッカーに邪魔されない点。

が挙げられます。

逆に欠点として

  • コストが1重い。
  • アンタッチャブルを焼けない。

という点が挙げられるでしょう。

 

どちらも利点と欠点がはっきりしているため、自分のデッキにどんなカードが採用されているのか、どんなカードにつなげたいのかをしっかり考えて採用しましょう。

こちらはどちらかと言えばより重いカードを扱うデッキでの採用になるでしょうか。

 

コストが4であるため、自然文明と混ぜて「フェアリー・ライフ」のような2コストマナブースト呪文からつなげたいところですが、デッキの多色カードの数によってはより使いやすい「レインボー・ライフ」が存在することを念頭に入れておかなくてはなりません。

レインボー・ライフの詳しいことはこちらで軽く説明しております〔ダイマ〕

 

自然文明

元々マナブーストに長けた文明なので、より尖った性能であったり、汎用性の高い効果でもない限りは、他のマナブースト手段が優先されてしまいます。

 

メビウス・チャージャー


 メビウス・チャージャー

自然文明 コスト3 呪文

バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選び、自分のマナゾーンに置く。

■チャージャー


 

自分のクリーチャーをマナゾーンに置くチャージャー呪文であり、普通に使えば自分のクリーチャーを犠牲にした2マナブーストです。

その昔、「マリン・フラワー」から進化した「アストラル・リーフ」をメビウス・チャージャーの種にすることにより、手札を減らすことなく3マナで3マナブーストという超驚きのコンボが考案されたこともあります。

今ではアストラル・リーフが殿堂入りしたことにより、このコンボの安定性はなくなりましたが、「桜風妖精ステップル」を種にするというコンボを、某王国元店長が紹介しておりました。元々「シビレアシダケを種にすれば3マナブースト」というコンボも考えられておりました。それよりも1枚少ない手札消費で3マナブーストを実現した「桜風妖精ステップル」のポテンシャルはさすがと言うべきか、それともメビウスをさすがと言うべきか。

こうした、種にするクリーチャーとのコンボにより、2マナブースト以上のアドバンテージを獲得することができます。

工夫しなければ使いにくいカードですが、かなり尖った性能でコンボデッキ向きのカードです。いつかまた何かしらの環境デッキの必須カードとして扱われ始めても不思議でないポテンシャルを秘めております。

4ターン目に6コストにつなげることも悪くはありませんが、自然文明の場合は、2コストブースト→4コストブースト→6コストブーストという動きで4ターン目に6コストにつなげることが可能なので、やはり何かしらのコンボを狙いたいですね。

 

ライフプラン・チャージャー


ライフプラン・チャージャー

自然文明 コスト4 呪文

■自分の山札の上から5枚を見る。その中からクリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてももよい。その後、残りのカードを全て山札の一番下に戻す。

■チャージャー


 

こちらは尖った性能ではなく、汎用性が高いタイプのチャージャー呪文ですね。

「スペルブック・チャージャー」のクリーチャー版というべき存在です。

進化クリーチャーのサーチであれば確実性のある下記「クレスト・EVOチャージャー」に劣り勝ちですが、それ以外のクリーチャーをサーチする際にはかなり有用なカードでしょう。

コスト6のクリーチャーをサーチしてそのまま次のターンに召喚が綺麗な流れですね。

また、フェアリー・ライフからきれいにつながることも、このカードの評価すべき点でしょう。

 

クレスト・EVOチャージャー


クレスト・EVOチャージャー

自然文明 コスト4 呪文

■自分の山札を見る。その中から進化クリーチャーを1枚選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

■Evoチャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンにある自分の進化クリーチャー1体の下に重ねて置いてもよい


 

 

 進化クリーチャーをサーチするチャージャー呪文です。Evoチャージャーというのが特殊ですが、チャージャー効果に+して、進化クリーチャーの下にマナゾーンのクリーチャーを重ねることができるだけです。

主にメテオバーンの補助や、退化戦術で使われています。

 

既にクリーチャーが場に存在していれば、次のターンに即座に進化できます。

特に究極進化のような、デッキ構築の段階から安定性が必要となるデッキにおいては選択肢の一つに上がるでしょう。

どんなデッキにも入るわけでは無いですが、進化クリーチャーを主体とするならば覚えておきたいカードです。

なお、進化クリーチャーをサーチしたいだけなら2コスト軽く、チャージャーを持たない「エボリューション・エッグ」がいるため、こちらを使う場合はEvoチャージャーをうまく使う必要があるでしょう。

 

まとめ

火と自然のチャージャーを紹介してきました。

優良カードはいくつかあるものの、他のカードの存在がちらついてしまうところがやや不遇ですね。

デュエルマスターズの歴代主人公が揃いも揃って火/自然のデッキを使っていた事もあり、優秀なカードが多い文明であることが少し災いしているように思います。

上手い事住み分けさせたいですね。

 

次の記事が最後です。多色・無色編に続きます。ポフルでした。