ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

東大センセー ―強いか弱いか、答えはいつもあなたの中に。

 テストと聞くと、一番頑張っていた気がする中学生を思い出します。ポフルです。

 

 発売日が迫ってきました「マジでB・A・Dなラビリンス!!」ですが、そのパックに収録される新カード《東大センセー》の効果が、アニメで判明しましたね。

今回はその強さについて考えていきたいと思います。

 

 

基本スペック。

 


 

東大センセー

無色 ジョーカーズ

コスト4 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見て、そのうちの1枚を見せる。見せた1枚か見せなかった2枚のどちらかを相手に選ばせる。選ばれた方を自分の手札に加え、残りを墓地に置く。

 


 

 かなり変則的なものの、クリーチャーを出しながら手札補充と墓地肥やしを行うという点は、水文明と闇文明のいいとこ取りと言ったところでしょうか。

少なくとも1枚は確定でドローできるため、キャントリップ持ちのクリーチャーとしてはなかなか優秀なスペックと言えます。

キャントリップとして見た場合は、《ツタンカーメン》が存在するので、東大センセーとどちらを優先するかは、マナカーブや、この特徴的な能力を活かせるかどうかでしょう。

 

使い方としては。

基本的に、相手としてはカード2枚か1枚かという選択で、何も考えずに2枚を選ぶことは無いと言っていいでしょう。どうしても2枚のドローをしたい場合は、相手にとってどうしても手札に加えさせたくないカードを見せてあげると良いでしょう。

例えば、相手の場にクリーチャーが1体もいないようであれば、《ジョリー・ザ・ジョニー》のエクストラウィンは怖いですし、やや本末転倒気味ですが《ゼロの裏技 ニヤリー・ゲット》を見せることで事実上3枚ドローか2枚ドローかを選ばせるカードとなるため、ほぼ確実に2枚のカードを獲得できます。

また、ニヤリー・ゲットを2枚捲ることができれば確実にどちらか片方を手札に入れることも可能です。この「2枚捲った時に必ず1枚は手札に入れることができる」という点は他のカードにも応用可能です。

今のところ速攻デッキでありながらコンボデッキでもあるジョーカーズでは、キーカードの複数積みは珍しくないため、狙ったカードを手に入れる確率は思っているほど悪くなさそうです。

 

逆に、2枚のカードを墓地に置くカードとして使っても悪くないかもしれないですね。

前述の通り相手は基本的に1枚の方を選ぶので、よっぽど強いカードを見せない限りは2枚墓地を肥やすことができるでしょう。

今のところジョーカーズデッキで墓地を利用するカードは《パーリ騎士》くらいで、あまり恩恵が無いですが、今後に期待ですね。

 

ジョーカーズカード以外のカードとの組み合わせでは、《ゼロの裏技 ニヤリー・ゲット》以外にも《墓地の守護者 メガギョロン》との相性が良いです。

 

 

相手に《ゼロの裏技 ニヤリーゲット》を見せ、裏側にメガギョロンを忍ばせることができれば、次のターンにメガギョロンでニヤリー・ゲットを回収できるので、相手にとってはかなりの痛手ですね。

やや精神攻撃、ラフプレーですが、「実はさっきのセンセーの効果でメガギョロン加えてたんですよね」と言ってやれば相手はかなりのダメージになる……かもしれませんね。推奨はしませんが。

マナゾーンに置いておけば、上級者になればなるほど深読みのし過ぎでニヤリー・ゲットを手札に加える確率が増えそうです。

 

現在のジョーカーズデッキは速攻寄りですが、今後パワーカードが増えた際にはやや中速よりのデッキにして、パワーカードで固めてしまえば、いざ効果を発動した時に何を加えても十分な活躍ができるというカードになるでしょう。

そう考えると、今後のジョーカーズデッキの構築の幅を広げるカードだとも言えそうですね。

 

 

結局のところ、表側の1枚が選ばれやすいという事。

ここまで褒めちぎりましたが、結局のところ「色々と考えた結果、結局表向きのカードが手札に加わりやすい」という点が利点でもありますが、欠点にもなるでしょうか。

自分が手札に加えたいカードを相手に見せた場合、相手は「表側のカードを手札に加えさせたくないが、裏側のカードの中に同名カードが入っている可能性もある」という事を考える場合もあり、そうなると結局は表側のカードを手札に加えさせる可能性が高いです。

逆に自分の手札に加えたいカードを見せなかった場合、表側にするカードは厄介なカードにしておかないと、弱いカードだと手札に加えさせられます。そして、厄介なカードを表にしても、相手は上記の考えに陥った場合表のカードを手札に加えさせてくるでしょう。

 

とはいえ、3枚の中から1枚を選べるという事や、他のカードの組み合わせで様々なコンボが狙えるという点、そもそも4マナ3000でキャントリップという点でコストパフォーマンスに優れたカードだと言えるでしょう。

 

まとめ

なかなか複雑なカードで、上級者向けのカードに見えますが、工夫次第で様々なことができるため、初心者から上級者まで、さまざまな人におすすめしたいカードですね。

 

以上。勉強はそれなりに好き。ポフルでした。