ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《"破舞"チュリス》 -アニメでの出番は多いが……。

たまにはビートジョッキーの考察でも。ポフルです。

 

アニメにて、ボルツくんがよく使用しているクリーチャー《"破舞"チュリス》。

一気に2体召喚することで、ジョーくんを驚かせていました。

 

さて、見た感じではかなり淡泊なスペックで、レアリティもコモンであるこの子ですが、実際のゲームではどんな活躍ができるのでしょうか。

 

 

基本情報


 

"破舞"チュリス

火文明 ビートジョッキー

コスト4 パワー2000

■B・A・D 2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)

■スピードアタッカー

 


 

 コスト4のスピードアタッカーとしては、《ドープ"DBL"ボーダー》がすでに存在していますが、チュリスの良いところはB・A・Dによって2マナで召喚可能という点ですね。

 

他のカードとの差別化。

まず、この子の比較対象として挙げられるのは、2マナで条件付きのスピードアタッカーを持っている《ステップ・チュリス》でしょう。

 

 

 

 

ビートジョッキーデッキは3ターンキルが容易という点が注目されている点ですので、《ホップ・チュリス》と共に3ターンキルルートのお供になれる点は《ステップ・チュリス》の方が優秀です。破舞はB・A・Dによって次のターンの打点が減ってしまうので、やや力不足感があります。

とはいえ、ステップのかわりに破舞を使って3ターンキルというのも不可能ではありません。

1ターン目、ホップ召喚。

2ターン目、"破舞"チュリス召喚。破舞とホップで2ブレイク。破舞は破壊されます。

3ターン目、ダチッコ召喚→"罰怒"ブランド召喚。"罰怒"ブランドともう1体で3ブレイク→もう1体でとどめ。

 

一応、他のルートもありますが、ひとまず代表としてこれだけ。

ステップの方が応用が利くので、3ターンキルを目指すのであればステップの方が優先されるでしょう。そして、もっと3ターンキルに特化したデッキにしたいのであれば追加で破舞を何枚か追加する形が良いでしょうか。

 

とにかく、「コスト4のスピードアタッカー」として見るよりも、「コスト2で自壊するスピードアタッカー」として見た方がいいかもしれません。基本的にはステップに劣りますが、併用も悪くはないといったものでしょうか。

 

ビートジョッキ―として見ない場合。

ビートジョッキーとしてしか見ていませんでしたが、「単色で無条件の2コストスピードアタッカー」「コスト2で出せる、コスト4のスピードアタッカー」としてみると、かなり優秀なクリーチャーと言えそうです。

 

他の単色で2コストのスピードアタッカーは、どれも条件持ちです。

ジャンケンで勝った時や、デッキトップがドラゴンかヒューマノイドだった時のスピードアタッカー。また、マーシャルタッチという他のクリーチャーを犠牲にしたスピードアタッカーなどなど。

 

そんな中で、デッキ構成を偏らせる必要も、他のクリーチャーを事前に用意する必要も、ましてジャンケンで勝つ必要もないスピードアタッカーです。

 

個人的には、「成長ドギ剣」と呼ばれる、「コスト1のクリーチャーまたはコスト2のスピードアタッカーからコスト5のドラゴンに革命チェンジし、次のターンに《蒼き団長 ドギラゴン剣》に革命チェンジすることで素早い決着を可能とするデッキ」に採用できるのではないかと思っております。

 

革命チェンジを行う関係から、多色カードが多くなってしまい、テンポが崩れやすい印象のあるこのデッキですが、破舞は単色であり、革命チェンジ前提であればデメリットは無しのクリーチャーです。

今まで2コスト多色スピードアタッカーが入っていた枠の何枚かと交換することで、多色カードによるテンポロスを多少は回避できるのではないかと思っております。

 

もう一つ、革命チェンジが挙がるのであれば侵略も挙がるでしょう。

侵略元にコストを要求するタイプの侵略クリーチャーならば、破舞を使う事によって少し早く侵略することが可能です。今のところ破舞が対応しているのはコスト3以上のクリーチャーに侵略できる侵略クリーチャーでしょう。

 

《超音速 レッドゾーンNeo》に侵略することにより、自身の効果で《轟く侵略 レッドゾーン》のような、侵略元にコマンドを要求する強力な侵略クリーチャーにも侵略することが可能です。

 


 

超音速 レッドゾーンNeo

火文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト4 パワー5000

■進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。

■侵略―コスト3以上の火のクリーチャー

■このクリーチャーの、各ターン最初の攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップする。

 


 

ただし、侵略する場合に無視できないデメリットがB・A・Dによる自壊効果。

B・A・Dで召喚したクリーチャーは、進化したとしてもターンの終わりに破壊されます。よって、せっかく侵略したクリーチャーもそのまま破壊されてしまいます。

ここはやはり、破壊されない侵略クリーチャーや、破壊時に効果を発動するクリーチャーに侵略するのが良いでしょう。

前者であれば、Neo経由で《超轟速 マッハ55》。後者なら《超轟速 レッド・エンド》でしょう。とはいえ、効果を考えると前者の方が有用な気がしますね。

 


 

超轟速 マッハ55

火文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト4 パワー7000

■進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。

■侵略―火のコマンド

■W・ブレイカー

■相手のシールドが2つ以下なら、このクリーチャーは破壊されない。

 


 

 

まとめ

 ビートジョッキ―として使うと、ほかのクリーチャーに負けてしまいがちですが、単純に2コストスピードアタッカーとして工夫するとなかなかの実力なのではないでしょうか。

 

コモンなので楽に手に入るものかと思いますが、コモンだからと言ってぞんざいに扱う事はしないで、色々と考えてみたいですね。

 

以上。レッドゾーンデッキとの対戦が最近楽しくなってきたポフルでした。