ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《星光の旋律 ベルファーレ》 ―堅実に、堅実に。

デュエマ中は、できる限り手札を確保したいと思っています。ポフルです。

 

手札と言えば、シールドや場のクリーチャーに次ぐ生命線であると言える要素でしょう。手札が無ければ、チャンスをものにすることも難しく、ピンチを巻き返すことも難しい。そんなものでして。

 

当然、ビッグマナ系統のような「序盤はマナブーストに徹し、後半に重いカードで戦う」というようなデッキの場合、手札の数を気にせずともパワーカードで勝ってしまう事もあるのですが、手札があるにこしたことは無いですよね。

 

しかし、手札を増やすために《エナジー・ライト》のようなドロースペルを使ってしまうと、クリーチャーを展開する暇がなくなってしまうというジレンマがあります。

 

ああ、攻めながら手札を補充するなんていう都合のいいカードがどこかに転がってないかなー。

 

なって思っていたら!ありましたねぇ《星光の旋律 ベルファーレ》。

 

 

カード情報

 


 

星光の旋律 ベルファーレ

光/水文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団

コスト7 パワー7500

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■革命チェンジ:光または水のドラゴン(自分の光または水のドラゴンが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。

 


 

長所

革命チェンジによって、カードを補充しながら攻撃することが可能です。

他の革命チェンジ持ちクリーチャーが派手な能力を持っていることに対して、こちらはやや地味な効果に見えますが、単純に後続のクリーチャーを手札に呼び込みながら戦う事が可能ですので、万が一この子が破壊されたとしても、後続のクリーチャーで体制を整えることが可能です。

 

革命チェンジによって、自分のドラゴンの出た時に発動する効果を再利用しつつ、2枚のドローと、コンボカードとして見ても優秀ですね。地味な効果ですが、それ故に状況やデッキを選ばない堅実な戦い方ができるでしょう。

 

短所

やはり、他のカードのような派手な効果を持たないことが弱点と言えるでしょう。

この子と同じ革命チェンジの条件を持つクリーチャーとしては、

 

  • 相手のシールドに埋まっている呪文を唱えることができる《天革の騎皇士 ミラクルスター》
  • 相手2体をフリーズできる《大聖堂 ベルファーレ》
  • 呪文を大量に回収することにより、手札を2枚以上カードを補充できる《時の秘術師 ミラクルスター》
  • 癖は強いが、ターンを飛ばす能力を持つ《時の宮殿 ベルファーレ》

 

という、かなり面白いラインナップとなっております。

これらの効果とうまく住み分けしつつ、この子を採用する枠を探すというのはなかなか難しいところがあります。

 

当然、上手く使えばノーコストの2枚ドローという破格の性能であることには間違いないので、上手い事使っていきたいところです。

 

まとめ

とにかく他の革命チェンジ持ちと比べると、堅実さがよくも悪くも目立つクリーチャーです。

とにかく癖のない強さを持っているので、シンプルに殴りかつようなデッキで使いこなしたいですね。

 

以上。ベルファーレってかわいいなと思いますポフルでした。