ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デュエルマスターズ】《バレット・ザ・シルバー》 -ジョーカーズ唯一のカウンターカード

コロコロコミックの情報で記事を書く手が止まりません。ポフルです。

 

新パック「マジでB・A・Dなラビリンス」にて、新ジョーカーズである《バレット・ザ・シルバー》が出てきます。

イラストを見るに、《ジョリー・ザ・ジョニー》の愛馬なのでしょうね。きっと。

 

さて、この子の登場によってジョーカーズはどのような進化を遂げるのか、考察していきましょう。

 

 

カード情報

 


 

バレット・ザ・シルバー

無色 ジョーカーズ

コスト8 パワー8000

■相手のターンの終わりに、そのターン相手がクリーチャーを3体以上召喚していれば、このクリーチャーを手札からバトルゾーンに出してもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがジョーカーズ・クリーチャーならバトルゾーンに出す。それ以外なら、手札に加える。

 


 

カウンター能力

相手の行動に対して発動するジョーカーズは、S・トリガーを除けばこの子が初登場となります。

その条件は、「相手がクリーチャーを3体以上召喚する事」と、やや厳しいです。

 

相手がビートジョッキーのような、小型を並べる戦法でもない限り、1ターンに3体のクリーチャーを召喚することは難しいです。そのことを考えると、4枚フル投入するカードでは無いように思えます。

そして、太字で示した通り召喚でないと対応しないので、コスト踏み倒しによる大量展開にはもちろん対応していません。

 

現環境では、コスト踏み倒しで戦うデッキが蔓延しており、この子の能力を使う事はやや難しいと言えるでしょう。

 

とはいえ、ビートジョッキーやジョーカーズは、召喚による大量展開が得意なデッキです。前評判通りこの2つのデッキが環境に食い込んでくるのであれば、カウンター能力目当てでの採用も考えられますね。

 

 

見かけよりもコストは軽め

と、カウンター能力ばかりに目を向けてきましたが、元々無色であるジョーカーズは、《戦慄のプレリュード》によるコスト軽減が可能です。

単純に《戦慄のプレリュード》のみで出そうと思っても、6マナでの召喚が可能と、中々現実的なコストまで引き下げることも可能です。

 


 

戦慄のプレリュード

無色 コスト3 呪文

■このターン、次に召喚する自分の無色クリーチャーのコストを最大5少なくしてもよい。 

 


 

また、ジョーカーズとして考えるなら、《ヤッタレマン》によるコスト軽減や、《パーリ騎士》によるマナブーストで、召喚までのスピードは思っているよりも早くなりそうですね。

 

2枚程度刺しておけば、長期戦にもつれ込んだときの切り札として活躍できるかもしれません。

 

バルガ系列を彷彿させるコスト踏み倒し効果

さて、肝心のメインとなる能力ですが、デッキトップのジョーカーズを踏み倒すという物。

攻撃時だけでなく出た時にも発動するので、かなり便利です。

 

この能力の強さは、古くから派生カードや、能力が出続けた《紅神龍バルガゲイザー》が示す通りです。殴りながら新たなクリーチャーが出てくるのはシンプルにして強力。

 

ジョーカーズは今のところ小型のクリーチャーばかりなので、デッキ内すべてをジョーカーズにしても受ける恩恵は少なく思えますが、その分出た時の効果は手堅い効果ばかりで、どんな時でも腐り辛く、便利です。

この子を出すころにはできる限りフィニッシュまでもっていきたいところですが、《ツタンカーネン》で後続の確保や、《バッテン親父》で守りを固めるなどでも、十分な活躍であると言えるでしょう。

当然、2枚目の《バレット・ザ・シルバー》を出してさらに踏み倒して見たり、《ジョリー・ザ・ジョニー》から止めを刺しに行ったり、《バイナラドア》で妨害したりと、出すクリーチャーを自分で選べるわけではありませんが、戦い方は無限大です。

 

まとめ

ジョーカーズの「なんでもできる」という特性を活かし、やりたい放題できるカードと言えるでしょう。

ただし、踏み倒し効果がランダムの踏み倒しであることや、カウンター効果が相手にかなり依存することなどから、環境や戦況、相手のデッキタイプなどを見極めないと、単なる暴れ馬となってしまう恐れも含んでいます。

 

そのポテンシャルを引き出し、愛馬として従えることができるかどうかはプレイヤーのセンスが問われることとなるでしょう。

そうした意味では、ジョーカーズのスーパーレアにふさわしい性能ではないでしょうか。

 

 

以上。馬に乗ったことはちいさい時に一度だけ。ポフルでした。