ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

《"罰怒"ブランド》を用いたガチデッキ案。 ―自身のためのメモとして

ビートジョッキーの構築が定まりつつあります。ポフルです。

 

ビートジョッキ―の事については今まで散々語ってきましたが、今回色々考えた結果、ガチにも通用する速攻になっただろうと考え、ここに書いておこうと思った次第です。

 

ここで書いたデッキを使って大会に出てみて、それで何かしら思う事があればどんどん改良していき、大会優勝者レシピとしてネット上に挙げられる時は、このブログのデッキを参考にしたという事を語ってm……ゲフン。

 

なお、ビートジョッキーのカード情報は基本的に過去の記事にて紹介されております。

よってここでは基本的に省略します。

 

 

デッキレシピ

「拳を燃やす猿軍団(赤単ビートジョッキー)」

 

ホップ・チュリス 4枚

一番隊 チュチュリス 4枚

ダチッコ・チュリス 4枚

ナグナグ・チュリス 3枚

単騎連射マグナム 4枚

ドープ"DBL"ボーダー 3枚

ボワー汽艦 ゴリンゴリ 3枚

ガンザン戦車 スパイク7K 3枚

"罰怒"ブランド 4枚

"罰怒"ブランド Ltd. 4枚

ドドンガ轟キャノン 4枚

 

この構築で可能な3ターンキルルート

3ターンキルに特化した構築では無いですが、3ターンキルも可能な構築になっております。

ガンザン戦車ルート

 1ターン目。《ホップ・チュリス》召喚。

 2ターン目。《一番隊 チュチュリス》を召喚。

 3ターン目。1コストで《ダチッコ・チュリス》を召喚。

        2コストでダチッコを《ガンザン戦車 スパイク7K》にNEO進化。

 

ガンザン戦車でブレイク数を増加することで、3ターンキルのための打点が揃います。よって、全員殴ることで勝利できます。

 

"罰怒"ブランドルート

 2ターン目《一番隊 チュチュリス》を召喚。

 3ターン目《ダチッコ・チュリス》を召喚。

 B・A・Dも含めて《"罰怒"ブランド Ltd.》を1コストで召喚。

 マスターB・A・Dで《"罰怒"ブランド》を1コストで召喚。

 

これで打点が揃います。

 

3ターンキルに特化しなかった理由。

現環境では凶悪なS・トリガーが多いので、3ターンキルを行おうと思うと逆にS・トリガーを踏んでしまい、負ける可能性が出てきてしまいます。

よって、今回は《単騎連射マグナム》を3ターン目に出すことにより、4ターンで手堅く決着をつけるタイプのデッキにしました。

ただし、単騎連射が環境に挙がった場合は呪文のS・トリガーが増えることになるので、そうなった場合はいっそのこと3ターンキルに特化してもいいかもしれませんね。

その場合、《ボール"BOMB"ボマー》と《ステップ・チュリス》を入れて3つ目の3ターンキルルートを採用しても良し、《ラウド"NYZ"ノイジー》や《"罰怒"ブランド 1st》を採用して"罰怒"ブランドルートのダチッコのコスト軽減で出すクリーチャーの選択肢を増やしても良しです。

 

ちなみに4ターンキルを行う場合、《"罰怒"ブランド》ルートの場合、ダチッコでコスト軽減して出すクリーチャーをガンザン戦車に変えることも可能です。その場合はNEO進化しなくても良いです。なんてこった。

 

残りのカードの解説。

まだ出てきていないカードと言えば、《ナグナグ・チュリス》《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》《ドドンガ轟キャノン》ですね。

 

ナグナグ・チュリス

このデッキは、《制御の翼 オリオティス》に対してかなり弱いです。そのメタカードとして活躍が期待できます。ただし、最近の環境に出ているデッキにはあまり採用されていないカードですので、場合によっては別のカードに変えてもいいかもしれません。

 

ボワー汽艦 ゴリンゴリ

攻撃の終わりに手札を全て捨てることで3枚カードをドローします。

3ターンキルルートには1打点しか出せないことから参加できませんが、十分強力です。

3ターンキルや4ターンキルに失敗した時のリカバリーが可能です。

 

3ターンキルに特化したいのであれば、この子か上記のナグナグを《ラウド"NYZ"ノイジー》と入れ替えるのが良いでしょう。"罰怒"ブランドルートにて、ダチッコから出すクリーチャーにしてシールドから《"罰怒"ブランド》を引き込みましょう。ナグナグを入れ替えれば3ターンキルにさらに特化した構築へ、この子なら対応力をそのままにしながら3ターンキルルートの安定性とリカバリーをすることが可能です。私この記事書き終わったらナグナグとゴリンゴリ1枚ずつ交換しようそうしよう。ていうかノイジー入れた方がいいんじゃないか。

 

ドドンガ轟キャノン

このデッキにおいては、ジョーカーズ対策及びビートジョッキーミラー対策。そしてモルネクのドラグハート対策となります。

モルネクの対策としては微妙な所ですが、ミラーに対しては滅法強いです。

 

モルネクを見たいならば、多少の事故は覚悟しつつ《閃光の守護者 ホーリー》や《終末の時計 ザ・クロック》あたりをタッチするのが良いでしょうか。

別文明のカードをジョバンにマナに置いてしまうと、ガンザン戦車ルート以外の3ターンキルルートが壊滅することは承知しておきたいですね。4ターン目には問題なく出来ますが。

 

まとめ

 

ガチと謳っておきながらどうなるのかは未だ未知数ですが、ひとまず私はこんな感じでしばらく戦ってみようかと思います。

 

こうして並べてみると、速攻デッキにしては重いデッキな気がしてくるので、上手い事改良できると良いですね。

 

 

以上。ビートジョッキーはまだまだ奥が深いです。ポフルでした。