ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

《「世界をつなぐ柱」の天罰》 ―ついに出た水のロマン砲スーパー・S・トリガー

今回のパック。水文明のカードが地味ながら強い気がしますね。ポフルです。

 

前回のパック「ジョーカーズ参上」にて、各文明にスーパー・S・トリガーという、新たなS・トリガーが登場しました。その能力は、「シールドゾーンから手札に加わる時にコストを支払わずに使用し、その時自分のシールドが1枚もなければさらに特別なボーナスを得る」と言った能力でして、どれも派手な効果を持ったカードばかりでした。

しかし、なんというかいつも通りというか、水文明だけは、パッとしない印象のカードでしたね。

 


 

超魔導書グリモア第1章

水文明 コスト3 呪文

■スーパー・S・トリガー

■カードを2枚まで引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。

 S-バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

 


 

手堅い効果と、コンボデッキにぴったりはまる能力だったこともあり、「ジャスティスループ」や「バッシュギヌス」という、デッキを掘ってキーカードを引き出す役割を持つのと同時に、防御札としての役割も併せ持っていたこともあり、全6種類のスーパー・S・トリガーの中では一番活躍していたと言っても過言ではなかったのですが、水文明使いの皆さんは、「てめえら都合のいい時だけ水文明使いやがって」という心境だったのかもしれませんね。

 

そんな、水文明使いのニーズに応えるかのように、最新パック「マジでB・A・Dなラビリンス」にて、派手なスーパー・S・トリガーが誕生しました。

それが《「世界をつなぐ柱」の天罰》です。

 

 

カード情報

 


 

「世界をつなぐ柱」の天罰

水文明 コスト2 呪文

■スーパー・S・トリガー

■タップしていない自分のクリーチャーを1体、手札に戻す。その後、相手は自身のタップしていないクリーチャーを1体選び、手札に戻す。

 Sークリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。

 


 

 基本的な評価

 

スーパー・S・トリガーに目が行きがちですが、メインとなる両プレイヤーのクリーチャーをバウンスする能力にも注目しましょう。

自身のアンタップしているクリーチャーと相手のアンタップされているクリーチャーをバウンスする能力。ですが、

注目してもらいたいのは青文字にしたところ。

自分のクリーチャーをバウンスする能力の次に「その後」と書いてありますね。

 

「●●する。その後××する」という書き方の場合、「●●する」という能力が空撃ちに終わったとしても、「××する」という能力は適用可能というのが、デュエルマスターズというカードゲームの原則です。

すなわち、

自分フィールドにクリーチャーがいない、またはフィールドを離れない能力を持つクリーチャーがいる場合、ただ相手のクリーチャーを1体バウンスする呪文に早変わりするという事です。

《スパイラル・ゲート》と比べると見劣りしますが、そもそも《スパイラルゲート》のコスト設定がおかしいだけですし、《スパイラル・ゲート》は殿堂入りしていますので、2枚目以降の《スパイラル・ゲート》としての働きを期待できるでしょう。

バウンスする相手のクリーチャーは相手が選ぶのでどかしたいクリーチャーをどかしにくいという欠点はありますが、上手く使えば《異端流しオニカマス》を流すことができるという点は《スパイラル・ゲート》にない利点です。

 

また、自分のクリーチャーを手札に戻す効果も、登場時能力をもつクリーチャーとの相性が良く、基本的にはデメリットであるものの、工夫次第でさらにアドバンテージを稼ぐことの出来る効果になります。

 

自分のクリーチャーを手札に戻すS・トリガーには《ハイドロ・コミューン》や《レスキュー・タイム》など。2枚目以降の《スパイラル・ゲート》という目線なら《Rev.スパイラル》や《革命の水瓶》のように、選択肢はたくさんありますので、自分のデッキに合ったカードを使うべきでしょう。

積極的にクリーチャーをならべないデッキであれば、後半のスーパー・S・トリガー能力も含めて、このカードの強みが生きてくるかもしれません。

 

スーパー・S・トリガー能力

 

 やはり、このカード最大の特徴としてはこのリセット効果でしょう。

 

フィールド上すべてのカードを手札に戻すという、強力な能力が発動できます。

ただし、この効果を使ってしまうと、自分のクリーチャーも手札に戻ってしまうので、何かの工夫をしないと何もできずにそのままスピードアタッカーを出されて負けてしまう事もあります。

進化クリーチャーを使って不意打ち気味に殴りかかれるデッキや、光を混ぜて出た時にシールドを追加できる能力と組み合わせることで、粘り強く戦い続けることが可能です。

特に、天罰の効果で戻っていった《終末の時計 ザ・クロック》と、手札からシールドを追加する能力との相性はすさまじいものがあります。

 

単に攻撃してくる相手のクリーチャー全てを手札に戻したいのであれば、マナ武装7で相手クリーチャーのみを手札に戻す《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》が存在しているので、水で固めないデッキ、もしくは7マナ帯までマナを伸ばさない水デッキ、積極的にクリーチャーを展開しないデッキや、「ジャスティスループ」のような、自分のクリーチャーをバウンスすることに意味のあるデッキなどのデッキに採用するのが良いでしょう。

 

まとめ

自分のクリーチャーも一緒にバウンスするという能力がメリットにもデメリットにも働くので、何も考えずに入れるのはさすがに厳しいカードです。

デッキ構築の時点で、このデッキがどんなデッキなのかをしっかり把握し、その上でこのカードがぴったりはまるようなら採用する。という形になりそうですね。

 

 

以上。盤面リセットはロマンの塊。ポフルでした。