ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

ゼノゼミツ ―自然の新たな汎用S・トリガー

グランセクトでボロ負けしましたが、今日も私は元気です。ポフルです。

 

 そんな、グランセクトですが、恐らく全国のグランセクトつかいの方皆が待っていたS・トリガーが出てきました。

 

それがこちら。《ゼノゼミツ》となります。

 

この子がどんな能力なのか、解説していきましょう。

 

 

 

 カード情報

 


 

ゼノゼミツ

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー12000

■S・トリガー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーをこのクリーチャーをバトルさせる。

■このクリーチャーは攻撃できない。

 


 

 

 

 評価

まず注目したいのはそのパワーです。

攻撃できないデメリットがある代わりに、高いパワーを持つわけですが、12000という数値は、《ボントボ》や《ハイパー・マスティン》をはじめとした、パワー12000以上のクリーチャーを条件とした効果を受けることが可能です。


 

ボントボ

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがパワー12000以上のクリーチャーなら、自分の山札の上からもう一枚、マナゾーンに置く。

 



 

ハイパー・マスティン

自然文明 グランセクト

コスト10 パワー15000

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚を見る。その中からパワー12000以上の進化でないクリーチャーを好きな数バトルゾーンに出す。その後、残りを手札に加える。

■相手のパワー3000以下のクリーチャーは攻撃できない。

 


 

 

いままで、自然でパワー12000以上のS・トリガーは、条件付きの《金色目 ポラリス》くらいしかいなかったので、このクリーチャーの登場は革命と言えるでしょう。

ボントボの2マナブーストをサポートしながら、デッキの防御力を上げることが可能となります。

 

効果も、火文明の《ジェットセット・バイト》のように扱える効果で、今までマナ送りが主な除去手段だった自然文明にとって待望のS・トリガーと言えるでしょう。

もはや、自然版デーモンハンドと言っても差し支えないかもしれません。

 


 

ジェットセット・バイト

火文明 コスト7 呪文

S・トリガー

相手のパワー12000以下のクリーチャーを1体破壊する。

 


 

 

 

攻撃できないデメリットこそありますが、進化元として使ってしまえばいいでしょう。ハイパー・マスティンなどの、強力なNEOクリーチャーに進化させて殴りに行きましょう。

 

まとめ

総じて、グランセクトだけにとどまらず、自然文明デッキの新たな汎用S・トリガーとして活躍できるスペックであると言えるでしょう。

S・トリガーの選択に困っていた自然文明使いの皆さんもこれで安心ですね。

 

これがアンコモンですよ奥さん。前回のオニカマスといい、親切ですよね。

 

 以上。実は私自然文明が苦手。ポフルでした。