ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《アーク・ビエジェル》 ―(私的に)可愛い顔から繰り出されるいやらしい効果

最近。かわいいって何だろうとなかなか哲学チックな思考に陥るポフルです。

 

というわけで、今回のカードは《アーク・ビエジェル》です。

アメリカのお菓子みたいな色合いで、愛嬌のありそうなクリーチャーのように思えます。正直イラストは好みです。

 

そんなこの子。どのような効果になっているのか見ていきましょう。

 

 

カード情報

 


アーク・ビエジェル

光文明 メタリカ/スペシャルズ

コスト7 パワー9500

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEOクリーチャーとして扱う)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがタップしている時、相手のクリーチャーは相手のターンのはじめにアンタップしない。

■このクリーチャーがアンタップする時、相手は自身のクリーチャーを1体選び、アンタップする。

 


 

評価

《聖霊龍王 スタグネイト》のような効果ですね。

自身がタップ状態なら、相手のクリーチャーが自身のターンのはじめにアンタップしないという能力です。

ただし、自身がアンタップする時に、相手のクリーチャー1体も一緒にアンタップしてしまうデメリットのようなものも付いています。

 


聖霊龍王 スタグネイト

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン

コスト5 パワー10500

進化クリーチャー

■進化―自分の光のドラゴンの上に置く。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがタップしている時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーは相手のターンのはじめにアンタップされない。

 


 

一応、スタグネイトと比べた時、コストがビエジェルの方が重いですが、スタグネイトは進化しないといけないことと、光のドラゴンを進化元に要求していることから、ビエジェルの方が様々なデッキに採用できる可能性を秘めていると言えるでしょう。

 

さて、肝心の効果ですが、自身をタップしなくてはならないという条件は、自身がNEOクリーチャーである事からそこまで厳しいものでは無いですね。

相手をアンタップさせない効果も、一度決まれば強力に相手をコントロールしてくれるでしょう。光は元々相手をタップさせることが得意ですので、それらのカードと併用していければかなり心強いですね。

というより、後半のデメリットの存在から、相手のクリーチャーをすべてタップしたままにしておきたければ、タップさせる能力を持つカードとの組み合わせることが必須になりますね。

 

後半のデメリットのようなものについては、正直カバーしようと思えばいくらでもカバーできてしまうので、デッキ構築次第プレイング次第ですね。

相手のクリーチャーがアンタップするタイミングが基本的には自分のターンのはじめになるので、上記の通り相手クリーチャーをタップするカードがあれば簡単に回避可能です。

当然そういったカードが手札に無ければ、相手のクリーチャー1体が殴り返しに強くなってしまうので、このカードを使うのであれば、そのあたりを意識してデッキを構築する必要があるでしょう。

 

この子と同じNEOクリーチャーで、自身の攻撃時に相手のクリーチャーをタップする能力を持つ《奇石 タトイズ》や、《龍装者 ヴァルハ》との相性は良く、アンタップした相手のクリーチャーを恒久的にタップし続けることができます。

 


龍装者 ヴァルハ

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト6 パワー6000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。これがNEO進化クリーチャーなら、選んだクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。

 


 

また、さりげなく《龍装者 ヴァルハ》の元になっている《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》との相性もいいですね。

手札のコスト3以下のクリーチャー全てが相手のクリーチャーをタップするカードになるので、上手く併用すれば、盤面を完全に支配することが可能です。

 


支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン

コスト7 パワー7000

■ブロッカー

■このクリーチャーまたは自分のコスト3以下の光のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。ソノクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップされない。

■W・ブレイカー

 


 

攻撃時の効果であることや、手札が必要となる点が気になるのであれば、かなり懐かしいカードになりますが《霊光の化身》や、《守護聖天アーク・バイン》との相性が良いです。後者はビエジェル自身も攻撃する必要が無くなるので、特に相性がよさそうです。

前者は前者で、自然を採用することでビエジェルを出すスピードを高めることが可能になります。

 


霊光の化身

光/自然文明 ミステリー・トーテム

コスト4 パワー5000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーがタップされている間、自分の他のクリーチャーは「パワーアタッカー+1500」を得る。

■このクリーチャーで攻撃する代わりに、タップして次のT能力を使ってもよい。

 T-バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体タップする。

 


 


 守護聖天アーク・バイン

光文明 ガーディアン

コスト5 パワー5000

進化クリーチャー

■進化―自分のガーディアン1体の上に置く。

■バトルゾーンにある自分の光のクリーチャーをタップし、攻撃する変わりに次のT能力を使ってもよい。

 T-バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

 


 

このようにして相手のクリーチャーを永遠とタップし続け、相手のクリーチャーを永遠の眠りへといざなってあげることで、後は相手のライブラリアウトを待つなり、呪文のロックも合わせて完全なロックを目指して見るなり。とにかくいやらしいロックが完成しますね。

 

まとめ

コミカルな見た目と、デメリット持ちという点から、あまり注目されていなさそうに見えますが、実のところ専用のデッキで強力なロックを築くことができそうな、可能性に満ちたカードだと言えるでしょう。

自身を場に維持する方法など、色々課題はありそうですが、腕に覚えのある方は組んでみてはいかがでしょうか。

 

以上。

実は《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》が記事内に出てきた事でテンションがやや上がっています。ポフルでした。