ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マキャベリ・シュバルツ》 ―「弱いわけがない」という台詞を4回だけ言っていい。

ジョジョシリーズを私はしっかりと見ていないのですが、それでもそのネタを使いたくなるのは、汎用性の高さと人気、そしてなにより使いたいと思わせる技術なんですかね。

 

あ、ポフルです。

 

「マジでB・A・Dなラビリンス」が発売されてしばらくたって、すでに「ステキ!カンペキ!!ジョーデッキーBOX」が発売されているのにも関わらず、いまだにパックのカード記事を更新するのは、金欠によってジョーデッキーBOXを見送ることとなった私のささやかな抵抗です(自業自得)

 

さて、今回は《マキャベリ・シュバルツ》の紹介です。

スーパーレアに相応しい効果を持っているのか、楽しみですね。

 

と、続きを書く前にサブタイ回収。

 

お前はこれから、「弱いわけがない」という台詞を4回だけ言っていい。

 

 

カード情報

 

 


マキャベリ・シュバルツ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト6 パワー7000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の闇のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■W・ブレイカー

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

■このクリーチャーまたは自分の進化クリーチャーが破壊される時、かわりに自分の他のクリーチャーを1体破壊してもよい。

 


 

評価

NEOクリーチャーの攻撃時にハンデスを放ち、自身または進化クリーチャーが破壊されるときに、他のクリーチャーを身代わりにする効果を持ちますね。

 

ハンデスについてですが、そもそも攻撃しながらハンデスを放つという事は、相手のシールドをブレイクすることによって相手に与えるアドバンテージをゼロにすることができるという事です。ビートダウン戦術にはかなり嬉しい効果ですね。

この子の場合、ハンデス枚数が1枚でW・ブレイカーなので、相手のカード総数は1枚増えますが、同じくNEOクリーチャーでハンデスを放つ《脳除医ラベン》が隣に並んでいれば、1枚ブレイクで2ハンデスとなるので、相手のアドバンテージを完全に奪う事に成功します。

また、直接攻撃する瞬間まで手札に置いておく必要がある革命0トリガーへの対策にもなりますね。

 

弱いわけがない!

 

身代わり効果もなかなかのもので、自身の効果で相手の選択肢を減らした状態で、除去から守りたいフィニッシャーを守ることができるのはかなり嬉しいですね。

自分のターンに破壊された場合、ターン終了時に墓地からフィールドに帰ってくる《魔薬医 ヘモグロ》との相性は抜群です。また、墓地にバベルギヌスがあるならば《凶鬼34号 バッシュ》を破壊することで好きなクリーチャーを蘇生できるので、相手は破壊という方法でこの子に触ることができなくなるでしょう。

 

弱いわけがない!

 

コストが6というのも、様々なサポートを受けることができるコストでして。

《インフェルノ・サイン》《復活と激突の呪印》《凶器と狂気の墓場》などなど。様々な蘇生カードで蘇生が可能です。

マフィ・ギャングは墓地肥やしも得意なので、序盤に《マキャベリ・シュバルツ》を落としておき、後々これらの蘇生カードを使って蘇生させるという事も可能です。

 

弱いわけがない!

 

同パックで出てきたNEOクリーチャーとの相性も良好です。

《気高き魂 不動》は、自身の効果では対処できない破壊以外の除去から守ってくれます。《魔法特区 クジルマギカ》は、上記の蘇生呪文を唱えることができ、《グレート・グラスパー》はこの子をマナから引っ張りだすだけでなく、NEOクリーチャーをそろえて一気にハンデスする体制を作ることができます。

 

ハンデスという、シンプルながら強力な効果を連発することが可能です。それ故に、他のNEOクリーチャーとの連携も考えやすく、強力なカードになりますね。

 

弱いわけがない!!

 

まとめ

ハンデスという強い効果を持っているだけあって、欠点らしい欠点が見当たりませんね。

敢えて言うなら、ハンデスが強制で、マッドネスに弱いという点でしょうか。

それでも、スーパーレアに相応しい能力であることに変わりはないでしょう。

 

闇文明のスーパーレアにしては癖が足りないとは思いますけどね!!!

 

以上。彼女はこの子の台詞「話、聞こうか。…なるほど。即死だな。」という台詞を踏まえて可愛いと言ってました。ポフルでした。

 

解せぬ。