ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《策謀の支持者 スキッド》 ―ムートピアを組むなら覚えておきたいシステムクリーチャー。

ムートピアのマスターカードはどうなるのか、今から割と楽しみにしているポフルです。

ムートピアを使っているわけでは無いですが。

 

《I am》の登場により、やや活気の出てきているムートピア界。《I am》の効果については既に記事にしましたね。

 

www.dmasters-pohu.com

 

そんなムートピアにとって、元々のムートピアの戦術に合った効果を持つクリーチャーが登場しました。それが《策謀の支持者 スキッド》ですね。

 

今回は、この子について考察していきましょう。

 

 

 カード情報

 


策謀の支持者 スキッド

水文明 ムートピア

コスト3 パワー1000

■ブロッカー

■このクリーチャーは攻撃できない。

■各ターン、ムートピアがはじめて手札から捨てられた時、カードを1枚引く。

 


 

評価

「ジョーカーズ参上」時代のムートピアの戦術は、「手札を増やして、増やした手札を捨てて相手を翻弄する」という物でした。

《貝獣 ヒラーガ》や《神出鬼没 ピットデル》が代表的ですね。

 


貝獣 ヒラーガ

水文明 ムートピア

コスト2 パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、水のカードを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。

 


 

水文明がドローが得意な文明とはいえ、クリーチャーを展開しながら手札を捨てていれば、そのうち確実に手札切れを起こします。

《貝獣 ジミーシ》等、その欠点を解消するクリーチャーこそ存在していますが、それだけでは何とも言えません。

 


 貝獣 ジミーシ

水文明 ムートピア

コスト3 パワー1000

■自分のターンの終わりに、バトルゾーンに自分のムートピアがあれば、このクリーチャーを自分の墓地から手札に戻してもよい。

 


 

そうした中、登場したのがこのスキッドというクリーチャーですね。ムートピアを捨てれば1枚ドローという、シンプルにしてなかなか役に立つ能力です。

 

ただし、手放しで喜べる性能かといわれると微妙な所です。

システムクリーチャーというのは、軽ければ軽いほど仕事を多くこなすことができるクリーチャーなので、軽いに越したことは無いのですが、この子に関してはその軽さに全力を注いだ結果、パワーが1000と、火力やパワー低下に極端に弱く、ブロッカーという除去されやすい能力を持ってしまっております。

 

デッキによっては何もできずに除去されてしまうので、依存し過ぎるのは危険です。出したそのターンに、ムートピアを手札から捨てることができるよう、意識してデッキを構築、およびプレイするべきでしょう。

考えられるのは、マナの支払い無しでムートピアを墓地に送ることができる《神出鬼没 ピットデル》でしょう。手札の消費が激しいので、できれば他に《貝獣 ジミーシ》と併用する事や、手札にドロースペルを残しておくといった一工夫は必要ですね。

 


 神出鬼没 ピットデル

水文明 ムートピア

コスト4 パワー2000

■コストを支払う代わりに水のカード2枚を自分の手札から捨てて、このクリーチャーを召喚してもよい。

■ブロッカー

 


 

また、2ターン目に《一番隊 ザエッサ》を出してけば、3ターン目に2コストでこの子を出せるので、残った1マナで《貝獣 ヒラーガ》を出す事が可能です。

バウンスによって相手のテンポを奪いながら自分はクリーチャーを展開できるので、なかなかこころ強いコンボですね。同じことが《貝獣 ホーラン》でもできますが、あちらはただの1ドロー。こちらはブロッカーとしても使える事と、相手ターンにも能力を適用させることができるという点が差別点として挙げられるでしょう。

この相手ターンでも使えるという点については後述。

 

当然、ムートピアクリーチャー以外で手札からムートピアを捨てた場合にも有効で、《エマージェンシー・タイフーン》を2マナで3ドローしながら手札を1枚捨てるカードに早変わりさせる、《プラチナ・ワルスラS》のドロー能力をさらに強力にする等、従来の水のカードとの組み合わせも考えられますね。

 

除去されやすいとはいえ、除去が苦手なデッキもそれなりにありますので、そうしたデッキ相手なら、後述の点もあって、ムートピアの持久力を大幅に上げてくれるカードとなるでしょう。

ブロッカーであることも相まって、速度を重視し、妨害力を軽視した速攻デッキ相手には優位に立ちまわれそうです。

 

 

相手ターンにも使える点を考える。

 

スキッドのテキストには「各ターン」とあります。よって、相手のターンにムートピアが捨てられてもドローできるという事です。

 

これは、ハンデスデッキ相手にはややうれしい効果です。水文明とはいえ、自身の手札を捨てるという戦術を使う以上、ハンデスは厄介な相手でしたが、この子の効果のおかげで多少は相手のハンデスに対しての耐性が上がったと言えるでしょう。ハンデス対策という側面から見ると、この子の軽さはかなりのメリットですね。

 

また、《エマージェンシータイフーン》など、トリガーによって手札を捨てることでも発動します。

能動的に狙うのは難しいですが、同弾に収録されている《拘束の毒ジェリフィ》によって失った手札を取り戻すことができるという点も良いですね。

 

 

まとめ

全体的な評価として、除去されやすさのように明確な弱点はありますが、ムートピアの可能性を広げる良カードだと言えるでしょう。

その軽さを活かして、ムートピアの手札不足をうまく解消してあげたいですね。

 

 

この子なんかクラゲに似てるけど実際どうなんでしょう。ポフルでした。