ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

私のビートジョッキーから《ホップ・チュリス》《ステップ・チュリス》を抜いた理由。

超CSでのビートジョッキーのデッキ構築を見て驚愕しました。ポフルです。

 

みんな《ホップ・チュリス》と《ステップチュリス》(と《ボール BOMB ボマー》)採用してますね!!!!

 

 

この三種類+一番隊かホップチュリス、もしくは、ダチッコ+"罰怒"ブランドで3ターンキルが狙えることはもはや周知の事実なのですが、まさかここまでとは……。

 

残念ながら、ビートジョッキーデッキが優勝や準優勝を飾ることはありませんでしたが、大会の使用率を見て、「ジョーカーズ参上」時代、まだアメブロでブログを書いていたころからビートジョッキーを推していた自分としてはうれしい限りです。

 

だからこそ、今回この結果をみて、何故ホップステップコンビが採用されていたのかを考える必要があると感じた次第です。

 

 

 

そもそも何故そんなに驚いているのか。

ビートジョッキーといえば、とにかく何種類もの3ターンキルルートがある速攻デッキでして、従来の速攻デッキ以上に速攻に特化したようなデッキですよね。

そうなれば当然、デッキ構築も速攻に特化したものになるわけでして、2ターン目に2枚のシールドを割ることで、素早い勝利を実現する《ホップ・チュリス》《ステップ・チュリス》の2種類の採用はもはや必然ですね。

 

 

 

ただ、私がビートジョッキーを研究し、使い続けてきた結果、「そこまでして3ターンキルに拘る必要は無いのではないか」という結論に至ったわけです。

 

レッドゾーンがはじめて出てきた時代、《凶戦士ブレイズクロー》を採用し、3ターンキルを狙う赤単速攻が流行りました。

しかし、研究が進むにつれ、カードプールの変化もあったのでしょうが、「ブレイズクロー採用しなくてもコンスタントに勝てるデッキは組める」となったのか、現在のレッドゾーンはブレイズクローを採用しておらず、3ターンキルを狙う構築ではなくなっていますね。

 

3ターンキルを狙う場合、デッキの中身がどうしても軽いカードばかりになってしまい、長期戦になればなるほど自身が不利になっていきますし、最近ではスーパー・S・トリガーの存在もあってシールドのカードの強さが今までとは段違いです。

つまり、「変に素早く決着を付けようと思うと、手痛いしっぺ返しを食らってしまい、何もできなくなる」という危険性があるわけですね。

それを危惧した結果、3ターン目に《単騎連射 マグナム》を立てて相手のトリガーの一部を防いだうえで4ターンキルをかまそうと思ったわけです。

 

この考えの元4ターンキルをかまそうと思った場合、2ターン目に無理してシールドをブレイクしてトリガーを踏んでしまう事になれば本末転倒ですよね。だからこそ私はホップステップを抜く決断をしたわけです。

 

と、ここまで研究したうえで、(でも他のビートジョッキー使いの人たちも同じこと考えてそうだなあ)と思っていたわけです。

だからこそ、ホップステップコンビを採用している人が多くてびっくりしたわけですね。

 

ホップステップを採用していた理由について考察しよう。

 

改めてホップステップを使った速攻デッキを考えてみると、キルパターンの多さに驚きますね。

 

1ターン目と2ターン目にホップステップで2枚ブレイクすることは確定として、3ターン目にキルしようと思うと、

 

  • 《ダチッコ・チュリス》を出し、その上に《ランド覇車 ガンブルマン》を乗せて、2+1+1でシールド3枚割りつつトドメ。
  • 《ダチッコ・チュリス》or《一番隊チュチュリス》or《ホップ・チュリス》を出し、《ボール BOMB ボマー》を出し、2+1+1で3枚割りつつトドメ。
  • 《ダチッコ・チュリス》を出して、B・A・Dを発動した《魔刃戦車 ゴーディオ》または《"罰怒"ブランド》を出して、トドメ。

の3パターンが考えられますね。

つまりは「出したターンにW・ブレイクでき、コスト4以下で出せるクリーチャー」を、攻撃できるクリーチャーを減らすことなく出すことができればキルパターン達成です。

私が前回書いた記事では「3ターンキルは難しい」と書いていた《ランド覇車ガンブルマン》も3ターンキルに十分貢献できるようになりますね。追記する必要がありますね。

 

www.dmasters-pohu.com

 

ビートジョッキーであれば、ホップステップに頼らずとも3ターンキルをかますことは可能です。

そのあたりについては過去の記事も参考にしてほしいわけですが。

 

www.dmasters-pohu.com

 

つまり、初手でホップステップが揃わなくてもリカバリーは可能という事になりますね。

 

恐らく今回の超CSで使われたビートジョッキーの多くは、3ターンキルに思いっきり特化した超速攻デッキといった内容で、速攻に失敗した時は、トリガーお祈りとかガンザン戦車ドロー待ちといった、思いっきり振りきれたデッキになっていたのでしょう。

B・A・Dのデメリットによってディスアドバンテージの激しいビートジョッキーではそれも一つの形でしょう。

 

私のビートジョッキーの構築について。

 

www.dmasters-pohu.com

上の記事にて書いた通りなのですが、少し変えました。

《ギアード・エクストリーム》は強力ですが、《ラウド"NYZ"ノイジー》と合わせてシールドの減りが早すぎるので、《勇愛の天秤》に変更予定です。

また、ホップも抜いて"魔刃"戦車の増量と、《勇愛の天秤》も増量します。

 

勇愛の天秤にした理由として、私のデッキの主なキルパターンが

   3ターン目にマグナム→4ターン目にダチッコ→ノイジーまたは"魔刃"戦車→"罰怒"   ブランド

なので、2ターン目に手札を整える時間がが残されているわけですね。

よって、この動きを安定させるために、手札交換が可能な《勇愛の天秤》を採用したわけです。

それこそ、ミラーマッチになった時に、序盤のホップステップ攻撃によってトリガーできれば、火力によって相手のキルパターンを妨害することも可能です。

対応力をさらに上げてみた形になっていますね。

 

マグナムを出して殴ることができれば、ミラダンテデッキで一番怖い《ドラゴンズ・サイン》を回避することも可能です。ミラダンテをより意識したデッキというわけですね。

 

結局どっちの構築が正解か。

別にどっちが正解とも何とも言えません。

ホップステップ採用型は、その速さからS・トリガーを多く採用できないデッキに有効ですし、私のような不採用型は、その分メタカードを多く入れることができ、相手への対応力が高いです。

 

反面、ホップステップ採用型は、長期戦にもつれ込めばそのカードパワーの低さが災いし、不採用型は相手に速攻への対応期間を与えてしまいます。

 

結局はどちらも利点と欠点がはっきりしているわけですね。

 

どんなデッキにも言える事ですが、大会優勝レシピや、大会で使われている組み合わせが常にベストというわけではありません。常に環境を読んで、その環境に合ったカードの選択をしないといけないわけです。

大会で優勝しているレシピというのは、無条件で最強なわけでは無く、相対的に最強なのです。

 

とまあ、いろいろ真面目に書いてきましたが、最終的には自分の使いやすいように調整するのが一番ですよ!!

 

まとめ

正直最後の一言でまとめになっている気がしますが。

とにかく、私は今回ホップステップを抜いてそれの事についての利点を記事にしましたが、必ずしもそうするべきというわけでは無いです。

あくまで、こういう選択肢もあるという事を知っていただければというだけの話です。

 

ビートジョッキー愛好家の皆さんも、自分なりのビートジョッキーを見つけてほしいです。

 

以上。ゴーディオ君をもう少ししっかり考えたいポフルでした。