ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

《お目覚めメイ様》 CV.豊崎愛生で喋ってほしい。

豊崎愛生さんのベストアルバム「Love Your Best」の発売日が迫ってきた―!!!!!!買えねぇ!!!!!!!

 

あ、ポフルです。

 

最近、新章デュエル・マスターズのカードばかりを解説しているので、たまには別のカードでもと思いまして。

 

《お目覚めメイ様》といえば、「ファイナルメモリアルパック ~E1・E2・E3編」にて再録されたかわいらしいクリーチャーですね。

 

 

 カード情報


お目覚めメイ様

自然文明 ドリームメイト/ハンター

コスト1 パワー1000

■このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、バトルゾーンに自分のドリームメイトが7体以上あれば、自分はゲームに勝つ。そうでなければ、その攻撃を中止する。


 

評価

自然のコスト1のクリーチャーで攻撃は可能なのですが、自分のドリームメイトが7体居ないと攻撃が中止されてしまうというデメリットを持ったクリーチャーです。

7体居ればゲームに勝つというエクストラウィン能力も持っているので、基本的には相手に攻撃できるクリーチャーではないですね。

 

ドリームメイトは、火と自然の種族です。コスト踏み倒しもそこそこあり、大量展開も可能ですが、従来のドリームメイトはビートダウンが得意な種族です。この子のエクストラウィンを狙うのであれば、別の形のデッキを考える必要があるでしょう。

 

と、ここまでがこのクリーチャー単体で見た時の評価。

このクリーチャーの真価は革命チェンジとの相性にあります。

 

自然のコスト1のクリーチャーで、2ターン目に攻撃可能なクリーチャーには、《冒険妖精ポレゴン》と《スナイプ・モスキート》が挙げられるでしょう。

 

冒険妖精ポレゴンは、シールドをブレイクした時に手札に戻るため、殴り返しの効かない優秀なウィニーです。スナイプモスキートも優秀ですが、マナ回収が強制ですので、自分のマナが伸びにくいという欠点があります。

お目覚めメイ様の良いところは、この子単体では相手のシールドをブレイクできませんが、効果発動のタイミングから革命チェンジによって別のクリーチャーに変えてしまえば、このデメリットが機能しないというところでしょう。つまり、革命チェンジする分にはデメリットの存在を無視できるということです。

スナイプ・モスキート以上に革命チェンジ元として優秀なスペックと言えるでしょう。

 成長ドギバスのようなデッキで、ポレゴンだけでは1コストの革命チェンジ元が少ないと感じた時に何枚か入れてみたり、墳墓対策としてポレゴンと2枚ずつにしてみる等の選択が可能ですね。

 

 

何よりこの子。

可愛い。

 

寝起きの顔。内股。手に持っている抱き枕。

かわいい。

 

cv豊崎愛生「ふあぁ……。もう朝ですかぁ……」

 

かわいい

 

実際にアニメで出ていたのかどうかは私知りませんが。なんというか、本当に、豊崎ボイスで喋ってほしいと思う今日この頃です。

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

お前エールライフの時も同じような事言ってんな。

 

 以上。誰か豊崎さんのベストアルバム送りつけてください。ポフルでした。