ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《シディアン・ビーディス》 ―いろいろとちぐはぐな性能だった。

コスト踏み倒しもコスト軽減も何もしていないのに《オリオティス・ジャッジ》の被害を受けると、「不正とは」とつぶやいてしまうポフルです。

不正とは。

 

オリオティスジャッジは今になってみると、侵略が主力だったあの時期に良く出してきたなあと思いますね。

 

さて、「マジでB・A・Dなラビリンス」にて、オリオティスジャッジに似た性能のカードが出てきましたね。《シディアン・ビーティス》。

 

このカードがどんなものなのか、解説していきましょう。

 

 

カード情報


シディアン・ビーディス

光文明 コスト2 呪文

■相手のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストの大きい相手の進化でないクリーチャーをすべて、裏向きにして、それぞれ新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。


 

 

評価

 

似た性能と謳っておきながら、別物のカードとして扱った方が良い気がしてきましたよ……。

 

たったの2コストで複数のカードに触れることができることは利点ですね。

シールド送りというのも、回収が難しいという点は評価できます。

 

ただし、大問題点がありまして、

S・トリガーを持たないので、恐らく一番対策したい革命チェンジ相手には打つタイミングが少ない。

 

ドギラゴン剣相手の場合、出された時点でほぼ決着が付いていますね。

というかオリオティスジャッジもラフルルに止められるという悲しみ。

 

ミラダンテⅫであれば、積極的にワンショットを狙う構築ではない筈なので、多少は通用するでしょうか。

ミラクルストップされたらあきらめましょうね。

 

恐らく、ビッグマナ系統等、速度をそこまで意識しないデッキで《静寂の精霊龍 カーネル》と共に採用されている《百族の長 プチョヘンザ》あたりがこのカードの仮想的となり得るでしょうか。

この子を2コストで除去できるのはうれしいです。

 

環境に出ている踏み倒しクリーチャーたちは、どいつもこいつも「出してワンショットかます」みたいなカードが多いので、正直S・トリガーが付いていないこのカードでは、力不足と言わざるを得ないでしょう。

 

《ドレミ団の光魂Go!》でS・トリガーのように(どちらかと言えばS・バックか)使う事も出来ますが、素直に《オリオティス・ジャッジ》使いたいですよね。

 

自分のクリーチャーに影響がない事は《オリオティス・ジャッジ》に無い利点ですが、この呪文の場合はシールド送りなのでむしろ自分のクリーチャーも対象に取りたいところでした。

そうした場合、トリガークリーチャーを容易に再利用できてしまうので強すぎるかもですね。

 

色々とちぐはぐな性能でして、使うのは難しいカードだと思います。

使うなら、相手のシールドが増えることを利点として、刃鬼を使うデッキで採用したり、エクストラウィンを狙うデッキで採用するなど、よく考える必要があるかと思いますね。

 

まとめ

とにかくちぐはぐ。

少なくとも汎用性の高いカードとは言えませんし、相手のシールドを増やすことに意味を見出せなければ扱うのは難しいと思いますね。

 

以上。こっちの不正は本当に不正なので、万が一使われても納得できますね!ポフルでした。

不正とは。