ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

《ランド覇車 ガンブルマン》と《ナグナグ・チュリス》 ―どちらを優先する??

実は土曜日にデュエマフェスにビートジョッキーで参加して、見事3位だったっぽいポフルです。いや、なんか3位って実感ないですね。やっぱ優勝しなきゃ。

 

そのデュエマフェスがおわってから親友と、そのレッドゾーン系統に対してどう対抗していくかという話になったわけです。

 

今回はそんなお話です。

 

 

 

レッドゾーン系統の基本パターンは、「一撃奪取から4コストコマンドにつなげて侵略する」という物。

すなわち、「一撃奪取を処理して、獲得した1ターンの内に相手を攻め切る」というものがレッドゾーンの対策になると、2人で話していたわけです。

 

ビートジョッキーであれば、その「獲得した1ターンの内に攻め切る」というハードルは容易に達成できるでしょう。ただし、一撃奪取を破壊する手段はどうなのか。

 

私のデッキは、2ターン目の手札交換の意味もあって《勇愛の天秤》を採用しております。

 


勇愛の天秤

火文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■次のうちどちらか一つを選ぶ

 →手札を1枚捨てる。その後、カードを2枚引く。

 →相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊する。


 

 

この《勇愛の天秤》ならば、先行でも後攻でも、一撃奪取を焼くことが可能です。

それ以外に、《ナグナグ・チュリス》が入っています。

 


ナグナグ・チュリス

火文明 ビートジョッキー

コスト3 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。


 

この子なら、先行3ターン目に一撃奪取を殴る事が可能になるわけですね。

 

と、ここで気づく。

《ランド覇車 ガンブルマン》も一撃奪取焼けるよね。

 

 


ランド覇車 ガンブルマン

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー8000

■NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■これをNEO進化クリーチャーとして召喚することを選んだなら、コストを3少なくする。

■W・ブレイカー

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊する。


 

 

しかしここで冷静に。

ガンブルマンは確かにビートジョッキーの戦術である「速攻」にマッチしたクリーチャーです。殴りながら相手の一撃奪取対策になると考えれば、メタとしても優秀だと言えるでしょう。

 

しかし、ガンブルマンの火力は「攻撃する時」。

レッドゾーン系統のメタとしては優秀ですが、他のデッキ相手だと《制御の翼 オリオティス》を焼くことができないのがかなり痛手です。

 


制御の翼 オリオティス

光文明 ジャスティス・ウィング

コスト2 パワー2500

■ブロッカー

■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

■相手が、自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりもコストの大きいクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手はそのクリーチャーを自身の山札の一番下に置く。


 

 

この子、コスト軽減を連発するビートジョッキーにとっては悪夢のような存在です。

この子の対策を怠ることは、ビートジョッキーの強みが全て奪われるというリスクをほったらかしにするという事。

これはさすが無視できません。

 

ここで、今回の題。

ナグナグとガンブルマンのどちらを優先すべきでしょうか。

 

ガンブルマンの利点と欠点

利点としては、

  • 2打点をたたき出しながら、相手のシステムクリーチャーを焼けるという速攻性と奇襲性の高さ。
  • 自身のパワーが8000と、序盤に出せば止められにくい。
  • 他にタップされているクリーチャーがいれば、その子を殴ることも可能。

この3点でしょう。

欠点は、

  • 自分のフィールドにクリーチャーがいないと3ターン目に出せない。
  • 特に意識したいビートジョッキーの急所《制御の翼 オリオティス》を焼けない。

この2点ですね。

 

速攻で勝負を決めたいビートジョッキーにとって、攻撃しながら相手のクリーチャーを焼くことができるのはかなり相性が良いでしょう。

4ターンキルのためのお膳立てにもなるため、速度とメタ性能を両立したいならこちらを優先したいです。

 

ナグナグの利点と欠点

利点は、

  • 進化元がいなくてもコスト3で出せる。
  • 《制御の翼 オリオティス》への確実な解答となる。
  • 無理にシールドに殴らなくても良い。

の2点です。

欠点は

  • 召喚酔いする。
  • 打点が1打点。

の2点ですね。後者の欠点についてはガンブルマンと比べた時の欠点です。

 

1打点しか出せないというのは速攻のビートジョッキーとのかみ合わせは悪く感じますが、1枚出るだけで詰みかねないオリオティスを何とかできるという点は高評価です。

また、シールドに殴らなくても良いという点も、相手の場に強力なブロッカーがいる時など、攻撃すると不利になる盤面であっても気軽に使えるという利点にもなります。

ガンブルマンよりも速度は落ちますが、その分優秀なメタ性能を誇ると言っていいでしょう。

 

結論としてどちらを優先すべきか。

ビートジョッキーの「速攻」というコンセプトから、《ランド覇車 ガンブルマン》を優先すべきではと私は考えています。

特に《ホップ・チュリス》《ステップ・チュリス》のような2コスト以下のウィニーを、《一番隊 チュチュリス》《ダチッコ・チュリス》以外にも採用しているデッキであれば、なおさらです。

 

特に、焼きたいクリーチャーが場にいなくても、3ターン目に2打点をたたき出すクリーチャーとしてとらえれば、その強さがわかるでしょう。

ホップとステップで2枚ブレイクしてあれば、3ターン目にダチッコ→ガンブルマンで一斉攻撃すれば勝ちですし。

 

オリオティスに関しては、「全盛期のボルバルザークに当たる」「交通事故」「ゲームのタイムアタックで一番の障害となるランダム要素」くらいに構えておいた方が気が楽かもしれません。現環境において、《制御の翼 オリオティス》が入っているデッキよりも、《異端流し オニカマス》が入っているデッキの方が多い気がしますし。

 

だからと言って、ナグナグが弱いわけでも無いです。

環境が変わって、半分以上のトップデッキに《制御の翼 オリオティス》が採用されるようになったり、それ以外にビートジョッキーにとっての急所となるクリーチャーが現れた時には、確実性のあるナグナグを優先することになるかもしれませんね。

 

ただ、当初の「一撃奪取をどう対策するか」という点に絞って言うならば、

正直どっちでもいいと思うな!!!!

 

とはいえ、レッドゾーンよりも先に殴り勝つという点で考えればやはりガンブルマンですかね。

 

まとめ

ひとまず、「ガンブルマンを優先すべき」という結論が出ましたね。こうして冷静になって見てみると、ガンブルマンのカードパワーの高さを感じます。なんで過去の私の評価はあんな感じだったのでしょうか。やっぱりオリオティスですかね。

 

なお、私のデッキでは、ナグナグ×2 ガンブルマン×1という構築に収まりました。

……ナグナグ優先しとるやんけ!!!なんでや!!!!

 

だってナグナグは豊崎愛生さんが6番目に好きなクリーチャーだもん!!!!!!!!

 

 

以上。ポフルでした。