ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

デュエルマスターズ全国大会2017に向けて、各種族の構築を見直そう。

この記事で実は100記事目ですが、お休みのお知らせみたいなのを無効として考えるととまだ100記事に達していなかったりします。ポフルです。

 

デュエルマスターズ全国大会2017の情報が公開されましたね。

 

デュエル・マスターズ全国大会2017|デュエル・マスターズ

 ↑公式サイトです。

 

日程やらなんやらかんやらは公式サイト様の方を参照していただければと思いますが、今回はこの全国大会のカードプールについてのお話になりますね。

 

 

レギュレーションについて

今回のレギュレーションですが、「デュエル・マスターズ2017構築」になるそうですね。

つまり、2017/03/25以降に発売、配布されたパックやカード、もしくはそれらと同名のカードみでデッキを構築する必要があるということになります。

 

なお、2017/08/11発売のクロニクルレガシーデッキについているカードは対象外です。DMマークがついていないので。

 

この、限られたカードプールの中で、その環境の中で一番適応できると思えるデッキを構築する必要があるということになりますね。

 

現環境と比べて弱体化するデッキもある。

《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》を使えないジョーカーズはその筆頭ですね。

幸いなことに、《ヘルコプ太》のようなドローカードがしっかり存在している種族なので、構築次第ではまだまだ現役と言えそうです。当然、ニヤリーゲットには劣りますが。

 

逆に言えば、今まで活躍の機会がなかった《グランセクト》《ムートピア》《マフィ・ギャング》に関しては、現環境を支配しているデッキが大幅に減るのでその分入賞確立も上がります。

 

当然、種族デッキに捕らわれないオリジナルのデッキで入賞を狙う事も不可能ではありません。

デッキ構築能力の見せどころですね。

 

どの種族が強いだろうか。

 

ひとまずここでは種族デッキに絞って考えていきましょう。

 

ジョーカーズ

ニヤリーゲットは取り上げられたものの、《破界秘伝 ナッシング・ゼロ》や《超特Q ダンガンオー》による奇襲力、その他の優秀なクリーチャーによる展開力はそのままです。

安定性は少しなくなりますが、一撃の重さは残っており、最高速度も落ちたわけではありません。

序盤の一番隊への対応が基本的にトリガーのみになる点をどう補完していくかになりそうです。

 

ビートジョッキー

個人的優勝候補筆頭。

《ナグナグ・チュリス》や《ランド覇車ガンブルマン》によって相手の一番隊による展開を妨害しながら相手の身体を狙っていけるので、メタ性能と速度共に最も優秀かと。

速攻ミラーにおいても、《爆殺!覇悪怒楽苦》がありますね。

 

ただし、序盤から多少のコントロール性能があるムートピアとマフィ・ギャング相手だと、トリガー次第で逆転もあり得るので、圧倒的一強とは言えなさそうです。

 

メタリカ

序盤から守りに徹することは可能ですので、ビートジョッキーもジョーカーズもそこそこ得意ですが、もともと速攻で勝負を決めるデッキではないので、基本はトリガー頼みいなりそうな予感がします。

一撃の重さに重点を置いたジョーカーズ相手なら優位になりますが、物量で攻めてくるビートジョッキーに対してはどうなることか。

また、防御の要である攻撃曲げ能力持ちのクリーチャーやバーナインといった最重要カードがビートジョッキーの場合《ナグナグ・チュリス》や《ランド覇車ガンブルマン》で処理されてしまうというのが大問題です。その辺りを考慮に入れた構築で戦いたいところです。

 

翔天から大型を出して制圧するタイプよりも、トリガーマシマシにしてシールド追加能力だけで戦うメタリカの方が優位に立てそうな気がします。

 

ただし、一部のスーパー・S・トリガーを《正義の煌き オーリリア》で回避できる点は優秀。ごく一部のみですが。

 

マフィ・ギャング

今回の限定構築において、速攻デッキの勝ち筋は「クリーチャーを横に並べて一斉攻撃する」というもの。

唯一手札に干渉できるマフィ・ギャングの暗躍には期待できそうですね。

ただし、速度はそこまで得意ではなく、動き自体もそこまで速いわけではありません。

ハンデスカードも多いわけでは無いので、トリガーの選択には気を使いたいですね。

 

速さを求めるなら、《凶鬼06号 ギーコギルス》で戦っても良いんですよ??

 

ムートピア

個人的大穴。

相手の一番隊を《貝獣 ヒラーガ》や《刃の御家人 タチ・ウオー》で崩したり、できた隙を見てキャントリップ付きクリーチャーを大量展開して《I am》の召喚を狙うなど、対応力と爆発力はなかなかのもの。

相手のデッキタイプや行動を読んでいくようなプレイは必要なので難易度は高めですが、比較的バランスの良さが目立ちますね。

 ムートピアカードではありませんが、優秀なS・トリガーである《終末の時計 ザ・クロック》を無理なく扱える点も大きいですね。

 

《I am》のワールドブレイカーが決まれば、仮にスーパー・S・トリガーを踏もうとも盾のクロック次第で逆転可能と、どんな相手にもトリガー頼みの状況までには引っ張れる点が魅力です。《単騎連射 マグナム》のようなトリガー獣対策のカードがない事や、トップメタとなり得るビートジョッキーに、《I am》の対策となるブロッカーがいない事も追い風です。

ただし、ビートジョッキー以外の場合は防御札がそこそこあるので、得意のバウンスでどかせるような構築になるように意識はしておきたいですね。

 

クジルマギカに関しては優秀なのですが、唱えたい呪文が《狂気と凶器の墓場》くらいなんですよね。どうなることやら。速攻デッキが怖いことからコンボ色の強いデッキはオススメできませんよ。

グランセクト

実力未知数。

《ハイパー・マスティン》などの重いクリーチャーを主力にするよりは、軽めのT・ブレイカークリーチャーを主力としたデッキ構築になりそうでしょうか。

あまりに戦い方が一直線過ぎて逆に読めません。

少なくとも言える事は、

グランセクトで優勝した場合は勇者にジョブチェンジできる。

という事ですかね。

 

《グレート・グラスパー》や《ハイパー・マスティン》などの大型クリーチャーを展開できれば後は何とでもなるので、そういう意味では強いデッキです。限られたカードプールの中でいかにマナを伸ばせるかというデッキ構築の腕が問われるデッキになりそうです。

 

比較的使われそうなカード

スーパー・S・トリガー各種

ビートジョッキーお馴染みの火文明スーパー・S・トリガーについてはビートジョッキ―に積まれることでしょう。

他のカードとしては、

  • ジョーカーズにとってのクロックとなり得る《タイム・ストップン》
  • ニヤリーゲット不在の穴を少し埋める事ができるか《ウラNICE》
  • クロックと共に逆転のチャンスを構築する《「世界をつなぐ柱」の天罰》
  • デモハンやデスハンズとは相談《冥王の牙》
  • 全体除去によるワンチャンスを構築する《闇夜の番人》
  • 防御の要《ノヴァルティ・アメイズ》
  • グランセクト勇者の剣《コクーン・マニューバ》
  • グランセクト勇者の相棒《ハイエスタ・デパーチャー》

 

あたりが警戒したいスーパー・S・トリガーでしょうか。

 

終末の時計 クロック

水文明のカードですが、青タッチで投入される可能性もあります。

このトリガーの投げ合いになるのかそうでもないのか。

特にムートピアは優先して入れることができそうなトリガーになりそうです。

 

ランド覇車ガンブルマン

この子の他にも、一番隊サイクルを早期に潰す事ができるクリーチャーは怖いですね。

特にこの子をピックアップしたわけは、シールドを一気に2枚持っていきながら一番隊を焼いてくるためであり、とにかく注意したい筆頭です。

そしてこの子対策のために、序盤の2コストクリーチャーを焼くことができる2コスト~3コストカードが採用されるかと。それらのカードを採用すれば相手の一番隊対策に繋がりますし。

 

そして、ビートジョッキーミラーでガンブルマンの進化元が焼かれないように、《ゼンマイ・チュリス》が採用されると。もしくは一番隊に頼らずホップステップと。ポフルかしこい。

 

というかそんなこと考えなくても3ターン目ダチッコからこの子で出せるっていうね。

 

その他トリガー

この辺りは個人の好き好きになってきますが、今回のレギュレーションではトリガーカードがかなり強いです。

革命編にて登場した3大S・トリガー獣の内ホーリーを除いた2体がいたり、シュトルムやらスパークやら。

 

もしかしたら一番の大穴枠は、メタリカ主体のトリガービートなのではないかと、少し震えています。

 

そして今回のレギュレーションにおいてシールドトリガーを不発にできるのは《瞬風の使徒サグラダ・ファミリア》と《古代楽園モアイランド》のみ。

トリガーが重要なウェイトを示そうだという予想は間違っていなさそうです。

というか本当にトリガービート優勝するのではないか。

 

……そ、そんなことは無いか。HAHAHAHAHA

 

まとめ

全国大会のカードプールでは、正直な所ビートジョッキーとトリガーが優秀なウェイトを占めていますね。

以上の事を踏まえて、大会に参加する方はデッキを見直して臨みたいですね。

 

使用可能カードの確認は怠らないようにッ

 

以上、この事を踏まえてビートジョッキーをいったん組み直そうか悩んでいるポフルでした。

マグナム使えないのか。