ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《死手医 リンパ》 ―実用性は置いといて、文明ごとの特徴が薄くなりつつあるこの時代。

あなたは何文明?ポフルです。

私は光文明!!!!

 

今回は、マフィ・ギャングの《死手医 リンパ》を紹介しましょう。

 

ところで最近のどに何かが溜まっているかんがあるのですが、なんですかねこれ。

 

 

 カード情報

 


死手医 リンパ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト1 パワー2000

■ブロッカー

■このクリーチャーは攻撃できない。


 

評価

なんのへったくれもない、コスト1パワー2000のブロッカーです。

 

ブロッカーの基礎スペック的なものになっているので、良く言えば扱いやすい。悪く言えば特徴がないというカードですね。

闇文明で使いやすいブロッカーというのはやや珍しいので、初心者で闇文明が好きならとりあえず触らせてみたいですね。

 

 

ちなみに、同じ闇文明のブロッカーには、攻撃できる代わりに自壊するデメリットがある《ねじれる者 ボーンスライム》、バトルに勝っても破壊される代わりに、墓地肥やし効果と高パワーをもつ《埋葬の守護者 ドルルン》がいます。

どれも一長一短といったところです。デッキに合わせて採用したいところですね。

 

 

 

文明の特徴が消えている事件。

 

さて、初期のデュエルマスターズでは、文明ごとの特徴の一つとしてブロッカーの優劣があったのですが、この子のスペックを見ていると……というより、今回のパックを見ているとその辺りがどんどんなくなってきていますね。

ブロッカー能力が存在しているのは、光、水、闇文明なのですが、それぞれの特徴として、

 

  • 光文明は、相手プレイヤーには攻撃できないものの、クリーチャーには問題なく攻撃できる者が多い。また、大型のブロッカーや、攻撃できて打点も高いブロッカー等、使いやすいものや強力なものが豊富。
  • 水文明は、攻撃は一切できないか、パワーが低くなる代わりに攻撃できるものが多いです。
  • 闇文明は、攻撃できないものが多く、デメリットを持つ者も多いが、その分強力なパワーを持っていることがあり、時に光文明に勝る者がいる。淡泊なブロッカーは上2文明よりもパワーが低い。

 

となっていました。

今回のリンパ君にはその特徴がなく、過去の水文明の特徴と一致するスペックになっていますね。

こうしたクリーチャーは過去にもいないわけではありませんでしたが、1コストでこのスペックの物が出てきたのは意外でした。

 

光文明からブロッカーが減って、代わりに攻撃曲げ効果が増えた事から、クリーチャー世界も少しずつ変化が訪れているという事でしょうか。

 

 

まとめ

何が言いたいのかって、だんだん文明間の格差が無くなっている気がしているって話なんです。

とはいえ、そう目立つほど特徴が無くなったってわけでもないので、とりあえずは今後の展開に期待と言える感じかと思いますね。

 

この子については、その軽さからNEOクリーチャーの進化元とかにしたらいいと思います。

 

 

以上。なお、この子を見た彼女の感想としては「この子なんか『おれカッコいいでしょ』って言ってる感じが嫌い」だそうです。ポフルでした。