ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ハイエイタス・デパーチャ》 ―マナブーストと除去をこなすカードは強力だが。

 

以上。ポフルです。

 

《ハイエスタス・デパーチャ》があと1枚欲しいですね。

3コストのブーストカードなのですが、これはなかなかの汎用性かと思ってます。

 

そう思った理由とかもろもろを今回の記事で紹介していきましょう。

 

 

カード情報

 


ハイエイタス・デパーチャ

自然文明 コスト3 呪文

■スーパー・S・トリガー

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

S-パワー5000以下のクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。


 

評価

序盤のマナブーストカードというのは、終盤になるにつれてその役割を失っていきます。とはいえ、マナブーストカードというのは序盤に必ず引きたいタイプのカードですので、4枚積みも考えられるくらいには積まれることも多いカードです。

マナブーストカードは、積めば積むほど終盤のドローの質が悪くなり、積まなければそもそも序盤の準備が安定しなくなるというジレンマがある、シンプルながら難しいカードなのです。

 

この《ハイエイタス・デパーチャ》を積んだ場合、終盤のドローの質は変わりませんが、シールドがやや強くなるという利点がありますね。

3マナで1ブーストと《フェアリー・ライフ》には劣るものの、デッキ全体を見た時に速攻などに強くしつつマナブースト手段も減らしたくないという時に考慮に入るスペックになっていますね。

 

《フェアリー・ライフ》との差別化を図るのであれば、序盤に2コストで《未来設計図》等のカードを打てるようにする等、2コストでやれることを増やしておきたいですね。踏み倒しメタである《デスマッチ・ビートル》のようになるべく序盤に建立てておきたい2コストクリーチャーを採用しているなら候補に入るかと思いますね。そして、この呪文から5コストのカードにつなげたいところです。

 

2→3→5とつなげていけるようなデッキ構築を心がけたいですね。

 

《フェアリー・トラップ》との差別化


フェアリー・トラップ

自然文明 コスト3 呪文

■S・トリガー

■自分の山札の上から1枚目を表向きにし、その後、いずれかひとつを選ぶ。

→表向きにしたカードを自分のマナゾーンに置く。

→表向きにしたカードよりもコストが小さい相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

トリガー。マナブースト。相手の妨害。

三拍子そろった3コストの呪文としては他に《フェアリー・トラップ》がありますね。《フェアリー・ライフ》との差別化よりもこちらとの差別化を意識した方が良いでしょう。

あちらは表向きにしたカードに依存するものの、重いカードを大量に採用したデッキであれば除去範囲はハイエイタスよりも広いですね。

 

このカードとの差別点として、

  • トラップは除去とマナブーストのどちらかしか使えない。
  • ハイエイタスは全体除去になる。

の2点でしょうか。

 

劣っている点も書いておきましょう。

  • 妨害できるのはスーパーボーナス発生時のみ。
  • パワーの高い相手には効果がない。

この2点になりますね。

 

速攻相手であればハイエイタスの方が優位でしょう。

複数除去という事もそうですが、序盤に散らばせておいた自分のウィニーがマナに送られるので、相手の攻めが早くても大型クリーチャーにつなげることができる可能性はトラップよりも高いです。3→5の流れを確実にするためという理由で、同じコストでマナブーストができる《青銅の鎧》のようなクリーチャーを一緒に採用しておけば、いざスーパーボーナスが発生した時に自分のマナを増やす事も可能です。

 

高コストのクリーチャーでビートダウンしてくる相手であれば、トラップの方が優位ですね。とはいえ、そういった相手は大抵コスト踏み倒しが主であったり、同じく重いクリーチャーを出すための準備期間が必要なデッキになるので、前者であれば《デスマッチ・ビートル》や《獣軍隊 ヤドック》が対策となり、後者はこちらも準備が整っているであろう時期に動き出すデッキになります。

 

前者の対策ができており、後者のようなデッキにマナブーストの速度で負けないようなデッキになっているのであれば、速攻に弱いという穴を塞ぐためにこちらを採用することも十分に考えられますね。

 

当然デッキ内容次第にはなりますが、上記の事を参考にしてもらえれば、自分のデッキに合ったカードがどちらになるのかが見えてくるかと思います。

 

当然。併用も良いと思います。

 

参考までに、私はどれだけデッキの中身を重くしても表向きにするのが中途半端なコストになるのでハイエイタスにしています。

そういう割り切りも必要だと思います。はい。

 

 

まとめ

3コストのブーストカードとしては、終盤に手札で腐りやすいことは変わらないものの、積めば速攻対策のS・トリガー枠として活躍できるという、他のカードにありそうでなかった性能をしています。

 

不安定さに不安はありますが、上手く居場所を見つけてあげたいですね。

 

 

以上。イラストがすごく平和に見えてほっこり。ポフルでした。