ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ハイパー・マスティン》 ―ごり押しを極めるのです。

グランセクトが大好き。ポフルです。

 

私、《ハイパー・マスティン》の記事を書き直そうと思って今回書き直しも含めて書こうと思ったのですが、《ハイパー・マスティン》専用の記事は作っていなかったのですね。

 

リアルでサンシャイン池崎風に「マァースティンッ!」とか言っている身としてはしっかり考察していきたいですね。

 

という事で今回は、自分の中のサンシャイン池崎をどこかに追いやりながら《ハイパー・マスティン》の魅力をしっかり紹介していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


ハイパー・マスティン

自然文明 グランセクト

コスト10 パワー15000

■NEO進化:自分の自然のクリーチャーの上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚を見る。その中からパワー12000以上の進化でないクリーチャーを好きな数選び、バトルゾーンに出す。その後、残りを手札に加える。

■相手のパワー3000以下のクリーチャーは攻撃できない。


 

評価

でっかいコストとでっかいパワー持ってる系昆虫ですね。

それだけにとどまらず、攻撃時に最大3枚の大型を踏み倒す効果と、相手のウィニーの攻撃を規制する効果を持っています。

 

強力な踏み倒し効果

マスティンの魅力である踏み倒し効果ですが、言うまでもなく強力です。

出せるクリーチャーはパワー12000以上という事でほとんどのクリーチャーがT・ブレイカー持ちと、まさにごり押しといった戦術が可能な効果ですね。

 

また、ハイパー・マスティンで自然のパワー12000以上のクリーチャー1体と、もう一枚の《ハイパー・マスティン》を引くことができれば、先にパワー12000以上のクリーチャーを出して、その上にマスティンを重ねてやることにより、波状攻撃も可能となっております。

 

当然、他のNEOクリーチャーとの相性も良いです。《グレート・グラスパー》や《メガロ・カミキュロス》でさらに殴り手を増やす事も可能になります。

 


グレート・グラスパー

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー14000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、それよりパワーが小さいクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。



 メガロ・カミキュロス

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー12000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自然のパワー12000以上の進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


 

 

特に《メガロ・カミキュロス》との相性は良く、《メガロ・カミキュロス》がマスティンを踏み倒しする事ができますね。

《メガロ・カミキュロス》が8マナのクリーチャーなので、今まで10マナ溜めて召喚していたこの子を、8マナで踏み倒す事ができるようになりました。

チェインレックスとの相性が注目されている《グレート・グラスパー》とマスティンの相性は決して悪くはないのですが、マスティンを使うならグラスパーに軍配が上がりそうですね。

 

マスティンの効果で踏み倒せなかったカードも手札に加える事ができるので、万が一突破された際の保険にもなりますね。

 

踏み倒し先の文明に指定がない事も強みです。

その気になれば《完全不明》のような他文明のフィニッシャーを採用することも可能です。

最近は自然にも《古代楽園モアイランド》という強力なフィニッシャーが登場したので、相手の行動を封じるために他の文明を入れるのは稀になりそうですが。

 


古代楽園モアイランド

自然文明 グランセクト/スペシャルズ

コスト10 パワー18000

■Q・ブレイカー

■相手は呪文を唱えたりフィールドを展開できない。

■このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを3つまで選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

 

マスティンの効果の唯一の欠点は、デッキの上から3枚を見る事と、出さなかったクリーチャーを手札に加える効果が強制になっていることです。

《自然星人》などで大量のマナブーストを行っている場合、山札がかなり少なくなっていることもあり得るので、あまり調子に乗っているとそのままライブラリアウトでゲームエンドです。

私が今までグランセクトを使ったときの敗因の大半がこれ。

 

実質、「自分の山札が3枚以下なら攻撃できない」というデメリットを抱えているようなものです。

この子の降臨に成功させたなら、その豪快なスペックに身を任せて一気にごり押しするのが良いでしょう。

 

おまけのような攻撃制限

上の踏み倒し効果が強烈過ぎて、後半の効果は忘れられがちなのですが、こちらもあって困る効果では無いですね。

範囲はパワー3000以下と低いものの、この効果は《コクーン・マニューバ》と組み合わせることによって真価を発揮します。

 


コクーン・マニューバ

自然文明 コスト7 呪文

■スーパー・S・トリガー

■相手のクリーチャー1体をマナゾーンに置く。

S-自然のパワー15000以下の進化でないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。


 

マニューバの効果だけでは相手のクリーチャー1体しか止められないのですが、マスティンを組み合わせることによって複数のクリーチャーを足止めすることが可能となっています。

 

 この効果で1ターンの猶予を獲得できれば、ごり押しの準備も万端といったところでしょう。

 

ただし、パワー3000以下という範囲は決して広くはないので、過信は禁物です。

 

まとめ

ジョーカーズ参上にて登場したインパクトの強いでっかい昆虫でしたが、その効果も豪快かつ強力です。

その重さと踏み倒し先から専用デッキの構築を求められます。この子をしっかり活かした構築をしていきたいですね。

 

以上。ちゃんと構築出来たらまた大会出ようと心に誓うポフルでした。