ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

クロニクル・レガシー・デッキ攻略 ―「風雲!!怒流牙忍法帖」の強さ編

もうすぐクロニクルデッキの発売日です。皆様貯蓄の方はいかがでしょうか。ポフルです。

 

毎年この時期恒例のクロニクルデッキです。

数年前に流行ったデッキを現代風にアレンジできる新規カードと共に発売されるこのシリーズは、再録枠も豪華になっており、新旧プレイヤーにとって人気の高い構築済みデッキになっていますね。

 

さて、そんな新規デッキですが、今回それぞれのデッキの評価をしていこうと思いました。

色んなカードが各所で話題になっている以上、

「乗るしかない。このビッグウェーブに」

と思ったので。

 

というわけで、今回は「風雲!!怒流牙忍法帖」についてです。

  1. デッキそのものの完成度。
  2. 新規カードのざっくりとした評価
  3. 環境への影響
  4. 総合評価
  5. 改造案

といった形で書いていこうかと思います。

 

 

 

本題に入る前に

評価、考察の前に、基本的なことを確認しておきましょう。

カードリスト

New《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》2

New《怒流牙 セイカイザ》2

《霧隠蒼頭龍バイケン》1

《剛撃戦攻ドルゲーザ》3

《霧隠オロチ》1

《疾封怒闘 キューブリック》1

New《怒流牙 佐助の超人》4

New《電脳鎧胄アナリス》4

New《怒流牙 サイゾウミスト》3

《光牙王機ゼロカゲ》3

《トレジャー・マップ》4

《西南の超人》4

《霞み妖精ジャスミン》4

《光牙忍ハヤブサマル》1

《威牙の幻ハンゾウ》1

《ドンドン吸い込むナウ》2

 

 

このデッキの歴史

このデッキは、「シノビドルゲーザ」という、過去にメタゲームにも出てきたデッキになりますね。

その昔、《剛撃戦攻ドルゲーザ》が出てから少し経った頃に、優秀なジャイアントやアースイーターが増えた事から、ドルゲーザをエースとしたデッキとして開発されたのが「ドルゲーザ」。

そのドルゲーザに、シノビのサーチカードである《土隠雲の超人》を採用し、各種シノビを投入することによってハンデスやビートダウンに耐性を得たのが「シノビドルゲーザ」です。対応力に優れたデッキとして、一時期環境に入ってきました。

ただし、トップメタに降り立ったわけでは無く、少し活躍した後メタゲームから遠のいたそうです。

 

切り札のドルゲーザがフィールドの状況に依存することから安定性は他のデッキよりも低めですが、デッキ構築の自由度(ニンジャストライクの都合から、5色にしても運用できていた)、対応力の高さから、玄人好みなデッキタイプとしてひっそりと使われていたそうです。さすがはシノビ。

 

ドルゲーザの色である緑と青、それに加えて白や黒が追加されたり、時には赤も入れて5色にしたデッキも存在していたそうですね。

 

本題

では、考察に入っていきましょう

 

デッキそのものの完成度

今までのクロニクルデッキも完成度は(余計なカードが多かった聖霊王は置いておいて)高かったですね。どれもデッキコンセプトに忠実に、わかりやすく構築されていました。

新規カードもコンセプトにしっかりはまったカードになっていました。

今回のデッキもその例に漏れず、完成度は高いですね。

 

2コストブーストからコスト4カードにつなげ、そこからは各種シノビでビートダウンを防ぎつつ、ジャイアントを並べ、切り札であるドルゲーザ達につなぐというコンセプトでしょう。

 

色構成としては、青緑t白赤黒と、5色デッキという形ですが、白赤黒についてはディスカード前提のカードとニンジャストライクを持ったカードとなっているので、見た目よりは扱いやすいでしょう。さすがに単色デッキや2~3色デッキよりは難しいと思いますが。

 

シノビもかなりの数が採用されているので、ビートダウン相手に粘り強く戦えそうなデッキになっていますね。

 

ただし、シノビをサーチできる《土隠雲の超人》が採用されていないのが気になります。

恐らく《トレジャー・マップ》や《ドンドン吸い込むナウ》のようなカードや、ドローカードが多めに入っているからだとは思うのですが。

 

 

新カードを少し考察

ここからは、新カードをざっくりと考察していきましょう。

 

《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》

終の怒流牙 ドルゲユキムラ

水/自然文明 ジャイアント/アースイーター/シノビ

コスト8 パワー17000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■G・ゼロ:バトルゾーンに自分のジャイアントが4体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■進化:自分のジャイアント1体の上に置く。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを3体まで、自分のマナゾーンから手札に戻す。その後、自分の手札を3枚まで、タップしてマナゾーンに置く。


 

 このデッキの目玉カードになりますね。

出た時にマナゾーンと手札の入れ替えができるクリーチャーです。

 

このデッキにおいて、マナゾーンと手札の入れ替えは心強く、パッと思いついただけでも、

  • 序盤に必要ないとしてマナに置いた、またはマナブーストカードでマナに置かれたシノビやマッドネスクリーチャーを手札に戻してビートダウン耐性を上げる。
  • ドルゲユキムラを回収し、G・ゼロの条件が整っているならバトルゾーンに出す。

この2つの行動が挙げられますね。

G・ゼロの条件を達成していれば、マナゾーンにあるドルゲユキムラを効果で回収しつつ、フィールドの4体のジャイアントをすべてドルゲユキムラにすることも不可能ではないです。まるで分身の術ですね。

 

マナが充分に溜まった中盤以降にマナゾーンのカードを手札のように扱えることはなかなか強い能力だと言えるでしょう。

ただし、マナに置くカードはタップイン。そうでなければまたしてもループのお供にされてしまうので仕方のない事ですが、そのことを忘れて計算を狂わされることが無いようにしたいですね。

ちゃっかりシノビなので、《土隠雲の超人》でサーチできるので、これからのジャイアントデッキにおける新たな切り札として扱えるカードになりますね。

 

《怒流牙 セイカイザ》

怒流牙 セイカイザ

水/自然文明 ジャイアント/アースイーター/シノビ

コスト7 パワー8000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のアースイーター1体につきカードを1枚引いてもよい。その後、バトルゾーンにある自分のジャイアント1体につき自分の山札の上から1枚をタップしてマナゾーンに置いてもよい。


 

場に出た時に、アースイーター一体につきカードを1枚引き、ジャイアント1体につきカードを1枚引くクリーチャーですね。

《剛撃戦攻ドルゲーザ》を意識したようなクリーチャーですね。コストが1低い代わりにシンパシーが無くなっていますね。

 

ドルゲーザと同じく自分自身も対象に入っているので、出すだけで1マナブーストと1マナ加速ができるクリーチャーになります。

 

マナ加速しながら1ドローできる事の有用さは、《フェアリー・シャワー》が証明済みです。それにパワー8000のW・ブレイカーが付いたカードとなればなかなかの高性能ですね。

ジャイアントを並べたいこのデッキにとってはマナブーストも手札補充もうれしい効果ですね。

中盤を支える頼もしいカードになりそうです。

 

《怒流牙 猿飛の超人》

 怒流牙 猿飛の超人

水/自然文明 ジャイアント/アースイーター/シノビ

コスト4 パワー3000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■ニンジャ・ストライク5

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。その後、カードを1枚自分の墓地からマナゾーンに置く。


 

カードを1枚引く、カードを1枚捨てる、カードを1枚墓地からマナゾーンに置くという能力になりますね。なかなかややこしいですが。

手札交換とマナブーストの両方を同時に行う効果ですが、このデッキではニンジャストライクによってマッドネス能力を持つ《霧隠蒼頭龍バイケン》のサポートに使う事を想定されているでしょう。その場合、手札消費を抑えつつ相手のビートダウンを妨害しながらマナブーストまでできるという高性能妨害札に早変わりです。バイケンのみならず、マッドネス持ちのクリーチャーや、ディスカードによって効果を発動するカードとの相性は抜群ですね。ムートピアとの相性ももしかしたらいいかもしれませんね。

 

普通に出した際も、次のターンには6コスト帯に届くので、どちらにしても《霧隠蒼頭龍バイケン》との相性は良いですね。

 

このデッキに置いてマナを伸ばすという事は、大型ニンジャ・ストライク持ちのサポートにもなることになりますし、種族的に普通に出してもドルゲ達のサポートとなるので、このデッキの縁の下の力持ちになっていますね。

 

とはいえ、どういうわけかこのデッキにバイケンは1枚しか投入されていません。なんてこったい。

 

《電脳鎧胄アナリス》

電脳鎧胄アナリス

水/自然文明 ジャイアント・インセクト/サイバーロード

コスト2 パワー2000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、次のうちいずれか1つを選ぶ。

 →自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

 →カードを1枚引く。


 

マナブーストかドローか選ぶことの出来る、《爆砕面 ジョニー・ウォーカー》を思い出すカードですね。

 

あちらが強力な通り、こちらも強力です。このデッキではジャイアントの種族カテゴリに属しているので、そのスペックを存分に発揮できるでしょう。

コストも2と軽いので横に並べやすく、場合によってはドローにも使える便利なカードです。

ジャイアントデッキにとどまらず様々なデッキに採用されそうです。特に水単コントロールにおいては、《フェアリー・シャワー》や上記の《怒流牙 猿飛の超人》と共にマナブースト手段として採用できそうです。それこそ準赤単における《メンデルスゾーン》や《爆砕面ジョニー・ウォーカー》のように使えそうです。

《怒流牙 サイゾウミスト》

怒流牙 サイゾウミスト

光/水/自然文明 ジャイアント/シノビ

コスト7 パワー7000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■ニンジャ・ストライク7

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加えてシャッフルする。その後、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。次の自分のターンのはじめに、自分のシールドを1つ、マナゾーンに置く。


 

ニンジャストライクの条件は重いものの、一時的なシールド追加は強力ですね。

S・トリガーだけでなく、このデッキではニンジャストライク持ちがシールドゾーンに入っても、ブレイクされた後相手の妨害に使えるので、見た目以上に粘り強くなりそうです。

 

また、マナを増やす能力は強力ですが、せっかく増やしたシールドをマナに置かなくてはならない点はやや怖いですね。ただし、シールドに落ちたキーカードをマナに引っ張り出したい場合は役に立ちます。このデッキならドルゲユキムラでマナ回収ができるので、使用方法によってはメリットにも繋がりそうですね。

マナブーストのタイミングがターンのはじめなので、多色カードがマナに置かれた場合はタップインされたままになります。このデッキは多色クリーチャーがそこそこ多めの印象があるので、 この事は念頭に置いておいた方が良いでしょう。手出しした次のターンに確実に9コスト圏に届かせたいのであれば、《怒流牙 セイカイザ》を利用すべきです。

 

また、このデッキでどこまで活躍できるのかはわかりませんが、デッキを回復する能力もなかなか魅力的ですね。

 

他の新規カードと違い光文明が入っているので、このデッキでの手出しは少し難しいですね。

環境への影響

正直、そこまで多大な影響を与えるとは思えないですね。レッドゾーンのような序盤から場を荒らしながら止めを刺しにくるデッキが流行っている現状、ドルゲーザの速度では対応しにくい部分があるように思えます。

ニンジャストライクで粘ることは可能かと思いますが、そこから反撃していくのはなかなか難しいかもしれませんね。

 

とはいえ、水文明が入っている都合から《異端流しオニカマス》を無理なく採用できること、ジャイアント主体のデッキなので《デスマッチ・ビートル》を採用することも出来る事から、踏み倒しデッキへの耐性をある程度強くすることは可能です。

 

無理なくマッドネスを積むことができる関係から、ハンデス系統のデッキとも構築次第で互角に戦えそうです。

 

工夫次第では地雷デッキのような活躍ができるかもしれませんね。

 

また、マナブースト用の新規クリーチャーたちはなかなか魅力的な能力を持っていますね。

今後ビッグマナ系のデッキなどのパーツとして持っておいても良いかもしれません。

 

 

総合評価

はっきり言ってしまえば、派手さの面で同日発売の「アルカディアス鎮魂歌」に劣っている感はぬぐえません。

ただし、あちらが色々とロマンあふれる能力の新カードなのに対してこちらは汎用性に優れた新規カードが揃っています。

 

デッキ構成もドルゲーザらしくなかなか堅実な印象です。カード間の組み合わせを意識してプレイしないといけない場面も恐らく多くなるので、じっくり腰を据えて一手一手考えながら戦うのが好きな方は手に馴染みやすいいぶし銀なデッキという印象です。

 

パーツ取りとしては、現状強いと言われているカードはあちらの方が多いですが、後々色んなデッキで必須となりそうな、いわば化けそうなカードはこちらの方がおおい印象です。堅実故に。

 

改造案

ここまで書いた中でも出てきましたが、《土隠雲の超人》《異端流し オニカマス》《デスマッチ・ビートル》あたりは追加候補ですね。

速いデッキに対して刺さる《光牙忍ライデン》を入れてみるというのも良いでしょう。

 

マッドネスという要素を強めたいなら、《超魔導書グリモア第Ⅰ章》を入れてみたり、定番の《サイバー・チューン》等を入れてみたりという事も考えられますね。その場合は当然《霧隠蒼頭龍バイケン》の数は増やしたいでしょう。ハンデス対策にもつながります。

 

もともと自由度の高いドルゲーザの派生デッキなので、ここに書いたカード以外にもたくさんのカードが候補に挙がると思います。自分の使いやすいように改造する楽しさがあるので、そういう意味でも個人的にオススメのデッキです。

まあ私はアルカディアスの方が欲しいですけどね!

アルカディアスシリーズ好きなんですよ。

 

まとめ

私の周りでは、「アルカディアス買う!!ドルゲはいらね!!」と言う人が多いのですが、別にドルゲがそこまで弱いわけでは無く、むしろクロニクルデッキの例に漏れず強いデッキだと私は思っています。

 

正直お金さえあれば両方買っておきたいくらいに違った魅力のあるデッキなので、過去にデュエマをやったことが無い人も、買って一度は使ってみてほしいデッキですね。

 

以上。実はドルゲーザを使っていた時期もあったポフルでした。

あれはドルゲーザというよりハイランダーという感じでしたが。