ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ジョリー・ザ・ジョニー》 -シンプルな強さの究極系。

 ブログ名変更しました。ポフルです。

 

しれっとデュエマ関連の記事が100記事を超えまして。ここでふと気づいたことがあるのです。

 

あれ、私《ジョリー・ザ・ジョニー》の話してなくない??

 

新章デュエルマスターズの顔ともいえる存在。ジョーカーズのトップ。この子を考察しないとさすがにおかしいだろうと思ったのです。

 

という事で、《ジョリー・ザ・ジョニー》の能力のどんなところが強いのか、しっかりと書いていきましょう。

 

 

 

 カード情報

 


ジョリー・ザ・ジョニー

無色 ジョーカーズ

コスト7 パワー10000

■スピードアタッカー

■マスター・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する。)

■バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが5枚以上あれば、このクリーチャーはブロックされず、攻撃の後、相手のシールドもクリーチャーもなければ、自分はゲームに勝つ。


 

 

評価

スピードアタッカー持ちで、マスターカード特有の専用キーワード能力である「マスター・W・ブレイカー」を持ち、さらに特定条件下でのアンブロッカブルにエクストラウィンを獲得する能力まで付いた、ジョーカーズにおける切り札にふさわしい能力ですね。

 

マスター・W・ブレイカーについて

 その専用能力の詳細としては、シールドブレイク時に、ブレイクするシールドと同じ数相手のクリーチャーを破壊できるというものです。

この子自身がW・ブレイカーなので、通常なら2体のクリーチャーを処理可能です。

この子のブレイク数を増加させてあげることによって、その分相手のクリーチャーを処理できる数も増加していきます。《破界秘伝ナッシング・ゼロ》との相性は最高という事が話題にあがっていましたね。

 

シールドを割りながらクリーチャーを処理できるというのは単純にして強力。最近私が推している《ランド覇車 ガンブルマン》でもわかる通りです。

 

シールドをブレイクする事の危険性についてはこの記事でも書いた通りなのですが、この子の効果によって、相手の手札を増やす分相手のクリーチャーを処理することができるため、相手に与えるアドバンテージを実質ゼロにすることが可能です。

 

後半の効果について

もう一つすさまじいのが後半の効果ですね。

攻撃後に相手のクリーチャーとシールドが0であればエクストラウィン達成という、主人公が使うカードとしては珍しい能力です。

そのためにはマナゾーンとフィールドに合計5枚のジョーカーズカードが必要になりますが、ある程度ジョーカーズで固めたデッキなら心配はいらないでしょう。

前述のマスター・W・ブレイカーによって相手のクリーチャーも同時に減らす事が可能なので、相手のクリーチャーが2体以下ならコンボも必要ありません。

相手のシールドが5枚、クリーチャーも5体以下であれば、《破界秘伝ナッシング・ゼロ》とのコンボで一気に逆転も可能です。

おまけのように付いているアンブロッカブルも相手のブロッカーによってマスター・W・ブレイカーが無駄にならないのでかなり強力ですね。

 

 

このカードが出る前に登場していたエクストラウィンを発生させる能力が強かった理由としては、相手のシールドを一切触らずに勝つことができるという点が大きかったです。

相手のS・トリガーの発動を許さず、相手に手札を与える事も無いという点で、使う人はより安全に、相手としてはやや理不尽に感じるような、そんな強さがあったわけです。《ジョリー・ザ・ジョニー》の前のクリーチャー《ジョリー・ザ・ジョニー joe》がそのことを示していますね。なんせ、「1ターンの間にジョニーjoeの効果を2回発動する事」が勝利条件で、そのためには相手のシールドを割る必要がどこにもないのですから。

 

 

そういう点で《ジョリー・ザ・ジョニー》の能力を見てみると、達成のためには相手のシールドを全て割らなくてはなりません。相手の手札が増える事や、S・トリガーの発動を許してしまう点など、他のエクストラウィン能力と比べるとおまけ程度のものに感じてしまいますね。

 

そもそも相手のシールドが0であれば、もう一打点用意すれば勝ちです。大量展開の得意なジョーカーズにとってもう1打点を用意するのは容易でしょう。

 

この効果が生きるのは、相手がスパーク呪文や革命0トリガーに防御を任せているようなデッキと当たる時です。

前者は《閃光の守護者 ホーリー》の登場によってその採用率を下げており、仮に採用されているデッキにはもれなく《ヘブンズ・ゲート》《ドラゴンズ・サイン》あたりが採用されています。そのためこちらのデッキへのメタとして考えるのはややきついでしょうか。

後者へのメタとしてはかなり有用な能力です。革命0トリガーはその性質上デッキの中身をクリーチャーだらけにする必要があり、有用なS・トリガーを入れることが難しいというけってんがあります。

そのため、革命0トリガーのみに防御を任せたデッキに対しては、この能力の達成条件

を満たしやすいという利点があります。

 

また、ジョーカーズの速さを考えると、ジョニーで攻撃する際に相手のクリーチャーが6体以上ならんでいるというのは稀な状況です。

ナッシング・ゼロとジョニーが手札に揃った場合、思考停止して出して殴ったらエクストラウィンを達成していたという状況も十分にあり得ます。

 

色々と書いてきましたが、殴り切る事以外に勝ち筋が増えるというのは単純に利点です。

 

細かいこと考えずに使ってみればわかるさ。

 

と、考察記事にあるまじき結論を出して締めておきましょう。

 

いや、実際使うか使われたらその強さがわかると思います。

 

 

まとめ

 

いろいろ小難しい話を並べてきましたが、ジョーカーズで戦う際、

「普通に殴ってたらエクストラウィン達成してた」

なんて事態も普通にあり得るので、なんというか、この子を使う時は少年のような心を持って戦えば良いと思います。

急に雑になった気がしますが、なんというかこの子を語るのに理屈は必要ない気がしますね。

 

単純な強さを追及した、デュエマの新しい顔にふさわしいクリーチャーだとも言えますね。

 

以上。ジョーカーズには負け越している気がするポフルでした。