ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

全国大会店舗予選出場デッキ「赤単ビートジョッキー」 ―ブロック構築のプレイングも添えて。

今日、全国大会出場します。ポフルです。

 

今回出るデッキは、「トリガービート」と悩んだのですが、結局「赤単ビートジョッキー」で出場することにしました。

 

この記事が更新される頃は全国大会店舗予選が始まっている頃だと思うので、今回は出場デッキのレシピのみを公開したいと思います。

 

カードリスト

 

"罰怒"ブランド 4

"罰怒"ブランド Ltd. 2

ランド覇車 ガンブルマン 3

ガンザン戦車 スパイク7K 2

"魔刃"戦車 ゴーディオ 2

ボワー汽艦 ゴリンゴリ 2

ラウド"NYZ"ノイジー 3

ドープ"DBL"ボーダー 2

ナグナグ・チュリス 2

ダチッコ・チュリス 4

一番隊 チュチュリス 4

ドドンガ轟キャノン 4

イフリート・ハンド 2

爆殺!! 覇悪怒楽苦 4

 

デッキ解説

正直な所、今までのビートジョッキーそのままと言ったデッキになっていますね。

 

www.dmasters-pohu.com

 速攻型構築ではなく、やや中速気味の構築となっています。

ホップとステップを抜いた理由としてはこちらより。

 

www.dmasters-pohu.com

 

ブロック構築に対応していない《単騎連射マグナム》と、4ターンキルのパーツ集めに必要のない《勇愛の天秤》を抜きました。

そして、下の記事を参考にしてほしいのですが、一番隊を焼きながらビートダウンが可能な《ランド覇車 ガンブルマン》を多めに採用しております。

 

www.dmasters-pohu.com

 

また、とあるダンディーなおじさまから、「もっと前のめりに叩きに行くのか、トリガーを増やして守りを強くするのかは考えた方が良い」との助言をいただいたので、今回はトリガーを増やす方向で行くことにしました。

 

採用するトリガーは色々悩んだのですが、万が一トリガービートで《オヴ・シディア》のような超大型クリーチャーが降臨しても大丈夫なように、コロコロコミックの付録デッキにて再録された事によってブロック構築でも使用可能な《イフリート・ハンド》を選択しました。

 


イフリート・ハンド

火文明 コスト7 呪文

■S・トリガー

■相手のコスト9以下のクリーチャーを1体破壊する。


 

3ターン目にキルを狙う事も一応可能な構築にはなっていますが、それを狙うのは基本的に手札が整ってから。

基本的には《ナグナグ・チュリス》や《ランド覇車 ガンブルマン》によって相手の場を荒らしながらビートダウンを進め、隙あらば相手のボディに叩き込むという感じのデッキになっています。

トリガーが10枚と速攻にしては多めの構成もポイントでして。これにより《ラウド"NYZ"ノイジー》でシールドを減らしてもそこまで焦る必要は無いという利点もあります。

むしろ増えた手札を使った大量展開も可能となるので、《ラウド"NYZ"ノイジー》の召喚は相手がビートジョッキーでないなら積極的に狙っていきたいですね。

 

基本的には相手の一番隊サイクルを焼きながらちまちまビートしていくデッキになります。《ランド覇車 ガンブルマン》を一番隊無しで序盤に処理できるカードは少ない事もあり、ガンブルマンを出す事をできる事なら優先したいです。

相手のシールドを無くせば無くすほど、こちらのB・A・D持ちスピードアタッカークリーチャーの威圧が高まり、相手を自然に追い詰める事ができそうです。

 

トリガービートの場合、シールドを増やしてくるカードの処理を重視したいです。

このデッキのそれなりに多い除去札はなるべく手札にキープしながら、シールドをていねいに時剥がしていき、さらに言えばスーパー・S・トリガーのボーナスによる被害を最小限にするためにも、《ルクショップ・チェサイズ》で増えたシールドは優先して殴る、最後に破るシールドは一枚になるようにするといったプレイを心がけたいです。

 

 

今回の大会で怖いのはやはりシールドトリガーでしょう。

トリガーへのメタカードの収録が今回のレギュレーションでは少ないので、自分の盾を維持できるように相手クリーチャーを処理しながらガンガン殴ることを意識して戦いたいと思います。

 

以上。結果はまた明日か明後日。ポフルでした。