ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

デュエルマスターズ全国大会2017の店舗予選で優勝通過した話と翌日のデュエマフェスの話。

 

 

やりました!!!

ポフルです。

 

店舗の方にツイートを載せる許可もいただきました。本当にありがとうございます。

 

 

店舗予選の話。

今回使用したデッキは、過去の記事通り「赤単ビートジョッキー」です。

 

www.dmasters-pohu.com

 

プレイング面で気を付けたこと等はほとんどこの記事に書いた通りです。

 

今回はいつものようにレポートできるとよかったのですが、

申し訳ない事に3回戦中3回全てがVSムートピアという事で、

どの試合がどなたのデッキだったかうまく思いだせないという事故が発生しております。

 

ひとまず、前回の全国大会予想記事にて予想していた「ムートピア大穴枠説」がそれなりに的を得ていたという事にも胸をなでおろしつつ、今回の試合全体で意識したプレイングを書いていきます。

 

VSムートピアプレイング

現在のカードプールにおいて、切り札が《I am》のみとなっているムートピア。(クジルマギカもムートピアの中では超強いカードですが、ムートピアのデッキとして見ると《I am》の方がムートピアデッキらしいデッキになりますね)

その能力は以前記事にも書きましたが、「ムートピアを5体並べれば、自分の進化でないクリーチャーのバウンスと引き換えにコスト0で召喚できるワールドブレイカー」と言ったところです。

 

www.dmasters-pohu.com

 


I am

水文明 ムートピア/スペシャルズ

コスト9 パワー15000+

NEOクリーチャー

■バトルゾーンに自分のムートピアが5体以上あれば、このクリーチャーのコストを支払わずに召喚してもよい。そうしたら、自分の進化でないクリーチャーをすべて手札に戻す。

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■これがNEO進化クリーチャーなら、パワーを+10000し、「ワールド・ブレイカー」を与える。(「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを全てブレイクする)


 

 

 

何故私がムートピアが大穴枠と予想していたかと言うと、

  • 扱いは難しいものの、《貝獣 ヒラーガ》や《大海底都市 ウツボイド》あたりで一番隊をバウンスし、相手の足を引っ張ることが可能。
  • 手札補充がそこそこ安定した下級クリーチャーたち。
  • 《I am》による爆発力。
  • 《終末の時計 クロック》等の優秀なS・トリガー獣によるカウンター性能。

この4点が、今回のブロック構築において優秀だと考えたからですね。

 

一番隊からの展開を妨害することにより、相手よりも先に優位な盤面を構築することも可能で、相手よりも先に《I am》の召喚に漕ぎつける事ができれば、S・トリガーの有無に関係なく相手のシールドを0にできます。

 

先にシールドを0にしてしまえば、スーパー・S・トリガーが発動しようが自分のシールドに《終末の時計ザ・クロック》や《拘束の毒 ジェリフィ》が入っていれば強引にゲームエンドまで持っていけるというその性質が、シノビも革命0トリガーも存在しない今回のレギュレーションにおいて優位であると考えたのです。

 

 

今回ビートジョッキーで出場しようと思い立った時に考えた事は、

  • その気になれば盤面を崩しながら攻める事が可能なように構築する事。
  • 速攻による決着も考慮に入れれるようにすること。
  • 特に「一番隊サイクル」を燃やしてテンポを崩す事。

この3点を考えて構築し、必要に応じてこのプレイングを変えることができるように考えました。

 

ムートピア相手の場合、一番隊の危険度は《貝獣 アンモ》《貝獣 ホーラン》という、クリーチャーを横に並べる事に適したドロー能力付きウィニーと、《I am》の存在から、盤面を崩しに行かないと確実に逆転されてしまうと考え、《ナグナグ・チュリス》《ランド覇車 ガンブルマン》で一番隊を燃やす事と、《ガンザン戦車 スパイク7K》でブレイク数を増加することでとどめまで行けるような盤面でも、相手の盤面を崩すためにアンタップキラーを付与してクリーチャーの処理に向かう事を優先する等、中速気味の戦い方で勝利しました。

 

 

今回のMVP

確実に《ランド覇車 ガンブルマン》でしょう。

 


ランド覇車 ガンブルマン

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー8000

■NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■これをNEO進化クリーチャーとして召喚することを選んだなら、コストを3少なくする。

■W・ブレイカー

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊する。


 

《ダチッコ・チュリス》との併用で3ターン目に安定して場に出す事ができ、2枚ブレイクのついでとばかりに一番隊を破壊していくこのクリーチャーの活躍はすさまじいものがありました。

 

他の種族が相手でもこの強さは変わらなかったかと思いますね。

 

また、《ガンザン戦車 スパイク7K》も頼りになりましたね。

 


ガンザン戦車 スパイク7K

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー7000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーは、それぞれ次のうちいずれか1つの能力を得る。

 →このターン、そのクリーチャーはパワーを+5000され、シールドをさらに1つブレイクする。

 →このターン、そのクリーチャーのパワーは+2000され、アンタップしているクリーチャーを攻撃できる。


 

ブレイク数の増加はもちろんの事、アンタップキラー付与も《I am》降臨の妨害としてかなり有効に働いてました。

「フィニッシャーとしての役割」と「盤面崩しとしての役割」を選択できるこの効果はこのデッキ構築の方向性にマッチしていて、ものすごく使いやすいクリーチャーでしたね。

いやまあ、このクリーチャーの有用性については既に知っていたことでしたが。

 

エリア代表決定戦への意気込み。

 

もう一度ビートジョッキーで行くかどうかは正直微妙です。なにせその時の環境がどうなっているのか想像もできませんし。

ですが、大幅な弱体化や、他の種族デッキの大幅な強化による相対的な弱体化を喰らわない限りはビートジョッキーで大会に臨みたいところですね。なかなかどうして気に入ってしまいました。

 

 

全国大会店舗予選裏話

実はその後彼女のマフィ・ギャングと戦ったのですが、《阿修羅ムカデ》に手も足もでなかったというオチが待っていました。

真のラスボスは案外近くにいるものです。

 

 

翌日のデュエマフェスの話。

 翌日も同カードショップにてデュエマフェスが開催されていたので参加しました。

 

そのままビートジョッキーで出場しても良かったのですが、昨日も使っていたこともあってつまらないなぁと思い、親友の「今日は楽しんだら?」みたいな言葉もあり、5色クラウンオーケストラを使用しました。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

なお、構築は前回記事から変わっております。

 

結果から言うと2回戦負けですね。

ただ、1回戦の相手がものすごく面白いデッキで、超次元から出て来たクリーチャーを処理したり、自分のクリーチャーを処理されないように工夫したりと、いろんなプレイングを要求された試合になりました。

 

2回戦は親友の赤緑黒モルトと当たって負けてしまいましたが、コントロールデッキというのは本当に面白いデッキだなぁと再確認させられましたね。

 

構築が若干変わった5色クラウンオーケストラについてはまた書きますね。

 

楽しい2日間でした。

やはりデュエマは色んな人と対面して戦うのが面白いと思いましたね。

 

 

以上。またブロック構築についての記事も書けるようにしておかなくては……。ポフルでした。