ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《天罪堕将 アルカクラウン》 -5色を司る形容しがたい何かの活用法。

「アルカディアス鎮魂歌」を改造した「5色クラウンオーケストラ」を使い過ぎて他のデッキの使用率が減ってきたポフルです。やべぇ。

 

情報解禁後、そのイラストの強大さと効果のインパクト、様々なカードとの相性の事もあって全デュエマプレイヤーに衝撃を与えたこの《天罪堕将 アウカクラウン》。

 

大会の結果を見ているとこの子よりも「風雲!!怒流牙忍法帖」に収録されたカードの方が人気のようですが、いくら大会に出ないからと言ってこの子を「弱い」と言うにはもったいないなあと思うわけです。

 

今回はこの子の魅力について考察していきたいと思います。

 

 

カード情報


天罪堕将 アルカクラウン

光/闇/自然文明 エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/ロスト・クルセイダー

コスト9 パワー12000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から、コスト7以下の光のクリーチャー、水のクリーチャー、闇のクリーチャー、火のクリーチャー、自然のクリーチャーをそれぞれ1体ずつ選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。


 

評価

まずこの子のテキストとコスト、パワーを見て気づいた方も多いと思いますが。《邪帝類五龍目 ドミティウス》と同じ効果となっているわけですね。

 


邪帝類五龍目 ドミティウス

自然文明 ジュラシック・コマンド・ドラゴン

コスト9 パワー12000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から、コスト7以下の光のクリーチャー、水のクリーチャー、闇のクリーチャー、火のクリーチャー、自然のクリーチャーをそれぞれ1体ずつ選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■T・ブレイカー


 

この踏み倒し効果は、律儀に5体出す事を考えずとも2、3体出せれば十分なスペックなのですが、やはり5体律儀に踏み倒したいという欲は出てしまいますね。

そういう意味で考えると、5色デッキでこの効果を使う事になるため、基本的には序盤の色基盤としての役割も持つことができるアルカクラウンの方が優秀です。能力と自分の色の多さがシナジーを形成しているわけですね。

ではドミティウスが下位互換かと言われればそうでもなく、コマンド・ドラゴンという種族が強力であったり、無理に光及び闇のカードを採用せずとも扱う事ができるという利点もあります。能力そのものは変わらないという点もあり、相互互換と言って問題ないでしょう。その辺の話も出来ますが、今回はアルカクラウンの話なので割愛。

 

相性の良いカード。

ドミティウスと同じ効果という事で、ドミティウスと相性の良いカードはアルカクラウンとの相性も良いという事になります。

《魔龍バベルギヌス》との相性はやはり抜群で、アルカクラウンの効果で踏み倒すことができ、そのままアルカクラウンを出し直ししてもう一度効果を……なんてことも可能です。惜しむべくはバベルギヌスが殿堂入りしている点でしょう。バッシュめ

このアルカクラウンを出し入れするギミックをメインにしたいのであれば、《凶鬼33号 ブスート》を視野に入れるのもいいかもしれませんね。アルカクラウンの効果で出すとブスートの効果が発動しない事が問題ですが、コストが3と手打ちのしやすさが利点ですね。5色フェアリー・ミラクルのギミックを入れているなら、アルカクラウンを出した後すぐに唱える事も視野に入るコストです。

 


魔龍バベルギヌス

闇文明 ドラゴン・ゾンビ/グランド・デビル

コスト7 パワー1000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーをひとり選ぶ。そのプレイヤーのクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、そのプレイヤーの墓地から《魔龍バベルギヌス》以外の進化でないクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。


 


凶鬼33号 ブスート

闇文明 マフィ・ギャング

コスト3 パワー3000

■このクリーチャーが自分の手札からバトルゾーンに出た時、他のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうしたら、そのクリーチャーと同じ名前のクリーチャーを1体、自身の墓地からバトルゾーンに出す。


 

さらっと「5色フェアリー・ミラクル」という言葉を出してしまいましたが、ドミティウスではなくアルカクラウンを使うのであれば、多色クリーチャーであることを活かして《フェアリー・ミラクル》や《獅子王の遺跡》を使いマナを伸ばすデッキで扱うのが良いでしょう。

デッキの中身を多色クリーチャーで固めることにより、アルカクラウンの効果での大量展開も狙いやすくなります。この点からも、アルカクラウンが多色であることが利点であることがわかりますね。

 

踏み倒したいカードは他にも、

  • アルカクラウンと相互に踏み倒せる関係にある《水晶邪龍 デスティニア》
  • 手札さえあれば更なる展開が期待できる《ボルバルザーク・エクス》
  • 踏み倒したクリーチャーもろともスピードアタッカーを付与する《鎧亜の咆哮キリュ―・ジルヴィス》《Mの悪魔龍 リンネビーナス》
  • 上記スピードアタッカー付与と相性の良い《無双恐皇ガラムタ》

等、パッと思いつくだけでも様々なクリーチャーを挙げることが可能です。

特に《水晶邪龍 デスティニア》は、アルカクラウン召喚までに消費した手札を補充できるという意味でも、心強いパートナーとなるでしょう。アルカクラウンに無い青色を持っているという意味でも、どちらもランダム性の高い能力で一致しているという意味でも薄い本向きの妄想がはかどりそうなおもしろい組み合わせです。

 


水晶邪龍 デスティニア

水/闇文明 クリスタル・コマンド・ドラゴン/デーモン・コマンド・ドラゴン

コスト7 パワー7000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■W・ブレイカー

■マナ武装4:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、自分の手札を山札に加えてシャッフルし、カードを4枚引き、その後、相手に自分の手札を1枚見ないで選ばせてから、それを見せる。それがクリーチャーなら、バトルゾーンに出してもよい。


 

当然、「アルカディアス鎮魂歌」の構築通り闇鎧亜夫婦を揃えるサポートとして使うのも良いですね。

その場合はアルカクラウンで夫婦2体+夫婦と一致しない色を持つ多色クリーチャー1体を、つまり夫婦を含む3体の多色クリーチャーを一度に捲る事ができれば、マナブースト以外の下準備無しでアルカクラウン1枚から夫婦ロックを構築することが可能です。4体捲る事ができれば、アルカクラウンを進化元にせずとも済むので、次のターンに直接攻撃を仕掛ける打点も同時に揃います。

アルカディアス鎮魂歌では、アルカクラウンと夫婦、呪文とデッドブラッキオ以外のカードがアルカクラウンの効果で出す事ができてかつ夫婦と被らない色を持つクリーチャーで揃えられており、一度に出す事も現実的な構築になっていますね。

 

また、色の多さと種族の関係から、《獅子王の紋章》《クリスティ・ゲート》のように踏み倒しカードが多いことも優秀さに拍車をかけていますね。

今紹介した2枚は癖は強いですがどちらもトリガーなので、デッキの防御力を多少なりとも上げる事に繋がります。

 

ただし、どちらもランダム性の高い踏み倒し効果であることが欠点で、恐らくこのカードを使うよりもマナブーストを行う方が手っ取り早いという結論に至るのではないでしょうか。

どちらも呪文なのでアルカクラウンの踏み倒し能力の邪魔となる上に、前者は唱えた後にデッキに戻る都合からアルカクラウンとの相性が悪く、後者はシールドに仕込むカードをデッキに用意しなくてはならない都合からアルカクラウンの爆発力が低くなりがちという欠点を持ち合わせています。

この辺りの踏み倒しカードを使うのであれば、デッキのバランスについては5色フェアリー以上に気を使わないといけないかもしれませんね。

 

デッキ構築の際に気を付けたい事。

ひとまず、5色デッキで扱う事を考えましょう。

《フェアリー・ミラクル》を唱えることを考える場合、3ターン目までにはマナゾーンに5色そろえなければなりません。

 


フェアリー・ミラクル

自然文明 コスト3 呪文

■自分のマナゾーンの上から1枚目をマナゾーンに置く。

■自分のマナゾーンにすべての文明が揃っていれば、自分の山札の上からさらにもう一枚をマナゾーンに置く。


 

仮にアルカクラウンをマナに置いた場合、が光、闇、自然を持っているので、残りは水と火の2色になります。となれば、水と火を持つ多色カードをマナに置くことができれば、2ターン目には5色溜まることになりますね。

実際のデュエマでいつもそのようにうまくいくと決まっているわけではありませんが、その辺りを意識したうえで水と火を併せ持つカードを採用したいところなのですが、やや困る事があります。

水と火を併せ持つカードの中で、アルカクラウンの対象に入っている優秀なクリーチャーと言うのは案外少ないのです。

  • 1ドローはうれしいものの、コスト2でパワー1000と踏み倒す旨みの少ない《熱湯グレンニャー》
  • マナの条件は達成しやすく、墓地に置かれた時に発動する珍しい効果は持っているものの、踏み倒し先としてはやや淡泊な印象の《疾風怒涛 キューブリック》
  • 闇も持ち合わせており全体的にハイスペックだが癖が強い《混沌の覇者ディス・ガジラ》

 アルカクラウンとの兼ね合いを考えなければ、多色デッキ大正義の《ニコル・ボーラス》が存在していますが、アルカクラウンに対応していない点や財布事情と流通量を考えると「必須っ!!!」とは言いたくないですね。ある意味では、アルカクラウンの対象外で助かったと思った人も多いかと。

 

私のデッキには《混沌の覇者ディス・ガジラ》を採用しましたが、他のカードを採用したいという考えもあると思います。こればかりはデッキ構築者の好き嫌いにゆだねられるところになるでしょう。

アルカクラウンの踏み倒しに拘らずに単純なパワーカード《ニコル・ボーラス》や《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》を採用するもよし、アルカクラウンの能力を気にしてとりあえずコスト6~7前後の大型を入れておくも良し、そこまで気にせず安定を求めて《熱湯グレンニャー》でもよし。と言った感じです。

 

いっそのこと早期に5色揃えることを度外視して《獅子王の遺跡》を使う事も考えられます。場合によっては《霞み妖精ジャスミン》などの2コストブーストからこの呪文につなげることを考えた方がデッキ構築の難易度は低いかもしれませんね。

 


獅子王の遺跡

自然文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

■マナ武装4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、自分の山札の上からさらに2枚をマナゾーンに置く。


 

5色デッキで扱うことを考えれば、構築の仕方も自由です。

デッキ内をアルカクラウンで出せるクリーチャーで固めるのも良いですし、マナが伸びることを考えてアルカクラウン対象外の8コスト以上のファッティを採用しておくのもよし。

デッキ全体を確認しバランスを確認しながら、しかし自由な発想でアルカクラウンとの組み合わせを探すのが良いと思います。

 

欠点

現環境において、9コストというマナコストは重すぎるという事が欠点として挙げられるでしょう。身も蓋も無い話ですが。

ただし、マナブーストや踏み倒しカード、防御札の選択で十分カバー可能なことろではあるので、そこはデッキ構築者の腕の見せ所です。

逆に言えばそれ以外の欠点は見つかりません。

踏み倒し先の自由度もあり、3色持ちファッティにふさわしいハイスペックなクリーチャーだと言えるでしょう。

 

まとめ

全体的にみてみると、そのコスト踏み倒し効果から派手な印象を持ちますが、その実3色持ちであることから堅実。そしてその能力の奥深さからテクニカルなクリーチャーと言えるでしょう。

クロニクル・レガシー・デッキの看板クリーチャーとして恥じないスペックを持ったクリーチャーですね。

 

爆発力を活かしながらも、デッキのバランスには気を配る。時には思い切って振り切れても良し。デッキ構築が好きな人の好奇心をくすぐる面白いクリーチャーです。気になる方は、豪華な再録カードも揃ったこのデッキの購入も考えてはいかがでしょうか。

 

 

以上。やはり5色デッキは楽しい。ポフルでした。