ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《メラビート・ザ・ジョニー》考察 新たなマスターカードの実力は?【デュエルマスターズ】

今日は「日本どまんなか祭りに行った話」という記事を書こうとしていたのに、新情報が出てきてそんな事している余裕がなくなりました。ポフルです。

 

その新情報というのが《メラビート・ザ・ジョニー》のカード情報です。

 

今回は、新パック「気分J・O・E×2 メラ冒険!!」の目玉となるマスターカード、《メラビート・ザ・ジョニー》がどれだけの実力を持っているのか、考察していきたいと思います。

 

 

 

カード情報


メラビート・ザ・ジョニー

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー10000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして下に置いたクリーチャー1体につきカードを1枚引く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。


 

 

考察

後半の効果がナチュラルに狂っている印象があるのですが……。

とりあえず、新キーワード能力から先に考えていきましょう。

 

マスター・W・メラビートについて

能力詳細

キーワード能力「J・O・E(ジョーカーズオーバーエクスプロード)」能力を持つジョーカーズを2体まで手札から踏み倒す能力です。この効果で出したクリーチャーには「J・O・E」能力と同じ、ターンの終わりにデッキボトムに戻して1ドローする能力が付与されます。

 

「J・O・E」能力については以下の記事にて、ビートジョッキー使いの心の叫びと共に軽く触れました

 

www.dmasters-pohu.com

同じく火のマスターカードである《"罰怒"ブランド》が持つ「マスターB・A・D」は、「自分の能力を使うためにクリーチャーを展開する必要がある」という能力でしたが、「マスター・W・メラビート」は「自分の能力でクリーチャーを展開する」という能力です。

なんだか「マスターB・A・D」を意識した能力になっている気がしませんか?

 

能力の強さ

手札から2体のクリーチャーを踏み倒す事ができる能力は言うまでもなく強力です。とはいえ出せるクリーチャーは「J・O・E」持ちのジョーカーズということで、現段階では情報が少ないと言わざるを得ません。

 

現在情報が出ている「J・O・E」持ちクリーチャーは、

 

  •  コスト4パワー3000で「J・O・E1」を持つスピードアタッカ―《ボチボチ旦那》
  • 出た時に4000火力を放つ「J・O・E1」を持つコスト5パワー2000の《カメライフ》
  • 「J・O・E2」で7コストパワー7000。出たターンに相手プレイヤーにのみ攻撃可能な効果と、攻撃時に強制バトルができるW・ブレイカー《バーバーパパ》
  • 「J・O・E2」で7コスト8000。スピードアタッカーのW・ブレイカー。攻撃後にお互いのプレイヤーは手札をすべて捨てて3枚ドローする《絶対音 カーン》
  • 《ドッカン!ゴートッQ》

ですね。

 

相手の場を荒らしながらW・ブレイカーで攻めることができる《バーバーパパ》と、ジョニーの効果で減った手札を補充できる《絶対音 カーン》は、ビートダウンにとって心強い味方でしょう。

 

《"罰怒"ブランド》のように自軍にスピードアタッカーを付与する効果こそありませんが、現状「J・O・E」持ちのクリーチャーの大半が召喚酔いを無視して相手プレイヤーを殴ることができる能力を持っているので、

手札次第では相手のシールド5枚を一気に吹き飛ばす事ができるクリーチャー

というとらえ方をしても問題ないでしょう。

 

マスターカードらしく、攻撃的な能力を持ったクリーチャーです。

 

むしろ怖いのは後半の効果

ジョーカーズと戦った事のある方ならわかると思いますが、ジョーカーズデッキは、《ヤッタレマン》や《パーリ騎士》によるマナの扱いの上手さと《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》による手札補充の上手さから、クリーチャーを横に並べることが容易です。

 

それこそ、ジョーカーズ5体以上並べることは朝飯前と言ったところ。

 

そこで、後半のテキストをよく読み返してほしいわけです。

 

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。

 

 

冗談でしょう……?

 

このテキストだと、場に出した《メラビート・ザ・ジョニー》自身も1体としてカウントできるので、この子を出すときにジョーカーズが4体並んでいれば条件成立です。

 

メタリカでクリスタやバーナインで場にクリーチャーを並べて圧殺の構えをする。グランセクトで頑張ってマナチャージして大型を並べまくる。ループの下準備を終わらせる。

「お疲れ様」と言わんばかりに相手のクリーチャーをすべて撃ち殺す。

何かがおかしい。

 

当然、どんなデッキにもこの効果が活かせるわけでは無く、相手が自分のクリーチャーを積極的に除去していくデッキであれば、この全体除去を決めることは困難となるでしょう。

さらに言えば、相手がクリーチャーをそこまで展開しないタイプのデッキであれば、このクリーチャーに頼らなくても《ジョリー・ザ・ジョニー》で相手を直接狙った方が効率が良いです。

とはいえ、「ブロッカーなどで序盤の攻撃を止めながら展開していき、物量によって場を制圧するデッキ」に対してはかなり強い効果であることは確かです。

 

この能力を活かして、序盤は《バッテン親父》や各種トリガーによって相手の攻撃から身を守り、手札が整い次第《メラビート・ザ・ジョニー》と「J・O・E」持ちクリーチャーを展開、相手のクリーチャーを一層しつつ一斉攻撃でとどめというデッキを組むのも悪くはない気がします。

 

相手の場のみの全体除去はとにかく強力です。この効果に加えて将来性のある「マスター・W・メラビート」能力を持つことから、今後のカードプールの増加によっては他のマスターカードにも負けない強力なクリーチャーと化すことでしょう。

 

欠点

ジョーカーズとして見た場合、無色でないという事が足を引っ張ります。

《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》のドロー能力が不安定となる、《破界秘伝ナッシング・ゼロ》のような、無色カードを要求するカードの安定性が減るという事態が起こります。

マスター・W・メラビートに対応したクリーチャーも今のところ火文明であるという事を考えると、それらの強力なサポートを受けにくくなってしまう事は問題ですね。

全体除去カードとして見ても、相手のデッキ次第にはなりますが《ジョリー・ザ・ジョニー》+《破界秘伝ナッシング・ゼロ》のコンボで十分なことも多いです。

そもそもジョーカーズが5体も並んでいるのならば、既存のフィニッシャーで勝利することも十分可能なところがあります。

 

 

と、ここまでが、「既存のジョーカーズデッキに《メラビート・ザ・ジョニー》を投入することを前提とした欠点」になります。

 

火文明のジョーカーズ、それも「J・O・E」持ちのクリーチャーを主軸としたデッキを新しく組むのであればその欠点は無視できます。

当然ニヤリーゲット等の無色サポートは受けれなくなりますが、今後の「J・O・E」の登場によっては今までにない攻め方ができるデッキになるかもしれません。

 

そうしたデッキにこの子を入れた際のデメリットとして考えられるものとして、この子の効果を最大限に生かすためには、自分のクリーチャーを大量展開しながら、手札にこの子を「J・O・E」持ちのクリーチャーを2体用意しなければならないという点ですね。

また、コストが7とやや重いので、火文明主体にするにしても《ヤッタレマン》や《パーリ騎士》によるサポートは必須となるでしょう。

 

 

既存のジョーカーズデッキに投入することは可能か

既存のジョーカーズデッキに入れる事のデメリットは上記の通りです。

無色主体のジョーカーズにとって、色があるという事は基本的にはデメリットですね。

 

 ではメリットが無いかと言えばそうでもなく、《バレット・ザ・シルバー》からこの子を捲って全体除去というコンボが狙えなくもないです。

コストの重さや、デッキトップ次第という分の悪い賭けになる事は考慮しなければいけませんが、相手のクリーチャーが並び過ぎて手が付けられなくなった時の緊急用として何枚か刺しておくことも考えることはできるでしょう。

 

とはいえ、ニヤリー・ゲットやナッシングゼロの爆発力を考えると、積極的に使用したくなるカードでもないです。

 

 個人的には既存のジョーカーズには採用し辛いカードになりそうです。専用構築を考えていきたいところです。

 

まとめ

 マスターカードらしく、強力な効果を持っています。

ただし、その効果を使いこなすには、今後のカードプールの増加に期待する事になるでしょう。優秀な「J・O・E」持ちのクリーチャーが増えればその分このクリーチャーの特徴である「マスター・W・メラビート」の爆発力も上がります。

 

また全体除去も展開力に優れたジョーカーズの頼もしい味方となるでしょう。

既存のジョーカーズに投入するには克服すべき課題が多いですが、専用の構築を考えてあげたいくらいには魅力的なスペックを持っていますね。

 

流石は主人公種族。と言ったところです。グランセクトのマスターカードもはよ

 

以上。どまつりで踊りすぎて全身が痛いのはジョーカーズのせい。ポフルでした。