ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

《絶対音 カーン》考察 -「J・O・E」持ちジョーカーズだが……?【デュエルマスターズ】

「J・O・E」に関して、ビートジョッキー使いの方たちは何を思っているのか少し気になるポフルです。

まぁ、種族の違いとか差別化は容易なのですが。

 

前回、「メラビート・ザ・ジョニー」についての考察を行いました。

 

www.dmasters-pohu.com

 その中で「『J・O・E』持ちのクリーチャーが充実したら本気出す」みたいなことを書きましたが、今回はメラビートと同じ新パック「気分J・O・E×2 メラ冒険」にて収録される《絶対音 カーン》についての考察です。

 

 

 カード情報


絶対音 カーン

火文明 ジョーカーズ 

コスト7 パワー8000

■J・O・E 2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。そうしたら、カードを1枚引く)

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、攻撃の後、各プレイヤーは自身の手札をすべて捨ててもよい。そうしたプレイヤーはカードを3枚引く。


 

考察

「J・O・E」能力持ちのクリーチャーですね。J・O・E能力自体が優秀な効果なことに加えて自身の手札を入れ替える効果も持ち合わせています。

手札切れを起こしやすい火文明中心のビートダウンにとってこの手札補充効果はうれしいものです。

 

ただし、注目してほしいのは太字にした部分。

この手札補充効果は相手も行う事ができるという事を留意しなくてはなりません。

 

相手も手札交換を行う事ができるというのはやや苦しいところです。

この子でシールドをブレイクする場合、W・ブレイカーなので相手に与えるカードは2枚。相手の手札が0枚の時にこの子で攻撃してしまうと、相手の手札を増やしてしまう事になります。

(カーンのシールドブレイクで相手の手札が2枚になり、カーンの効果発動で相手がその2枚を捨てた場合、相手の手札が3枚になります)

 

また、相手がマッドネスクリーチャーを採用していた場合は、相手の展開を補助してしまう結果にもなり得ます。《霧隠蒼頭龍 バイケン》を相手が握っていた場合の絶望感はすさまじいものがあります。

 

この辺りを考えると、単に手札補充をしたいのであれば《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》や《超音速 ターボ3》を採用すれば良いだけの話になってしまいます。どちらも「J・O・E」能力発動時のカーンと同じコスト5で召喚でき、カーンのように場を離れません。

 

 

一応、この子の効果を発動した時の相手の動きを見て、相手の手札や考えがどんなものなのかを推測することは可能です。

  • カーンの攻撃後、手札交換をすれば手札が増えるのにも関わらず手札を交換しなかった→次のターンに逆転するためのカードが揃っているorシノビや革命0トリガー等妨害手段がある。
  • 手札が3枚以上あるのに手札を入れ替えた→今の手札に逆転のカードが無い。
  • アークデラセルナが飛んできた→返しのターンに貴様は死ぬ

 

特に革命0トリガーの場合、相手のマナやフィールドを見ればどの革命0トリガーが入っているのかは判別できる筈です。

「《ボルシャック・ドギラゴン》で防がれた次の相手のターンにそのまま止めを刺された」という事態を避けるためにも、相手が手札を入れ替えなかった場合は「シールドを割るだけ割っておいて直接攻撃はしない」というプレイをする事も考えられるでしょう。

逆に相手がそれを見越してわざと手札交換をしないという事も考えられます。

 

なんにせよ、相手に選択肢を与える事というのはなかなか厄介なデメリットになり得ます。なんの考えも無しに何枚も採用して効果を発動することは避けたいですね。

 

ボロクソに書いてきましたが、《メラビート・ザ・ジョニー》の「マスター・W・メラビート」との相性はなかなかのものです。「J・O・E」能力持ちという点で上に挙げたゴリンゴリ等との差別化は出来ているので、この子を使うのであれば《メラビート・ザ・ジョニー》との併用は必須でしょう。

 

オーバーキル気味ですが、ジョーカーズがすでに4体並んでいる状態でメラビートを召喚。相手のクリーチャーを処理した後「マスター・W・メラビート」カーン含む「J・O・E」持ちクリーチャーの展開を行えば、相手の場を焼野原にし、自分はジョーカーズの展開で消費した手札を補充。仮に相手がしのぎ切ったとしてもメラビートの効果で出したカードをデッキボトムに返しつつ2ドローで自身の手札を5枚に回復させる事も可能です。

 

《メラビート・ザ・ジョニー》を主軸としたデッキにおいては、なかなかの活躍が期待できます。ただし、相手がマッドネスを主体としたデッキだった場合の事も考えると、さすがに4枚必須とも言い辛いところがありますね。

 

 

まとめ

自分のビートダウンを強力にサポートするカードですが、相手に与えるメリットも決して少なくはないカードです。

「J・O・E」持ちのクリーチャーの層が薄い現状、メラビート軸ジョーカーズに是非投入したいカードではありますが、そうでないなら他に優先して採用したいクリーチャーがいるので、総じてやや微妙な立ち位置のカードだと言えそうです。

 

メラビート軸ジョーカーズならばそれなりの手札補充カードになり得るカードなのが救いでしょうか。

 

以上。火文明ジョーカーズは、やや癖が強い感じになるのでしょうかと感じているポフルでした。