ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ブルマン・チュリス》考察 ―CV豊崎愛生ッ!!!!!!!!【デュエルマスターズ】

イヤッハー!!!!!!!!!!とうとうビートジョッキーにもCV豊崎愛生が来たぜーーーーー!!!!!!!!

 

あ。ポフルです。落ち着きます。

 

アニメにて《ブルマン・チュリス》が登場したわけですが、この子の中の人が豊崎愛生さんですよ!!!!最高じゃないですかっ!!!

 

これはもうビートジョッキーに採用するしかないですね!!!!てことでどんな活躍ができそうかしっかり考察していく必要がありますね!!!!!!

 

冷静になって考えると、普通に台詞喋ってたのに豊崎さんレーダーに引っかからなかったんですよね。軽くショックです。

……まあ、豊崎さんと言えば私、

カスタネットギター女子高生、頭お花畑少女、米好き、猫耳、見た目悪魔な宇宙人、ブラコン少女、癖毛でやや無口の役くらいしか見た事がなく、「女の子!!!」って感じの声しか聴いたことないんですよね。ガラガラな声だったことがレーダーに引っかからなかった原因でしょうか。

ハスキー唯ともちょっと違うもんなぁ。

 

うん。豊崎愛生ファンとしてはかなりの反省点。

(あんまり書くと考察に移れなさそうなのでこの辺りにしておきましょう)

 

 

 

カード情報


 ブルマン・チュリス

火文明 ビートジョッキー

コスト2 パワー2000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札を1枚捨てて、その後、カードを1枚引く。


 

 

考察

攻撃時に手札の入れ替えを行うNEOクリーチャーですね。現状、火のNEOクリーチャーとしては最軽量で、《ランド覇車ガンブルマン》の能力を最大限に生かしたいならこの子を採用したいところですね。そんなに積極的に使いたい効果かどうかは別として。

アニメでも、ブルマンがガンブルマンを操縦していた事や、名前が似ている点からも何かしらの関係がありそうですね。ああ私も豊崎さんに操縦されたい

1コストで出す《ホップ・チュリス》との相性は良く、2ターン目にこの子の効果を発動させるには必須のカードですね。とはいえ、単に2ターン目に攻撃したいのであれば、《ステップ・チュリス》や《"破舞"チュリス》でよかったりします。

 

手札入れ替えですが、「手札を1枚捨てて、その後」とあるので、手札が0枚なら無条件で1ドローできます。

コスト軽減による大量展開が得意な代わりに手札補充手段が限られるビートジョッキーにとってはうれしい効果ですね。ただし、コストが大きい分自力でスピードアタッカーを持ちつつ3枚ドローができる《ボワー汽艦ゴリンゴリ》の存在も気になるところ。

 

全体的に見て中途半端な部分が目立ちます。

コストの軽さとNEOクリーチャーである点を活かさなければ活躍は難しそうです。

 

 手札から捨てるという効果から、《凶鬼34号 バッシュ》で捨てたクリーチャーを蘇生させるコンボも面白そうですね。

ブルマン→《凶鬼63号 ジュトク》→バッシュと、2→3→4とつなげる事も可能で、なかなか面白そうです。この場合、2体のNEOクリーチャーで殴ることになるので、NEOクリーチャーの攻撃時に効果を発動するクリーチャーと併用するのも面白いでしょう。単純に強い《マキャベリ・シュバルツ》、デッキを掘り進めることから相性の良い《魔法特区 クジルマギカ》あたりが候補でしょうか。

 

文明の違いを考慮しなければ、2コストNEOクリーチャーの中ではこの子が一番使いやすい効果を持っていますね。NEOクリーチャー主体のデッキを組むなら覚えておきたいカードでしょうか。

 

私も組みたいけれど、マキャベリは何も考えずに彼女に横流ししちゃったのよねぇ。

 

 

……総合的に見て、私の今のビートジョッキーには入らなさそうだなあ……。

 

以上。スチールドラゴン乗る前は豊崎さんの曲聴いて落ち着こう。ポフルでした。