ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《タルタホル》考察 -ビッグマナ系統期待の星【デュエルマスターズ】

今恐らく、ナガシマでぜーぜーはーは―言いながらなんとかかんとか。ポフルです。

 

そのことを考えると気が重い気もしますが、考察しましょう。

コロコロチャンネルにて登場した《タルタホル》です。

 

 

 

カード情報

 


タルタホル

自然文明 グランセクト

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札にあるパワー12000以上のクリーチャーを1体、見せてもよい。そうしたら、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


 

考察

条件付きではありますが、デメリット無しでクリーチャーが残る2マナブースト。

 

単なる2マナブーストクリーチャーは《霞み妖精ジャスミン》がいましたが、自壊するという点から4コスト自然の進化クリーチャーにつなげにくかったり、場の打点を増やしながらのマナブーストができなかったり、《母なる星域》や《獰猛なる大地》の種に困ったりと色々不都合な点もありました。また、フィールドにクリーチャーが残るブーストとしては《シビレアシダケ》のような手札からのマナブーストが可能なクリーチャーが存在していましたが、手札を使う事から敬遠されがちでした。

このクリーチャーと《桜風妖精ステップル》は、その辺りの欠点を解消したという点から、革命的なクリーチャーだと言えます。

 

ただし、ステップルが破壊時にデメリットが発生したように、タルホタルも手札のパワー12000以上のクリーチャーを見せなければならないというデメリットを抱えています。

 

真っ先に考える事として、グランセクトとの相性でしょう。

良くも悪くもパワー12000以上のクリーチャーが大半を占めることになるグランセクトなら、この条件は全く気になりません。私今の構築見直そうかしら。

NEOクリーチャーに優秀なものが揃っているグランセクトにとって、場にクリーチャーを残しながらマナブーストができるという点はかなり嬉しいです。万が一除去された時でも被害がそこまで大きくない点はステップルに勝っています。

《ボントボ》につなげてさらにマナブーストができるという点も優秀です。

《一番隊ルグンドド》もいますが、こちらは破壊されると当然軽減ができなくなるので、やはりタルホタルを優先させることになるでしょう。

 

 その他、《「祝」の頂 ウェディング》をはじめとする大型クリーチャーを出す事に特化した「ターボゼニス」等、大型クリーチャーを大量に採用するデッキならばそこまで気にならないデメリットです。ただし、そのデッキの場合はフィールドにクリーチャーを残す必要があるのかどうかが気になるところ。《メビウス・チャージャー》を併用する等、フィールドに残るこの子をうまく活用したいですね。ステップルも同時に採用できれば、《メビウス・チャージャー》が腐る心配もなさそうです。

 

4コスト進化クリーチャーにつなげるような軽いデッキでは、ステップルの方が上でしょう。

 

 パワー12000以上の大型クリーチャーが出てくるたびに、この子の存在を思い出せるという、優秀なクリーチャーですね。

今まで決して強いとは言えなかったグランセクトですが、この子と他の新規グランセクトによってなかなかの活躍が期待できそうです。

 

まとめ

グランセクトデッキ期待のルーキーといったクリーチャーです。また、ビッグマナ系統のデッキでも一定の活躍が期待できます。

グランセクトが気になっていたものの、強いとは言えない性能で手が出しづらかった方も、ここからグランセクトを試してみてはいかがでしょうか。

 

以上。たぶん今頃足ガタガタ。ポフルでした。