ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《コレンココ・タンク》考察 -グランセクトのガチ化があり得る……?【デュエル・マスターズ】

グランセクトで限定構築戦に挑もうか悩んでいます。ポフルです。

 

現在判明分のグランセクト。どれも良い感じですね。

今現在グランセクトの構築をガラリと変えてしまおうか考えるくらいに魅力が詰まっています。

 

今回は、そんなグランセクトの中から《コレンココ・タンク》を考察しましょう。

 

 

 カード情報


コレンココ・タンク

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー12000

■ガードマン

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から、パワー12000以上のクリーチャーを好きな数、自分の手札に加え、残りをタップしてマナゾーンに置く。


 

考察

パワーが12000と大幅に上がり、ガードマンを持った代わりに、手札に加えれるクリーチャーにパワー12000以上という制限が付き、相手プレイヤーを攻撃できないデメリットが付いたテラネスクといったスペックですね。

 


剛撃古龍テラネスク

自然文明 ジュラシック・コマンド・ドラゴン/ジャイアント

コスト6 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から好きな数のクリーチャーを選んで手札に加え、残りをタップしてマナゾーンに置く。


 

テラネスク自体が強力なことを考えればこの子も十分強力だと言えるでしょう。

マナを伸ばすデッキとの相性が良いプチョヘンザに革命チェンジできない点や、手札に加えるクリーチャーに制限が付いた点はテラネスクに劣りますが、その分グランセクト特有のパワー12000以上のクリーチャーのサポートを共有することが可能です。

デッキ内のパワー12000以上のクリーチャーの比率を下げることなくマナブーストカードを増やす事ができる事はありがたいところですね。

 

グランセクト以外のデッキならテラネスクが優先されることは確実ではありますが、手札補充としてではなくマナブーストとして見るなら、「チェイングラスパーループ」「刃鬼」あたりにも採用可能です。

テラネスクで捲った時に、余裕があれば手札に加えたいクリーチャーがパワー12000であれば、この子でも十分代用可能です。当然、テラネスクのようにプチョヘンザに革命チェンジができなかったり、フィールドの関係で手札に加えたかったクリーチャーが手札に加えれないといった事態が発生することが考えられるので、基本はテラネスクが優先されます。《天使と悪魔の墳墓》が気になる場合や5枚目以降のテラネスクが欲しくなった場合に入れるのが良いでしょう。

 

グランセクトとの相性

このカードのおかげで、デッキ内をマナブーストカードを入れつつパワー12000以上で固める事が難しいという点、グランセクトに不足していた手札補充ができるという点を同時に克服できています。《ハイパー・マスティン》等のコストの重いクリーチャーを扱うために、マスティンの踏み倒しの爆発力を犠牲にして《剛撃古龍テラネスク》を入れていたデッキには朗報だと言えるでしょう。

私が使っていたグランセクトも、この子の登場で《メガロ・カミキュロス》を経由せず《ハイパー・マスティン》を出す事ができるようになったので、かなり嬉しい話です。

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

《タルホタル》or《フェアリー・ライフ》(1マナブースト)→《ボントボ》(1or2マナブースト)→《コレンココ・タンク》(ボントボの効果が失敗していれば3マナブースト、2マナブーストに成功していれば2マナブーストで可)とつなげれば、それで10マナに到達します。

 

後で更新する予定の《天風のゲイル・ヴェスパー》の存在もあり、グランセクトの構築は多様性と強烈な爆発力、それでいて平均レベルの安定性を誇るようになったと思っています。(更新しました)

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

なるべく早めにグランセクトの構築を済ませてこのブログで紹介したいところですね。

 

欠点

スペックの高さが目立ちますが、ある程度デッキ内にパワー12000以上のカードを入れる事ができなければテラネスクに劣ります。何度も書いている話ですが。

また、いざという時に相手プレイヤーを攻撃できない点が足を引っ張ることもありますね。この点は進化元として扱う等の工夫でカバーできそうです。

 

デッキに採用する場合はラネスクと違い、ある程度使い方を想定して入れる必要があるクリーチャーです。

 

まとめ

グランセクト版のテラネスクといったスペックですが、場合によってはテラネスクの代わりとしても十分使用可能なスペックです。その場合は、テラネスクと比べてできる事とできない事の理解は必要ですが。

 

このカードや、以前考察した《タルホタル》の存在もあって、グランセクトはさらに盛り上がることになりそうです。……あ、タルホタルの記事の更新日はあれだ。私が死にかけた日だ。

 

 

こんなカードがホイルではなくレア。良い時代になりましたね。

 

以上。レンコンは割と好き。ポフルでした。