ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

《カメライフ》考察 -このエロい目よ。【デュエルマスターズ】

3連続すごいカードの紹介をしたので、今回は何というか微妙なカード。ポフルです。

 

今回のパックの目玉。J・O・E能力。

その能力を持ったクリーチャーの内の1体がこの子ですね。《カメライフ》。

 

……隣のちょっとグラビアっぽい雑誌盗撮してますねこの子っ!!!

 

まぁあれですね。私はグラビアとか興味ないですから。豊崎さんのグラビアとか出たらもう爆買いするって思ってるくらいには興味ないですから。はい。

 

 

真剣に考察しまーす。

 

 

カード情報

カメライフ

火文明 ジョーカーズ

コスト5 パワー2000

■J・O・E 1(このクリーチャーを、コストを1少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこれを山札の一番下に置く。下に置いたらカードを1枚引く)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。

 

考察

コスト4で出す事ができ、出た時に4000火力を放つクリーチャーですね。

J・O・E持ちとしては珍しく出たターンに攻撃できる能力を持たないので、J・O・E能力を使う際には手札の減らない呪文のような感覚で使う事になるでしょう。

 

4000火力を放ちたいだけなら《スチームハエタタキ》というトンデモカードがあります。

 

 

《カメライフ》は、いざという時にJ・O・E能力なしで出して打点にする事や、1ドロー効果を利用した手札交換のように扱う事も出来るので、応用力があります。

 

……とはいえ、4コストで手札の増えないドローをしたいのかどうか、4000火力がどこまでのカードに刺さるのかは考えなくてはなりません。

火力をうまく扱えなければ、5コストパワー2000のクリーチャー。もしくは4コストの《ガード・グリップ》

正直強いとは言えないですね。

 

一応、J・O・E持ちをサポートする《メラビート・ジョニー》がコスト踏み倒しを使うので、この子で《洗脳センノー》を事前に倒してからメラビートというのも無くはないですが……。

 

 

使い道、無い気がしてしまうなあ。

 

一応、今のところ貴重なJ・O・E能力持ちなので、今後に良くも悪くも期待でしょうか。

 

まとめ

ビジュアル、能力、様々な面で残念と言わざるを得ない感じな気がしますね。

一応、まだ層の薄い火のジョーカーズということで、需要はありそうですが、カードプールの増加によってどうなる事やら……と言った状況でしょうか。

 

……とりあえず、豊崎さんの写真集欲しいです。

 

 

 

以上。豊崎愛生の写真集を見つける時は大抵金欠の時。ポフルでした。