ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《シンクロ・シールド》考察 -シンクロサイクル……?【デュエルマスターズ】

グランセクト、マフィ・ギャングと来たので今日はメタリカ……と思いきや単なる呪文です。ポフルです。

 

今回のパックは、新ギミックや新しい方向性のカードが盛りだくさんで、今までのデッキの強化よりも、新たな方向性でのアプローチを試す価値のあるカードが沢山ありますね。

 

そんななか、今回紹介するのは新たなギミックと言える呪文です。《シンクロ・シールド》考察していきましょう。

 

 

カード情報


シンクロ・シールド

光文明 コスト5 呪文

■コストを支払う代わりに、自分の光のクリーチャーを2体タップして、この呪文を唱えてもよい。

■自分の山札の上から1枚を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。


 

 考察

効果自体はありふれたシールド追加です。そのままでは1コスト軽い《天空城の防壁》の完全下位互換となってしまいますね。また、《奇石クローツ》という4コストでシールドを増やせるブロッカーも存在しているので、このままでは立場が無いです。

よってこの呪文は、前半の効果をうまく使う事が必須のカードとなるでしょう。

 

シンクロサイクル……?

この呪文最大の特徴として、自分の光のクリーチャーを2体タップすることによってコストを踏み倒す事が可能です。

 

ちなみに、同弾には、コロコロチャンネルで判明しました《シンクロ・チューン》という呪文も存在しています。

 


シンクロ・チューン

火文明 コスト3 呪文

■コストを支払う代わりに、自分の火のクリーチャーを2体タップして、この呪文を唱えてもよい。

■自分の手札を1枚捨て、その後、カードを2枚引く。


 

《シンクロ・チューン》も、基本的にはコストが1軽く、場合によっては火力を放つことができるS・トリガー呪文《勇愛の天秤》の下位互換となってしまいます。

火文明的には自分のクリーチャーをタップして殴り返しのリスクを背負うよりも、素直に勇愛を唱える方が良いので、採用率は低そうです。

使うなら、「J・O・E」や「B・A・D」で自壊が確定しているクリーチャーをタップするなどの工夫が必要そうですね。

昨日散々な言い方をした、スピードアタッカーを持たないJ・O・E持ちの《カメライフ》とはそこそこ相性が良いです。

 

 

「シンクロ」という名称、そして自分のクリーチャーをタップすることによる踏み倒しから、他の文明にもこのシンクロサイクルがあるのではと予想できますね。所謂シンクロサイクルというものが出てきそうです。

 

メタリカとの相性

さて、そのシンクロサイクルの中でも光文明の《シンクロ・シールド》は、メタリカにとって便利なカードとなりそうです。

 

みなさまご存じの通り、メタリカには攻撃曲げクリーチャーが存在しています。

 

 


 ■このクリーチャーをアンタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーまたは自分のタップしているクリーチャーに変更してもよい。


 

 

この攻撃曲げ能力こそがメタリカの防御性能が高い理由の一つなのですが、この能力は従来のブロッカーと違い、自身をタップしておかないと効果を発揮できないという欠点がありました。

攻防一体と言えば聞こえは良いですが、シールドを殴る事によってトリガーを踏む確率が増えたり、相手に高パワーのブロッカーがいると攻撃できないといったジレンマが発生していました。

その欠点を解消できるのがこのカードです。

攻撃を介さず、コストを支払う事も無くメタリカクリーチャーをタップできるので、かなり心強い味方になるでしょう。

 

また、シールドを増やす能力はラビリンス能力の手助けにもなります。

2ターン目にクリスタ、3ターン目に《正義の煌き オーリリア》を出し、クリスタでシールドブレイクすることでラビリンス達成という話は、オーリリアの記事で話した通りです。

www.dmasters-pohu.com

 

ここに《シンクロ・シールド》を採用するとどうなるのか。

フィールドには、クリスタとオーリリアが並んでいるので、《シンクロ・バリアー》の発動条件は満たしました。

 クリスタとオーリリアをタップして《シンクロ・バリアー》を唱え、シールドを追加。これでラビリンス能力は達成です。そして、オーリリアがタップされているので、いざという時はクリスタを攻撃曲げで守ることが可能です。

今までのクリスタだけでの攻撃パターンだと、クリスタが無防備になってしまうために次のターンの展開が阻害される危険性がありましたが、このパターンならオーリリアである程度守ることも可能です。

 

このように、攻撃曲げのクリーチャーの補助をしながらラビリンス能力の手助けにもなるというこの呪文は、メタリカにとっての便利カードとして扱えそうです。

 

まとめ

地味な呪文ながら、シールド追加と自身のクリーチャーをノーコストでタップする能力から、メタリカとのシナジーが強いカードですね。

 

今までのメタリカデッキに入る余地があるかどうかは考える必要がありそうですが、ぜひとも使いこないしてみたい呪文ですね。

 

 

以上。今回のパックはどれだけ買えるだろうか……。ポフルでした。