ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《DG 〜裁キノ刻〜》-露骨なメタカードですね!【デュエルマスターズ】

 月間コロコロコミック10月号発売日ですね。ポフルです。

 

先月号を私は購入していないのですが、今月号に関しては話は別。

このカード《DG ~裁キノ刻》が付いてくるからですね。

 

このカードの使い道、しっかり考察していきましょう。

 

 

カード情報

 


DG 〜裁キノ刻〜

無色 メタリカ

コスト2 パワー2000

このクリーチャーは攻撃できない。

名前に《DG》とある自分の他のクリーチャー全てのパワーを+5000する。

いずれかの山札からマナゾーンまたはバトルゾーンにカードが置かれる時、かわりにそのプレイヤーはそのカードを自身の山札の一番下に置く。


 

 

コスト2で出せるマナブーストメタ。今までにも《カレイコ》などのブーストメタはありましたが、それらよりもコストが1低く、さらに無色カードである事から、さらに強力だと言えるでしょう。1コスト低い事によって先行2ターン目に立てる事が出来れば、相手のフェアリー・ライフやメンデルスゾーンに間に合う早さになっていることは大きいですね。

 

また、名前に《DG》とあるクリーチャーのパワーを+5000するという、2コストのクリーチャーとしてはあり得ないほどのメリット効果を持ち合わせています。2体並べる事によって、相手が対策のために投入した低コスト火力カードのほとんどを無力化可能です。

なんだこいつ。

 

2体並べる事によって《天使と悪魔の墳墓》が怖くなりますが、そもそも墳墓を入れるデッキはマナブースト手段を入れていないデッキがほとんど。

 

 

欠点としては攻撃できない事。

ゼノゼミツといいデスマッチといい、攻撃できなければどんな効果つけても良いと思われていないだろうか。

 

また、既存のメタリカとの相性が良いわけではない事には注意が必要です。

この子がいるときに《オヴ・シディア》を出した場合、オヴ・シディアの踏み倒し効果で出てくるクリーチャーは全てデッキの下に戻されます。

置換効果なので対策方法もほぼ無しです。

 

光文明ではないのでメタリカNEO進化クリーチャーの進化元にすることもできません。

というより、この子から進化する進化クリーチャー自体がそこまで存在しない上に、それこそマナブーストしないと重いようなクリーチャーが多いですね。本末転倒と言いますか。

 

この子を使う場合は、上記のデメリットも頭に入れた上で使用したいところですね。

 

ドロマー超次元など、コントロール系のデッキで使うといい仕事をしそうですね。マナブースト相手に、今まで強力ながらも不安定な《天使と悪魔の墳墓》で相手のマナを破壊して相手を妨害していた所を、このカードで安定性を得ることが可能です。

 

DGクリーチャーの強化について

現在判明しているのは、《DG ~ヒトノ造リシモノ~》のみです。

今後のプランDGの動きによって、DGクリーチャーの層は増えていく事が予想されます。その場合、この2コストにして5000というトンデモパワー増加能力を持つこの子の需要は上がる事でしょう。

 

楽しみ……?いや、少し怖いですね。

 

まとめ

 露骨すぎる程のメタカードですね。マナブーストが得意なデッキはたくさんあるので、それらのメタカードとして一定の需要がありそうです。

 

《ヴォルグ・サンダー》が流行ったころに突如出てきた《悠久を統べる者フォーエバー・プリンセス》のように、再録まで時間がかかる事が予想されるので、余裕があれば今のうちに集めておきたいですね。

 

 

以上。とりあえず1枚確保。ポフルでした。