ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

《ルツパーフェ・パンツァー》考察 -縁の下の力持ちなあの子【デュエルマスターズ】

……あ、今日から1日1記事更新に戻ります。ポフルです。

 

さて、「気分J・O・E×2メラ冒険!!」が発売されましたが、いいカードは引けたでしょうか。

今回のパックは、新しいデッキを作ってみたくなるようなカードが多いので、皆さん当たったカードでどんなデッキを作ろうか悩んでいる人も多いでしょう。

 

そんな中、グランセクトには序盤のマナブーストを支える心強いカードが、《タルタホル》の他にもう1枚出てきました。

《ルツパーフェ・パンツァー》ですね。

 

 

カード情報


ルツパーフェ・パンツァー

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー12000

■T・ブレイカー

■このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出した時、マナゾーンに置く。手札以外のゾーンから出した時、相手のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。


 

考察

3マナパワー12000でT・ブレイカー持ちという破格過ぎるスペックを誇りますが、普通に手札から出すとマナゾーンに引っ込んでしまうデメリットを持ち合わせています。

その代わり、手札以外のゾーンからバトルゾーンに出した場合は相手のクリーチャーを1体マナ送りにできます。

……勘の良い方は気づいたかもしれませんが、このカード超優秀です。

 

デメリットがむしろメリットな事が多い

手札から出した時にマナに置かれる効果ですが、この子、3マナということで、序盤のマナブーストとして扱う事ができるのです。もはやデメリットとして機能していない気もします。

 

3マナで1マナブースト。《青銅の鎧》のようにフィールドにクリーチャーを残したいと思う場合はやや不便なマナブースト手段ですが、青銅と比べてルツパーフェが優っている部分は、

  • デッキ内のパワー12000以上のクリーチャーの比率を下げることなくマナブーストを搭載することができる。
  • この先流行る可能性がある《DG ~裁キノ刻》に妨害されない。
  • マナからの踏み倒しを行うデッキの場合、確実にマナゾーンに除去効果持ち高打点を置くことができる

以上3点が挙げられるでしょう。 

 

全てにおいて、グランセクトデッキとの相性が良く、《タルタホル》と一緒に今まで影の薄かったグランセクトの革命児となるでしょう。

 

《邪帝遺跡 ボアロパゴス》を使うデッキとの相性もなかなかで、手札から出したルツパーフェをマナに置き、その後ボアロパゴスの能力を起動することによってマナに置いてルツパーフェを即座に召喚することが可能です。相手のクリーチャーをマナに置くというおまけによって、相手のフィールドにも干渉できるのはうれしいところですね。

 


邪帝遺跡 ボアロパゴス

自然文明 コスト7 ドラグハート・フォートレス

■クリーチャーを自分の手札から召喚した時、自然のコスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。

■龍解:自分ターンのはじめに、バトルゾーンにある自分のクリーチャーのコストの合計が30以上であれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。

(龍解前と龍解後省略)


 

 

3マナでマナに置くカードということで《S級原始 サンマッド》の再臨なんて言われたりもしていますが、あの子が規制された理由はループデッキパーツとしての役割として見られた感が強く、ルツパーフェの自身をマナに送る効果は手札から出した場合にしか発動せず、他のクリーチャーも一緒にマナに置くことも出来ず、マナから出た時の効果は相手クリーチャー限定と、ループパーツのリカバリーには使えなさそうな気がしますね。ループデッキ開発者の方々はそういう固定概念をふっ飛ばすような方々がいるので何とも言えませんが。

どちらかというと、《S級原始 サンマッド》をよりビートダウン系のデッキ向きに調整して、ループの可能性を可能な限り潰した感じのカードだと言えそうです。

 


S級原始 サンマッド

自然文明 ゲリラ・コマンド/S級侵略者

コスト3 パワー3000

進化クリーチャー

■進化―自分のコスト3のクリーチャーの上に置く。

■S級侵略[原始]-自然のコスト3のクリーチャー(自分の自然のコスト3のクリーチャーが攻撃する時、自分の手札またはマナゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)

■自分のクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーに「T・ブレイカー」を与える。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにクリーチャーが4体以上あれば、そのうちの1体を選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

他にも、《革命目ギョギョウ》によって、相手のクリーチャーの召喚時にルツパーフェを出してクリーチャーを除去し、反撃の狼煙を上げる、グラスパーのお供にする等、色々な活用法が見出せそうですね。

 

序盤から終盤まで頼りになる、まさに縁の下の力持ちといったクリーチャーになりそうです。

 

欠点

一応欠点もありまして。

自身をマナゾーンに置くという効果の都合上、《天使と悪魔の墳墓》は刺さりやすいです。

 


天使と悪魔の墳墓

光/闇文明 コスト4 呪文

マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

S・トリガー

バトルゾーンに同じ名前のクリーチャーが2体以上あれば、それらをすべて破壊する。

その後、相手のマナゾーンを見て、同じ名前のカードが2枚以上あれば、それらをすべて破壊する。


 

自身がマナゾーンに複数溜まりやすくなり、対策方法も「相手がハンデスを使うタイプなら、複数被ったこの子を捨てる事も視野に入れる」くらいしかないのが現状です。

グランセクトの場合は、元々ハンデスに強い《キキリカミ・パンツァー》を採用できる事もあってそこまで痛手にならないかもしれないですが。

 

まとめ

《DG ~裁キノ刻~》に引っかからないマナブーストとして、グランセクトにとっては、パワー12000以上のクリーチャーの比率を下げないマナブーストとして、この先需要が高まる可能性を秘めたカードですね。

パワー12000以上のクリーチャーを大量に採用したいグランセクトにとっては特に頼もしい存在です。私も採用しましょ。

 

マナに送った後も、自然文明お得意のマナからの展開によって動き出す事も可能です。

 

可能性を秘めたカードなので、皆様是非。グランセクトと共に。

 

以上。私はマスティンで出します。ポフルでした。