ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

そろそろ《オヴ・シディア》の本当の強さを伝えようと思う。

正直な所、ビートジョッキーで結果を残すよりもメタリカで結果を残したいポフルです。

まあそれ以上に好きなのはグランセクトですが。

 

メタリカのマスターカード《オヴ・シディア》。

ビートジョッキーのマスターカードである《"罰怒"ブランド》や、ジョーカーズのマスターカードである《ジョリー・ザ・ジョニー》の2体が優秀過ぎるせいなのか、それとも種族自体が注目されていないのか、とにかくあまり目立っていないマスターカードですね。

 

コストの問題や、他2種と比べた時の「相手を絶対に倒す」という殺意にも似た攻撃性能が無いという点等、注目されない理由は分かっているのですが、だからと言って=弱いというにはもったいないこの子。

《オヴ・シディア》の評価自体は過去にも書いていますが、今回はこのマスターカードをもっと掘り下げていこうと思います。

 

www.dmasters-pohu.com

 

カード情報おさらい

 

オヴ・シディア

光文明 メタリカ

コスト8 パワー13500

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーと同じ枚数、自分の山札の上からカードを表向きにしてもよい。その中から、コスト6以下のメタリカをすべてタップ状態でバトルゾーンに出し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

■マスター・ラビリンス:このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドまたは自分のクリーチャーの数が相手より多ければ、自分の手札をすべて、裏向きのままそれぞれ新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。


 

 

何故そこまで注目されていないのかをおさらい

第1に、他のマスターカードの能力が攻撃性能に特化しているがために、相手を直接狙う能力が無い《オヴ・シディア》が相対的に弱く見えてしまう点でしょう。

《ジョリー・ザ・ジョニー》も《"罰怒"ブランド》も、出たターンに勝負を決めるための能力を持ち合わせていて、わかりやすい強さがありました。

反面《オヴ・シディア》は、踏み倒しは相手にやや依存し、《マスター・ラビリンス》もシールド増加という防御寄りの能力で、「このターンで勝負を決める!」と言えるような能力を持っていない事が弱く見えてしまう原因なのでしょう。

 

第2に、コストの重さが気になりますね。

ジョリーもブランドも、採用されるデッキの特徴から早い段階での降臨が可能です。《オヴ・シディア》は今のところ《星の導き 翔天》の効果で出すくらいしか早出しの方法はありません。そのコストは6。

一番隊等を使って速度を速める事も可能ですが、上2枚には勝てない事が明確な欠点だと言えるでしょう。

 

第3に、メタリカ自体の強さの問題があるでしょう。

一応、メタリカデッキ自体はかなり強い部類に入ります。私が偶然出たデュエマの非公認大会では、モルトNEXTをあと一歩のところまで追いつめたダンディーな方を見ています。モルトNEXTの方も別に事故を起こしていたわけでもなく、メタカードによる妨害によってかなり足を引っ張られていましたね。

戦い方、メタカードの選択次第でビートダウン系統からコントロールまで幅広く戦う事ができるデッキなのですが、メタカードと自身の展開を補助するカードのどちらを優先すべきかという難しさと、除去能力の低さによる相手クリーチャーの処理能力の低さ、軽量ブロッカーによるコントロールと違い、相手の攻撃を止める方法がやや特殊な点から有利な速攻相手にも工夫が必要な事等、とにかく扱いが難しく、同じようなデッキにより単純な「白単サザンルネサンス」の存在からそちらで良いやんという結論に達してしまう事も原因でしょうか。

 

 

 じゃあオヴ・シディアって弱いんですね?

 

そう言われると弱いというわけでも無いんですね。

 

第一の問題点、攻撃性能についてですが、一度マスター・ラビリンスによるシールド追加に成功すると、相手にとってはかなり厄介な防御性能を誇るカードとなります。

オヴ・シディアが出ているということは、ほとんどの場合オヴ・シディアの能力によるメタリカのコスト踏み倒しが成功している盤面。攻撃を曲げるメタリカも何体か存在していることが殆どで、その状態からシールドを削ることは困難となります。

 

もう少し言うと、オヴ・シディアを除去する札や、シールドの焼却方法がない限り、相手としては1ターンで大量に増えたシールドを全て破りながらトドメまで刺せるまでの打点が揃わない限り、勝つことが困難となります。どう言うことかというと、

 

  1. オヴ・シディアの効果でシールドが5枚になる。
  2. 相手がその内のシールド3枚を破る。
  3. オヴ・シディア側は破られた分、つまり3枚手札が増える。
  4. 返しにオヴ・シディアのマスター・ラビリンスによって、破られた分のシールドが回復する。
  5. 以下、ループ。

 

相手としては、オヴ・シディアとその周りのメタリカ軍の攻撃を凌ぎつつ、トドメを刺すことを考えなければならず、かなり不利な状況に陥ることになります。

ある意味、最高の攻撃性能とも言えるでしょう。

 

コストの重さですが、一応、一番隊やジャスティ・ルミナリエ、翔天といった、オヴ・シディアを早期に出すためのクリーチャーは揃っています。不安定ながら、《ノヴァルティ・アメイズ》による踏み倒しにも対応しており、サポート自体は多い方です。

それらは思考停止で扱えるようなカードではない事もおそらくはオヴ・シディアが弱いと言われる原因の一つかもしれませんが、こうしたサポートカードの多さは素直に評価できますね。

 

第3に、メタリカ自体の強さですね。これに関しては何とも言えないところです。

構築次第なところもあるのでしょうが、私のメタリカは、ジョーカーズやドギラゴン剣、ビートジョッキーあたりに中々の勝率を誇っており、それを考えると弱いと言えるデッキでも無いでしょう。ただ、今の環境デッキと戦った時にやや不利な感じはありますが。

 

 

ここで挙げた事を踏まえて考えると、確実に弱いカードでは無いんです。

メタリカの扱いの難しさ、オヴ・シディアのサポートカードの難しさなど、全体的に扱いが玄人向けな事からあまり人気がないのでしょう。そりゃあ、相手の動き方とか自分の手札とかシールドとか気にしなきゃいけないデッキよりも、何も考えなくとも3〜4ターンでトドメまで行けるクリーチャー軍の方が人気になりますよね。

 

何が言いたいのかと言えば、

「メタリカは雑魚」なんていって欲しくないね!!!

って事です。

 

まとめ

最後の方、メタリカデッキ使い心の叫びみたいになりましたが、オヴ・シディアが弱いという話や、メタリカが雑魚という話を聞くと悲しい気分になるんですよね。

その辺りの私の叫びを、今回文章にしてみた感じです。

 

こうして文章に書くだけではなく、ちゃんと結果で示したいところです。

 

 

以上。ジャスティ・ルミナリエの使い方に苦労しているポフルでした。

あれクセが強すぎんぞ……。