ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《コクーン・シャナバガン》考察 -便利な呪文になりそうです【デュエルマスターズ】

グランセクトでちびっこ相手に無双してみました。ポフルです。

 

今回の自然のカードは良いカードが揃っている印象ですね。《DG ~裁キノ刻》のような、主に自然へのメタカードが出てきた事も関係しているのかもしれませんが。

 

さて、今回はそんな自然文明から、《コクーン・シャナバガン》という、新たなスーパー・S・トリガー呪文の紹介です。

 

 

カード情報


コクーン・シャナバガン

自然文明 コスト6 呪文

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)

■自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。

S-自然の進化でないクリーチャーを2体まで、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

考察

スーパー・S・トリガー持ちの呪文で、2枚ブーストしつつマナからカードを1枚回収という、《飛散する斧 プロメテウス》に似た効果を持ちます。

こちらの方がコストが高く、呪文のためにフィールドのカードは増えませんが、マナに置くカードはアンタップして置くことができるという利点があります。

 


飛散する斧 プロメテウス

水/自然文明 アウトレイジ

コスト5 パワー1000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚をマナゾーンにタップして置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。


 

プロメテウスが色の合う様々なデッキで使われていることを考えると、このカードも十分強力です。自然単色としては珍しく呪文やD2フィールドも回収できるという汎用性も評価できます。

 

基本的には、クリーチャーでありコストが1軽い《飛散する斧 プロメテウス》が使いやすく、重さが気になるデッキなら使用感や色は違うものの、《黙示賢者ソルハバキ》等が存在しているので、シャナバガンを使おうと思う場合、

  • 自然単色であること
  • スーパーボーナス時のマナからの踏み倒しを活かす事

この2点に注目したいところですね。

 

他カードとの差別化

特に注目すべきは、スーパーボーナス獲得時の効果、「自然の進化でないクリーチャーを2体まで、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す」という効果でしょう。

スーパーボーナス獲得時なので他のスーパー・S・トリガー同様不安定ではありますが、マナ回収といざという時のトリガー枠の両方の役割を持てるカードというのはなかなか心強いですね。

 

出すクリーチャーも、「自然の進化でないクリーチャー」と、範囲は広いのですが、この効果自体に相手を妨害する能力は無いので、このカードに妨害を任せたいならバトルゾーンに出た時の効果で相手のクリーチャーを触る事の出来るクリーチャーを採用すべきでしょう。

単純に、S・トリガーを持つ《罠の超人》や《大地の超人》、《ゼノゼミツ》あたりを採用しているならこの能力も活かしやすいでしょう。

他にも、《龍魂教会 ホワイティ》を出せるドラグナーや、相手をマナ送りにしてみたり、そもそもトリガーして即ループ作業に移る事も出来る《グレート・グラスパー》やグラスパーがマナにいる状態での《連鎖類超連鎖目チェインレックス》など、考えられることは多いですね。

 

当然、グランセクトでもこの能力を活用できます。

相手クリーチャーをマナ送りにしたい場合は、前述の《グレート・グラスパー》をはじめ、《ルツパーフェ・パンツァー》、《パンプパンプ・パンツァー》あたりが、相手フィールドの攻撃可能クリーチャーがパワー3000以下ばかりならば《ハイパー・マスティン》がその攻撃を止める事が可能です。

 

自然を含む多色クリーチャーも候補に挙がります。

《偽りの王 ヴィルヘルム》や《偽りの王 モーツァルト》、直接の妨害にはつながりませんが《天罪堕将 アルカクラウン》等、出したいクリーチャーはたくさんいますね。

ただし、それら多色クリーチャーを出す場合は《蒼龍の大地》がライバルとして挙がってくる事には注意が必要です。

あちらはマナが溜まる終盤ならスーパーボーナスを発動させずともそれらのカードを出しながら強制バトルを行う事ができる上に、手打ちでも踏み倒し効果が使えます。

こちらは速攻相手でも使える可能性がある点に注目すべきでしょう。

 

相手の妨害札として使う場合は出すクリーチャーにも気を使わなくてはなりませんが、強力な重量級クリーチャーを2体も出せるその能力は単純に考えて脅威的なもの。

発動して相手の妨害に成功した場合、返しのターンには勝利に大きく近づきそうです。

 

まとめ

マナ回収としては、重い分マナを増やしながら好きなカードを手札に加える事ができるという優秀さが光るカードです。

スーパーボーナス獲得時も、出せるクリーチャーの制限が緩い事から発動できればすさまじい逆転劇を作り出せる可能性を秘めていますね。

 

「マナ回収を搭載したいし、妨害札も増やしたい」 と感じた際、自然のクリーチャーを主に扱うデッキならば是非、考慮に入れてみてください。

 

以上。この効果で《金色目 ポラリス》と《ハイパー・マスティン》を出して相手を不殺することに成功したポフルでした。