ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《天使と悪魔の墳墓》考察 -デュエマのゲーム性を支える怖いカード【デュエルマスターズ】

ハイランダー系のデッキ大好き。ポフルです。

 

デュエマについて、もう少し言うとカードゲームに対しての見方が変わって、デッキ構築について「ただ強いカードを入れるだけではだめ」「コンセプトをしっかり定めるべき」という事を知った今でも、1枚積みのカードを多数入れたデッキというものを作って試したくなるわけです。

 

そんな、所謂ハイランダーデッキにとっての強い味方となり得るのが、今回の《天使と悪魔の墳墓》ですね。今まで新しいカードばかり考察してきたので、たまにはこういうカードも紹介しておきましょう。

 

 

カード情報


天使と悪魔の墳墓

光/闇文明 コスト4 呪文

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■S・トリガー

■バトルゾーンに同じ名前のクリーチャーが2体以上あれば、それらをすべて破壊する。その後、すべてのマナゾーンを見て、同じ名前のカードが2枚以上あれば、それらをすべて破壊する。


 

考察

少し複雑な感じですが、バトルゾーンの同名クリーチャーを根こそぎ破壊し、マナゾーンの同名カードを根こそぎ破壊する呪文です。

 

一見条件が難しく見えますが、相手が4枚積みのカードのみで構成されたデッキを使う場合、このカードの発動機会もあるでしょう。

速攻デッキ、ビートダウンデッキ、コンボデッキ辺りは、デッキの安定性を高めるために4枚積みのカードばかりになる傾向があるので、このカードが刺さりやすいです。また、マナを大量に溜めるデッキも、上記デッキ程4枚積みのカードは多くないですが、マナに置くカードが多い分同名カードが置かれる可能性も高いので、発動機会が多そうですね。

 

このカードの存在によって生じるプレイングと構築の多様性

このカードですが、上手く発動できればこの呪文1枚の消費だけで2枚以上のカードを除去する事ができるカードになります。しかも、マナのカードをふっ飛ばす事ができるので、これを4ターン目にやられた場合、2マナ破壊された方の勝ち筋が一気に減ってしまいます。

そのため、このカードを使うと思われるデッキと戦う場合はマナゾーンに同名カードを置かないよう、細心の注意を払わなければなりません。厄介なのは、このカードを使うデッキというのは、闇のカード、つまりハンデスカードが搭載されている事があるので、ハンデスによってマナに同名カードを置かなくてはならない状況が生まれる事が出てきてしまうのです。

そこで、このカードを意識する場合はデッキ構築の時点で「同名カードを4枚積むことを控える」という構築をしなければなりません。

 

色々なカードゲームに共通して、「デッキ構築の際、キーカードは複数積まなければならない」という常識がありますが、デュエルマスターズというゲームでは、この《天使と悪魔の墳墓》の存在によって、この常識が通用しないのです。

 

大会などに出る場合、嫌でもこのカードの存在を頭に入れる必要があります。プレイング、デッキ構築等、様々な要素に関わるカードなので、覚えておきたいカードになりますね。

 

とはいえ逆に言えば、このカードの存在さえ意識しておけば回避もそこまで難しいものではありません。このカードに苦しめられている場合、同名カードを何か別のカードに変えてみる等してみてはいかがでしょうか。

 

使う際の注意

さて、褒めちぎってきましたが、このカードは自分にも影響を与えるという事に注意しなければなりません。

自分も同名カードが根こそぎ破壊されてしまうので、単純に色が合うからと入れても機能しないカードになりがちです。このカードを入れる際は、自分も1枚積みばかりのデッキにするという構築、なるべく同名カードをマナに置かないようにするというプレイングを意識しなければなりません。

使われる側の場合、ある意味では「使われたらしかたねぇや」と開き直る事も可能ですが、使う側はそういうわけにもいかないので、ある意味使われる側以上にこのカードを意識しなければならなくなるのが欠点と言えば欠点でしょうか

 

また、4枚積みだらけのデッキにすることができないということは、安定して決まった動きができるデッキで戦えないために、相手の場や自分の手札と相談して戦う事を強いられます。上級者向けのデッキで戦う事を強いられるので、玄人向け、上級者向けのカードになってしまいますね。

 

また、相手も同じようなデッキの場合にこのカードの効果が薄いことは分かるのですが、カード資産が少ない、またはデッキ構築に関する知識の無い相手にも効果がありません。カード資産が少ない方や、デッキ構築の知識が無い方は、1枚積みのカード等が多くなりがちです。

ガチガチの初心者の人には天使の顔。上級者になればなるほど悪魔の顔に見えるこのカード。自分に多くの恩恵を与えるカードになり得るものの、同時に自分の足も引っ張る事になりがちなこのカードは、まさに天使と悪魔といったところでしょう。

 

天使と悪魔。どちらも味方に付ければ心強いのですが……。

 

まとめ

私の大好きなこのカード。最近は使っていないのですが、上手く使いこなせる人にはまさに天使のような存在ですし、4コストという軽さ1枚で大量のカードを破壊できる事の魅力は悪魔的。

 

その分、使いこなせなければプレイングやデッキ構築の面で被害を被る事になるので注意したいですね。

 

 

以上。天使も悪魔も超越したモノが憑いている私は、ヴィスエンマが5枚の大台に乗りました。ポフルでした。