ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《夢の変形デュエランド》考察 -昔感じた可能性も含めて専用デッキの強さを語る【デュエルマスターズ】

某夢の国の思い出は実はそこまで無かったり。ポフルです。

彼女が大好きなのでいつか一緒に行きたいとは思うのですが。

 

さて、そんな某夢の国と言えばデュエルマスターズ。とにかく夢の国関連様々な場所に喧嘩を売っているとしか思えないぎりっぎりのパロディをねじ込んだりとやりたい放題していました。

今回考察するこのカード《夢の変形 デュエランド》もその一つです。

 

 

 

カード情報


夢の変形 デュエランド

水文明 ジ・アンサー

コスト14 パワー14000

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが召喚されてバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から7枚を墓地に置く。その中から、コスト7以下のカードを好きな数、コストを支払わずに使ってもよい。そうして7枚すべてを使った場合、自分はゲームに勝つ。

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の墓地のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。


 

 

 

考察

コスト14と、ゼニスも真っ青の重さを持つクリーチャーで、エクストラウィン能力を持っています。その条件は、デッキの上から7枚を墓地に置き、その中のコスト7以下の水のカードを踏み倒す効果で、7枚すべてのカードを使用する事に成功する事です。

 

普通に考えれば、デッキの中身をすべてコスト7以下の水のカードにしてしまえばエクストラウィンが可能というトンデモクリーチャーになりますね。

仮に条件を達成できなくても、何枚かのカードの踏み倒しに成功することで、盤面の制圧に繋がります。とはいえ、14マナも支払う事を考えればエクストラウィンを考えていきたいところです。

 

エクストラウィンの条件と、それによるデッキ構築難度

昔はこの子。ロマンと実用性を兼ね揃えたものすごく強いカードに見えていたのですが、当時のカードプールでは、そのマナコストの大きさをどのように解消するのかが課題となっていました。

 

単純に出すだけなら、専用サポートともいえる《イッツ・ショータイム》があります。

 


イッツ・ショータイム

水文明 コスト8 呪文

■相手は進化でないクリーチャーを好きな数、自身の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、自分は、その中でコストが一番大きいクリーチャー以上のコストを持つクリーチャーを1体、手札からコストを支払わずに召喚してもよい。(相手がこのようにしてクリーチャーをバトルゾーンに出さなかった場合、自分の好きなクリーチャーを手札からコストを支払わずに召喚してもよい)


 

ただし、それを唱えるのにも8コストを払わなくてはならないというジレンマがありました。

自然のカードを併用してマナブーストと行きたいところですが、自然単色カードを入れれば入れる程デュエランドのエクストラウィンが失敗しやすくなるという問題点、そして、インフレが加速していた当時、水単色で長期戦を耐え抜くことが難しかったという面もあり、デュエランドはファンデッキの域を超えることができないデッキとなっていました。

 

しかし、今年8月。クロニクルレガシーデッキ「風雲!!怒流牙忍法帖」が発売されたことによって、評価が一変します。

 

www.dmasters-pohu.com

 このデッキは「シノビドルゲーザ」を大幅に強化したデッキとなっていますが、その中に収録されたいるカード《怒流牙 猿飛の超人》《電脳鎧胄アナリス》《怒流牙 サイゾウミスト》の三種類の登場により、準青単と呼ばれるデッキが「デッキの中身を青のカードで統一しても、早期に安定してマナブーストを行う事ができる」「優秀なシノビによって長期戦もそこそこできるようになった」という強みを獲得することになりました。

 

エクストラウィンの条件から準青単として構築することが推奨されるデュエランドのデッキも例外では無く、デッキの《イッツ・ショータイム》《夢の変形 デュエランド》以外のカードを全てデュエランドの踏み倒し範囲内のカードで構築しても、安定したマナブーストとビートダウン耐性を得ることができるようになったのです。

 

余談ですが、私はおととい非公認大会に「赤単ビートジョッキー」で挑んだのですが、見事このデッキに負けました。

脳筋の拳は、水の柔らかさに受けとめられてしまいました。

 

《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》も、その弾力のある防御力に貢献しており、《英雄奥義スパイラルハリケーン》《超次元ガロウズ・ホール》を唱えられるのは脅威です。カード除去には弱いのですが、対策していなければきついですね。

 

そういった、豊富なトリガーやシノビ、そしてマナブーストによる速度、水の安定したドロー能力によって、相手の攻撃を受け流しながらコンボを整える事ができるのが、デュエランドの強みとなりました。

 

ここで紹介したカードが全て、デュエランドの踏み倒し圏内のカード。つまり、これらのカードで構築すれば、デュエランドを出した際確実にエクストラウィンを達成できるという事です。ヤバいですよね。

 

ここで紹介したデュエランドデッキ。実は最近のCSでも優秀な成績を収めたそうです。いやぁ、すごいデッキビルダーの方がいるもんです。脱帽。

 

欠点

このデュエランドですが、《イッツ・ショータイム》で出す事を前提としているので、《イッツ・ショータイム》でデュエランドコストを出されると終了です。そんなカードほとんどないけど

踏み倒しメタに関しては、イッツ・ショータイムによる踏み倒しが召喚扱いなので基本無力です。反面、呪文封じにはかなり弱いですね。

 

防御手段を呪文やシノビに頼るので、単騎ラフルルには弱いです。このコンボが多用される環境で上位に挙がることは難しいでしょう。

 

また、キーカードとなる《夢の変形 デュエランド》や《イッツ・ショータイム》をシールドに埋められたりするときつそうですね。

このデッキは、デュエランドもショータイムもデュエランドの踏み倒しに対応していないので、できる限り採用枚数を少なくなっていることがほとんどです。そのためそれらを回収が困難なゾーンに移動させられると途端に厳しくなります。

 

まとめ

 「安定した水文明のマナブーストカードが出れば化ける」とは思っていましたが、ここまで化けるとは思ってもいませんでした私。

ド派手なデッキを組みたい方はどうでしょうか。

 

 

以上。こういうデッキに再会した時のために、クラウンオーケストラは準備しておこう。

ポフルでした。

真っ向から無効化してやるぜ……。