ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《鬼動兵 デメタイ》 -デメリットを活かしてアーヤコーヤ【デュエルマスターズ】

最近私の周りではキズナプラスが流行り。ポフルです。

 

キズナプラス。単体で十分強いものがほとんどで、その単体で強い能力を一度に複数扱う事ができるこのシステムは魅力ですね。

 

そんなキズナプラス持ちのカードの中から今回は《鬼動兵 デメタイ》を考察したいと思います。

 

 

カード情報


鬼動兵 デメタイ

水文明 ムートピア

コスト4 パワー6000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、攻撃の後、自分の手札に戻す。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP-このターン、自分のクリーチャーはブロックされない。


 

考察

自分のクリーチャーすべてにアンブロッカブルを与えるキズナプラス能力を持つ4マナ6000のNEOクリーチャーです。

W・ブレイカーも持っており、中々スペックは高いのですが、ターンの終わりに手札に戻るデメリットを持ち合わせていますね。

 

コスト4でW・ブレイカー持ち、かつブロックされない進化クリーチャーと言えば、《大船長 オクトパスカル》が存在しています。

 


大船長 オクトパスカル

水文明 サイバー・ウィルス海

コスト4 パワー6000

進化クリーチャー

■進化―自分の水のクリーチャーの上に置く。

■このクリーチャーはブロックされない。

■W・ブレイカー


 

 

単に3~4ターン目にアンブロッカブルのW・ブレイカーが欲しいのであれば、バウンスのデメリットが無いオクトパスカルの方が適任です。

《鬼動兵 デメタイ》を使うのであれば、種族の違いとキズナプラス能力、アンブロッカブルを自軍全員に与える事、そしてデメリットをメリットに変換する方法を考える必要がありそうですね。

 

種族の違い、キズナプラス能力、デメリットをメリットに変換する方法。

この3つについて考えると、他のキズナプラス能力持ちのクリーチャーとの併用、そして《貝獣 ジミーシ》との相性が挙げられそうです。

 

《貝獣 ジミーシ》との併用

 


貝獣 ジミーシ

水文明 ムートピア

コスト3 パワー1000

■自分のターンの終わりに、バトルゾーンに自分のムートピアがあれば、このクリーチャーを自分の墓地から手札に戻す。


 

キズナプラス能力というのは、進化元を補充することを考えなければ基本的に使い捨ての能力です。

1回でも能力を発動できればそれで充分と言うようなクリーチャーもそこそこいますが、何度も効果を発動してアドバンテージを獲得したいクリーチャーも多いです。

同じ文明の《貝鬼動 アワービ》や《甲殻鬼動隊 ゼピーチェン》、他文明の《ロロカゲティ》《凶鬼82号 スタフ》あたりは、できれば何度も効果を発動させたいキズナプラスクリーチャーですね。

 

《グスタフ・アルブサール》とバベルギヌスのコンボのように、1ターンの間に無限にキズナプラスを発動するコンボでは無いですが、毎ターンキズナプラスを発動させたいのであれば、この《鬼動兵 デメタイ》と《貝獣ジミーシ》のコンボで実現可能です。

 

フィールドに進化状態の《鬼動兵 デメタイ》と他ムートピアクリーチャー。墓地に《貝獣 ジミーシ》(ジミーシはデメタイの進化元でも可)が揃っている場合、デメタイは攻撃後、手札に戻り、ジミーシもフィールドにムートピアが残っているのでターンの終わりに手札に戻ります。

つまり次のターン、手札のジミーシを召喚し、その上にデメタイを重ねて進化することで、もう一度キズナプラス能力が使用可能となるのです。

ジミーシがコスト3、デメタイがコスト4なので、そのままでは合計コストが7になりますが、《一番隊 ザエッサ》との併用でコスト5に減らす事も可能です。

 

毎ターン自軍をアンブロッカブルにすることができ、さらに他のキズナプラス能力との併用で毎ターン堅実にアドバンテージを稼ぐことが可能となります。ムートピア軸のビートダウンデッキでは、毎ターンセビーチェンで2ドローか相手のクリーチャーのバウンスかを選び、毎ターンアワービで手札を整える……など、面白い動きができそうです。

他のカードでも、シールドブレイクによって増える手札をスタフで最小限に抑える、ロロカゲティで次ターンにできる事を増やす……等、色々考える事ができそうですね。

 

デメリットについて

そもそも、攻撃後手札に戻るという効果をデメリットと捉える事も間違いかもしれません。

あえてキズナプラス能力を使わず、《貝獣 ヒラーガ》等の出た時効果の再利用をしてみる、アンブロッカブル化と手札に戻る効果から、高パワーブロッカーによるブロックや相手クリーチャーの殴り返しに強いというメリット効果と捉える事も可能です。

 

相手を一気に追い詰めるというプレイングは難しいですが、ちまちまといやらしく相手を殴るようなプレイングは得意なクリーチャーだと言えそうですね。

 

まとめ

キズナプラス能力はやや地味ですが、アンブロッカブルが刺さる相手にはなかなか頼もしい効果で、手札に戻るデメリットも他のカードとの併用や考え方によってはメリットに変換することも容易ですね。

キズナプラスを複数回発動したい場合には、バウンス効果を利用することも考えられます。色々考えてみたいカードですね。

 

 

以上。私も限定構築でロマン構築を発見しましたが、まだまだ調整不足で困っています。ポフルでした。