ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《新・天命王 ネオエンド》考察 -インスパイアなのかなんなのかはともかく強いと思います。【デュエルマスターズ】

 でっかいクリーチャーが出るとなんだかワクワクしてくるポフルです。

 

さて、今日も判明しました。ゴールデンベストの新クリーチャー。《新・天命王ネオエンド》

 

 なんだかどこかで見たことがある効果と見た目ですが、色々考察していきましょう。

 

 

 

 

 カード情報

 


新・天命王 ネオエンド

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン

コスト10 パワー14500

■ブロッカー

■T・ブレイカー

■自分のドラゴンが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。

■自分のドラゴンがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分のシールドを2つ、手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない。


 

考察

ドラグハートクリーチャーである《真・天命王 ネバーエンド》のリメイク……でしょうか。もしくは転生か。

どちらにせよ、名前といい効果といい意識しているのは間違いないでしょう。

 

 


真・天命王 ネバーエンド

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン

コスト10 パワー14500

ドラグハート・クリーチャー

■自分のドラゴンが攻撃する時、バトルゾーンにある相手クリーチャーを1体選びタップしてもよい。そのクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップされない。

■T・ブレイカー

■真・エスケープ(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分のシールドをふたつ手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない)

龍解前《真聖教会 エンドレス・ヘヴン》


 

 

ネバーエンドからの変更点は、

  • ブロッカーが付いた。
  • 味方のドラゴンにも真・エスケープを付与できる。
  • メインデッキに入る。

ですね。

そもそもあちらはドラグハート・クリーチャーなので運用方法が違います。気にしたいのはメインデッキに入るかどうか位でしょう。

 

コスト10という重さ、ブロッカー、そして出しただけで勝負を決めるカードでは無いという事を考えると、マナブーストして出すよりも《ヘブンズ・ゲート》で踏み倒すのが良さそうですね。つまり天門系のデッキで扱えというカードになりそうです。

 

 

おそらく一番最初に思いつくのは天門系のデッキが《異端流しオニカマス》や《デスマッチ・ビートル》が出ても能動的に動けるようになった事でしょう。

 

自分のドラゴン全員に真・エスケープ(正確には真・エスケープではないけれども)を与える効果により、このクリーチャーともう1体のクリーチャーとで4枚ものシールドを必要とするとはいえ天門での展開が可能となりました。自分のシールドを大幅に減らす事にはなりますが、そこは天門から出るブロッカーでカバーしましょう。

 

ロージアミラダンテで活躍……は微妙な所です。

要となる《真・龍覇 ヘブンズロージア》は、ヘブンズゲートで同時に出す事ができず。このクリーチャーはドラゴンズサインで出せずとなかなか厳しいところ。そもそも相手の攻撃に対してカウンター気味に動ける点がロージアミラダンテの利点の一つであり、オニカマスに対して過剰な警戒をすべきかどうかという問題も出てきます。

ロージアミラダンテにとって天敵の単騎ラフルルのコンビに対応できない点も微妙です。むしろ出来たらドン引きですが

とはいえ、ほぼ確実に入っている《時の秘術師 ミラクルスター》と一緒に出す事を考えてみたり、相手からの攻撃に対してヘブンズゲートをトリガーさせてこの子を展開しておき、返しのターンに《ドラゴンズサイン》でロージアを安全に降臨させてみたり、一度制圧に成功した後、ヘブンズ・ヘブンの効果で出して制圧力をより高めてみる等、完全に無いというわけではなさそうですね。

自分のドラゴンの攻撃時にフリーズを放つ能力も、スピードアタッカーを付与する事ができるロージアと相性が良いです。

 

レッドゾーン系統のデッキに対して出せるとなかなか心強く、《轟く侵略 レッドゾーン》の破壊効果はエスケープによって回避、このクリーチャーでブロックして一方的にレッドゾーンを破壊という動きが可能になります。相手としては《禁断の轟速レッドゾーンX》を採用していない限り、《伝説の禁断 ドキンダムX》を解放する、もしくはレッドゾーンを何枚も重ねてシールドを安全に0にする以外に勝ち筋は無くなります。

どちらの方法も、前者は《ミラクル・ミラダンテ》によって耐えられた後、《アルカディア・スパーク》による強制敗北の危険性、後者は増えた手札で制圧されるという危険性があるので、相手の不利には変わりなさそうです。

 

 

そういった細かいことを考えずとも、「天門で出せる」「攻撃可能」「光単色」「デメリット無し」のクリーチャーの中では最大のパワーと打点を誇るクリーチャーです。

それでいて耐性まで持っているとなれば、「天門唱えて殴るだけ」というデッキでも十分な強さを発揮できるでしょう。

 

この先の天門系デッキにとっての救世主となるのでしょうか。将来が楽しみなクリーチャーですね。

 

まとめ

 

なんだか久しぶりに登場した気がする、でっかいブロッカーです。

メリット効果が色々できそうですが、そんな事関係なく出せるデッキで出して殴るだけでも強そうなクリーチャーですね。

 

見た目もなかなか良いので、久しぶりに復帰するデュエリストの方で、過去に「天門唱えてシリウスとかで殴るデッキ使ってた」という方にお勧めしてみたいカードですね。

 

 

以上。やはりデカいクリーチャーは強い(昆虫)並感)。ポフルでした。