ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《奇石 カンラ》考察 -これは悪いラビリンスの例【デュエルマスターズ】

少し前、非公認大会に出た時「メタリカマジ救いようのない雑魚」と言っていたプレイヤーがいらっしゃったのですが、先週あたりに同じ人が「メタリカマジ強いからね?」と言っているのを聴いて、失笑してしまったポフルです。

私はほら、前から「メタリカ強いやん」って記事に書いてましたからね。はい。本当ですよ?

 

そんなメタリカの中から今回は《奇石 カンラ》を考察しましょう。

 

 

カード情報


奇石 カンラ

光文明 メタリカ

コスト2 パワー2000

■ラビリンス:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドの数が相手より多ければ、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。


 

 

考察

正直、弱いと言わざるを得ない。

 

2マナ2000のメリット効果持ちクリーチャーですが、その能力は出た時にタップするラビリンス能力です。

 

コスト2でクリーチャーをバトルゾーンに残しながらタップする効果を使いたいのであれば、《ルロックJ》がすでに存在しています。この子はラビリンスを達成する必要がありません。

 


ルロックJ

光文明 ジャスティス・ウィング/イニシャルズ

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。


 

カンラは《ローズキャッスル》のようなパワー低下や火力に強いという利点こそありますが、それでも1000の差しかないです。

……せめてフリーズにしてもよかったのでは。

もしくは攻撃時にもタップ可能とかね。

 

限定構築で使える点やメタリカである点を活かすにも、1コスト上に《奇石 アムベル》が存在している事も向かい風。

 


奇石 アムベル

光文明 メタリカ

コスト3 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。そのクリーチャーは次のターンのはじめにアンタップされない。


 

 とにかくラビリンス能力という点が足を引っ張り、かなり使いにくいカードですね。

 

一応、相手がサザンルネサンスのような、序盤にブロッカーを並べるタイプのデッキだった場合には、そうしたブロッカーを一時的に回避するために使われる事もあるかもしれません。

現状のメタリカは優秀なラビリンス能力を持つクリーチャーが多くなってきており、その能力を使うために相手のシールドを序盤から殴る事が推奨されるデッキなので、軽さがウリのこの子も使われるかもしれません。

……が、この子でタップができるということはラビリンスを達成しているという事です。……なんというか、色々と噛み合いませんね!

 

現状のメタリカでは出番がなさそうです。

……この先ジョーカーズにおける「J・O・E」のような、ラビリンス能力を持つカードをサポートするようなカードが出ない限りは使われなさそうです。

 

まとめ

最近注目のメタリカクリーチャーですが、正直厳しい立場にあります。

今後のラビリンス能力の扱いに注目したいですね。

 

 

以上、そういえば今流行りのメタリカはラビリンス能力使ってないなあ。なんてことをふと思ったポフルでした。